1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】ソライロシアン シアンの「空色ノート」/第10回

【連載】ソライロシアン シアンの「空色ノート」/第10回

<毎週水曜日連載>




ギターを弾くということ。

ミュージックラビッツをご覧の皆さま
ごきげんいかが?シアンです。

この連載も10回目となりました。早いですね。
そして8月になりましたね。早いです。

さて先週は「歌を唄うということ」について書きました。

唄うことが好きで、ボーカルとして割と長いことバンドをやってきています。
いまはギターボーカルとして活動してますが、ギター歴はあまり長くないです。

元々はボーカル専任でずっとやってました、楽器ができなかったから。
いくつかの社会人バンドでやったんだけどその内のあるバンド、
ボーカル・ギター・ベース・ドラムのよくある四人編成だったんですが、ベースが脱退してしまいました。

その頃はあまり横のつながりがなくて、知り合いにもベーシストがいないからメン募サイトとかで探すんだけど、なかなか見つからないのね。

だから面倒になって、それまでギターやってた子がベースに転向して、僕がギタボをやることにしました。

「やることにしました」とかサラッと書いたけど

それまでろくすっぽギター弾いたことない。

だから始めはものすごく苦戦しました。

ギターに集中したら歌がおろそかになるし、逆もまた然り。
どうしてもどっちかかがお留守になっちゃう。
始めたばかりの人にはわかると思うけど。

それに、それまでメロディーと歌詞覚えれば済んでたのが、コードも覚えなきゃいけないし。
当時はほんとアタマがパニック状態で、寝てる時もうなされてたくらいだったな(笑)

しかも割とすぐにライブが決まっちゃって。
もう真面目に逃げようかと思いましたこのときは。

今思うとなんでそこまでしてスリーピースでやろうとしてたのか。よっぽどメンバーが見つからなかったのね…

しかし人間、必要に迫られるとやるもんなんですね。
めちゃくちゃ練習してなんとかこなすことができました(できたのか…?)

今ではギタボ、とても楽しいです。
なんか見栄えもいいじゃないですか(小並感)。

自分で奏でるギターの音に、自分の声を乗せて届ける。これはなかなかいいもんです。

これからももっともっと、上手くできるようにって思います。

ところで
最近手に入れたマイニューギターを見ていただきたい。

なかなか潔い仕様でしょ?
これがめちゃくちゃ軽くて最高です。

ギタボの人には軽いギター、おすすめよ。
ふたつのことしなきゃで疲れちゃうからね(笑)

では今回はこのへんで。
ごきげんよう、また来週!

ソライロシアン/シアン(Gt./Vo.)

こちらもオススメ!

過去の連載記事

ソライロシアン/今日の1曲

https://youtu.be/LmSV-LLBcTw

アーティスト情報




関連記事