1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】ランラビGENの泣きたくなるのはあなたのせいだよ/第6回

【連載】ランラビGENの泣きたくなるのはあなたのせいだよ/第6回

<隔週木曜日連載>




曲作りについて

どーも、ランラビのGENです!

連載も第6回目ということで、連載開始から3ヶ月目に突入しました!

今回のタイトルは曲作りについてということで、徒然なるままに書かせて頂こうと思います。

曲作りを本格的に始めたのは大学1年生の頃だったと思います。

高校の頃、みんなでコテージに泊まったときに初めてオリジナルを弾き語った覚えはあるんですけど、そのときの曲は全く覚えてないです。笑
雨をテーマにしたような曲だった気がする。

もともと、BUMPやRAD、syrup16g、HYとか聴いてたときに歌詞に救われることが多くて。

中学生、高校生、大学生、社会人と音楽に救われてきました。

いつしか、自分も作詞作曲して、自分が救われたように誰かを音楽で救いたいと思い、初めたのがきっかけです。

んで、大学でオリジナルバンドを組んで、曲が全然できてないのにライブが先に決まって。

間に合うのか?常にそんな気持ちに追われながら、
確か、ライブが2ヶ月後とかだったので、
曲の作り方もわからないのに、一気に曲を書き上げた覚えがあります。

AY、それでも、あと一曲が思い出せない笑

んで、なんとかライブが終わって
そっから本格的にオリジナルを始めていきましたね。

大学時代に作ったのは

AY、それでも、Mr.FRIDAY、emotion、ハグルマ、remind、蟻の儘、RPGだったっけな。

当時から社会風刺や、相手と自分の1対1の世界、自分のことを題材にした曲が多かった気がします。

そして、大学を卒業すると同時に、メンバーはそれぞれの道へ。バンドは解散。

1人で曲作りをしてました。

社会人なって、理不尽さや、しょうもないことの多さ、色んなことを感じました。
遠距離中の彼女との別れとか。

23歳から25歳あたりの2年間は特に曲が書けましたね。辛いことばかりだったから。

作詞作曲って入口が難しいんですよね。
出口も難しいんだけど。

作詞作曲って一言で言っても、
メロディー作ってから、歌詞を充てるのか
歌詞を作って、メロディー充てるのか
コード進行決めてからメロディーと歌詞を作るのか
リフを作ってそれにメロディーと歌詞を充てるのか
それともメロディーと歌詞が同時に降りてくるのか。

沢山、入口があるんですよね。

0から作品を作るって中々難しい。

自分はコード進行決めてからとか、リフ作ってからが多いんですけど、時折、メロディーと歌詞が同時に出てきたりもするし。

その時、その時で自分が何を伝えたいのかってのは変わるんですよね。

23歳から25歳の激動の時代は、特に自分の感情が揺れ動かされて、書きたいことがあったんだろうなぁと。

曲を書くということは、自分を知ることなんだなって思う事もある。曲を書いていくうちに、世界のことや自分のことや、相手のことを知る。

ちなみに、今、ランラビで編曲してる曲を書いた年齢は

life is beautifulは25歳
冒頭のリフから展開させていった

Mr.FRIDAYは19歳
冒頭のリフからから展開させていった

泣きたくなるのはあなたのせいだよは28歳
サビのメロディーと歌詞が同時に降ってきた

S!N!S!は28歳
AメロのSNS!ってゆー言葉とメロディーから展開させていった

テラスヒカリは24歳
Aメロのアルペジオから展開

金木犀は23歳
Aメロのメロディー、通勤途中の鼻歌で

蟻の儘は21歳
Aメロのリフから

って改めて考えるとAメロからの曲が多いな笑
意外と順序よく物事を進めていきたいという自分の性格が表れてんのかもなぁー笑

そんな感じで、そのときどきの自分が曲を書きているので、そのときどきの自分が顔を出している。

そして、作詞作曲をするときは、必ず
飲みながらほろ酔い気分でするんです。笑

シラフだと書けないんですよね。笑

BUMPやRAD、Mr.Children、amazarashiとか、歌詞とメロディーが最高峰にあるバンドを聴いてしまっているから並大抵の言葉やメロディーじゃ満足していない自分がいるのだけれど。音楽をやっている以上、メロディーも歌詞も高いレベルに持っていきたいなと思ったりします汗

こぼれ話ですが、YouTubeが浸透した結果、
イントロのない曲が多くなってるらしいです。
情報化社会。ポチッとした瞬間に歌が鳴って
一気に引き込む。イントロがあると飛ばしてしまう人が多いそうな。

徒然なるままに描いた結果、何を伝えたいのか、ふんわりしてしまったんですけど、

音楽に救われたから、自分も誰かを音楽で救いたい!という気持ちで作詞作曲を続けているということ。メロディーと歌詞が印象的な曲を書きたいということ。時代の流行りも取り入れつつ曲を書きたいということ。
それが自分が曲を書く上で考えてることです!!
ということで、ヒットソングを書きたいなーと思いながら日々、色々と模索しています。

昔から場の空気や、相手の感情とかを考える癖があって、曲を書くようになってから、なおさら考えるようになりましたね。んでも、相手に迎合しすぎるのも疲れるから、割と自由にさせてもらってて、本当に家族や友達、には頭が上がりません。好きなものは好き。嫌いなものはわざわざ嫌わないで、そっと離れる。BUMPのgood friendsの歌詞のような生き方をしてる。それは相手との信頼関係が成り立っているからのことなんだろうと思いたいです汗。今、フラットで落ち着いた感情でいれるのは周りの人のおかげだな。

話が脱線してしまって申し訳ないんですけど幸せな人生とは?と誰もが1度は考えたことがありますよね。最近、思ったのは、「人として」ってことですね。人として、誰かを思いやったり、大切にしたり、嬉しい事をしたり。ほんとに当たり前で単純なことを、人は時々できなかったりする。俺も、きっと今までの人生で傷つけてしまった人がいるから、偉そうなこと言えないけど、きっとその気持ちを忘れずに生きるってことが幸せに繋がっていくんだろうなって思います。

いつか大切な人ができて、子供ができたりしたら、人として当たり前に大切な事を忘れずに生きていきたいなって思います。そして、それを伝えることができたらなって思います。もちろん両親や兄弟、友達に対してもだけどね。

ランラビは社会人バンドです。
みんな普段は真面目にそれぞれの場所で働いております。

自分も国民のライフラインに寄与するという想いで働いてます。

+αで、音楽を通して、誰かの救いになれたらいいなと思っています。

今回は、曲作りについてでした!

次のライブは9月4日の土曜日です🔥
初の土曜日のライブということで非常に楽しみです!

RUN RABBIT RUN/GEN(Gt./Vo.)

※Thumbnail Photo by びっくぼ(@takedog69

こちらもオススメ!

過去の連載記事

RUN RABBIT RUN/今日の1曲

https://youtu.be/t7vx7WkCLd0

アーティスト情報




関連記事