1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】白航・了の名盤紹介「見た目が良ければ中身もいい」/第2回

【連載】白航・了の名盤紹介「見た目が良ければ中身もいい」/第2回

<隔週木曜日連載>




Fleetwood mac – Rumours (1977)

今回は、イングランド出身のバンド、フリートウッド・マックの「噂」をご紹介します。

1967年、ミック・フリートウッド(Dr.)とピーター・グリーン(Gt.)を中心に結成されたこのバンドは、ブルース・ロックを核に活動を進めていきます。

1969年には全英1位を獲得するなど、知名度を上げていきますが、内情はあまり安定せず、LSDや酒癖の悪さなどでメンバーの交代が相次ぎます。

しかし70年代中ばに拠点をアメリカに移し、満を持して発表されたアルバムがこの「噂(Rumours)」です。

このアルバムは、全世界で4000万枚を売り上げるモンスターアルバムとなりました。

しかし、曲調をポップスへ移し、明るい曲調を中心とした雰囲気とは裏腹に、内情の酷さは最も顕著。

妻と離婚したミックに加え、リンジー・バッキンガム(Gt./Vo.)とスティーヴィー・ニックス(Vo.)のメンバー内カップルも破局。クリスティン・マクヴィー(Key./Vo.)とジョン・マクヴィー(Ba.)夫婦も離婚、という散々なものでした。

歌詞もメンバーの願望や悲哀をストレートに表現したものが多くなっています。

・・・しかし、売れました(笑)

ジャケットの写真はミック・フリートウッドとスティーヴィー・ニックス。

スティーヴィーの美しさとミックのダンディーさ。もはやファンタジー映画のようです。当時ジャケ買いした人も多かったのでは?

ミックの股から「たま(!?)」がぶら下がっているお茶目さもありつつ、やはり歴史に残るアートワークでしょう。

肝心のサウンドは、アコギ・サウンドを主軸に、非常にクリアで心地よい音像。

その上、注目すべきはやはりコーラスワークで、M9ではリンジーとスティーヴィーのハモりが凄くハマっています。さすが元・夫婦というのか・・・

以下は全米1位のシングル曲、「Dreams」。コードを3つしか使っていないのにも関わらず、エレキギター、キーボード、バックコーラスによる装飾の工夫により、リスナーを全く飽きさせません。

さすがの一言。

https://youtu.be/Y3ywicffOj4

白航/了(Ba.)

こちらもチェック

過去の連載記事

白航/今日の1曲

https://youtu.be/rKPE-fmL_kc

アーティスト情報




関連記事