1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】裏・天上天下ラボ~バンド活動あれやこれ~/第3回

【連載】裏・天上天下ラボ~バンド活動あれやこれ~/第3回

<不定期連載>




ソロからバンドへ-ロックな曲を弾き語りでやり続けた苦悩-

おつぽんです、天上天下のYAMORIです!

本日の記事はですね、私の弾き語り時代のことをお話させて頂きたいと思っています。

うーん、これは結構あるんじゃないですかねー。

バンドっぽい曲をソロでやってきた苦悩です。

※あくまでシビアな所だけ話しています。既存のファンの皆さん、楽しかったときも勿論あるよ!心配しないでね!

《最初は、ただ曲を作って歌うのがすきなだけだった》

2017〜2020ほど私YAMORIは弾き語りをメインに活動をしていました。
最初はTwitterのネット活動のみ。

それから路上ライブ。

正直同人音楽とかアニソンとかバンドとかでしか育っていない私は、それはそれは弾き語りでやるようではない曲を作ってはアコギで弾いて歌っていました。

それは私がまだ「弾き語り」という世界の奥深さをまだ知らなかった頃の話……。

私には最初ライブハウスという選択肢はなく、路上ライブをやってみたいとそれしか考えていませんでした。

軽音部でほぼボーカルしかしてなかった私がアコギを背負うようになったきっかけは

ピアノよりアコギの方が軽いな…(^ω^  )

ただそれだけでした。

当時の認識は、「ギターってただの伴奏でしょ? って。え?違うの?」みたいな感じでしたし、コードだって複雑にする気もなかったです。

でも、路上ライブの時はそこそこウケていた気もします。
それで調子にも乗りました。

歌とメロディがよければいい っていうのは今考えると本当に安直だったんだなぁと思うほかありません。

《ライブハウスに出て気づく…ウケない…!?》

ライブハウスに出るに伴って、当時アコギしか持ってない私が立たせてもらうイベントは、たまの例外を除きほぼ弾き語りイベントでした。

それまで路上ライブをしてきた私はその時と同じように、ライブ出演しました。

しかし、 ヴォーカルにはそこそこ自信があった自分が、思ったように褒められないな?とも思ったし、毎回毎回のライブで自分がここにいる事に違和感を感じざる得なかったです。

それは何故か?

自分だけ物販が売れない、自分だけ終演後誰にも話しかけられないなんて沢山ありましたし、その日のイベントによれば自分の出番の時にあからさまに出ていかれることなんて沢山あった、それは何故か?

私は今までギターは伴奏で「歌とメロディがよければなんとかなる」と思っていました。

今思ったら分かるんですが、弾き語りって“何か他の楽器を足す前提の世界観では駄目”なんですよね。(多分だよ!!)

・ボーカルに負けない楽器演奏技術
・楽器1本でも大丈夫な曲作り
・コード進行のおもしろみ
・間のとり方、間の取れる曲

そんなことが必要で。

だからそもそも弾き語り専用の曲を作ってこなかった私だったので…なんか違うみたいな。

コード進行とか共通する面もありますが、バンドとは大きく違います。

人気な酸欠少女さユりさん(@taltalasuka)とかはどちらかというとバンド寄りっぽい曲の方ですが、さユりさんはギターの演奏力がかなり高く、コード進行も飽きないこだわりがあります。…と思います。(素人調べ)

だから通用する。

私は上に書いてることをほぼフル無視でやってたし、なにせギターも本当に難しいの!!速い曲だしね!!笑

SNSにあげるだけ とは全然違う弾き語りライブの素晴らしさがそこにはありました。

私は正直、殆どそこに揉まれては居場所も技術もなく苦しんでいた記憶しかありません。

《「また対バンしましょ!」というと渋い顔をされる》

えーん!!つらいんだけど!!/(^o^)\オワタ

まぁされましたね 笑
渋い顔 笑

聞こえないフリをされたり、
ぬるっと違う話に持っていかれたり。

「ライブ見に来てよ!」って言われるけど。
また一緒にやろうって言われない日々が悔しくてたまらなかった記憶があります。

いやでもそれも全然分からんことはなくて。
正直小物に話しかけられて一緒にイベントやりたくないって。

それは私がもっともっと練習してたらギターだってもっと上手かっただろうし、
それって結局怠けてるだけやんって。

だし、悪言い方してるだけでそれって裏返すと
いいイベントを組みたいからこそ基準を高くしているってことだから。

多分誰しもが経験あることだと思う。
自分だってめちゃくちゃ上に行ったら無意識に人を選んで話してしまう気もする。

打ち上げで1人だし誰と話せばいいかわからないのも苦しかったです。
自分が思ってるより自分が全然周りから相手にされないものなんだな。
ということを痛感しました。

そこで自分も弾き語り本気で楽しんでいたら良かったんですが、そうでもなく
悩んで活動して苦しんで
でも多分結果出ないなとわかっていたり
一人暮らしもしてましたし、元々精神的に弱いので自分一人でどうしようもない仕事量を処理できなかったです。

シンガーソングライターってまじですげえんよ

《バンドセットでMIKROCK出演》

そんな私がなんやかんや
堺最大規模のイケてる野外フェスにオーディションを勝ち抜いて行けることが出来たんです。

「バンドセット」で、です。

オーディションでやった曲がこちら

「弾丸」

「rain」

もう音源バンドサウンドやん!!!!!

そういう事です。。

応援してくれてる方には本当に申し訳ない弱気な事をいうんですが…

弾き語りだったら多分無理だったかも…?

みたいな…

プレッシャーに勝てなかったとおもいます…

そこから本当にバンドがしたいなぁと思って。
それまではなんやかんや、バンドやりたいって思ってたものの「1人でもやってやる」みたいな負けず嫌いの気持ちがあって、、、

でも多分 1人じゃ自分は性格にも楽器の技術的にも無理だ、と思いました。
仲間がいた方が安心して力を発揮できるタイプみたいな。

《おわりに》

初期〜今の事まで話していきました。
こんな長い文章を読んでいただき本当にありがとうございます…!

弾き語り時代の自分のことを少し暗い過去みたいに話してしまいました。
けど、私は全然それがもはやプラスに働いていると思います。

自分がどれほど足りていないかというのを痛感させられたからです。

そして何より、あの時の反骨心で沢山曲がかけました。
それが今、天上天下でやっている中にもあって、なんというかすごく今あの頃の自分が報われている気がします。

そんな私たちなんですがこの度初のCDを出すことにきまりました!

それに伴い8/14(土曜日)にツーマンライブがあります!(告知すんません…w)

こちらから、お取り置き可能です!

https://ws.formzu.net/sfgen/S45870105/

宜しければ遊びに来てくださいませ!

本日はこの辺でおわります!
ありがとうございました!ではでは(*´︶`*)ノ

天上天下/YAMORI(Gt./Vo.)

こちらもオススメ!

過去の連載記事

天上天下/今日の1曲

https://youtu.be/TEVjKQd-SEk

アーティスト情報




関連記事