1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】ポルネオ倉庫〜コラム編〜/第6回

【連載】ポルネオ倉庫〜コラム編〜/第6回

<毎週金曜日連載>




スタジオライブ

YouTubeでお知らせした通り、7月からスタジオライブが開始されます。
今回はでっかいレコーディングスタジオを借りてそこで撮影を行います。

https://youtu.be/8QVEf3GEky8

人生でスタジオライブ収録はかなりやってみたかったことのひとつなので既にワクワクしてます。
詳しくは今週の動画内でも話していますが、8月から1曲ずつ上がっていきます。
最新アルバム「トレアジューシェ」の中からPortoneonチョイスの4曲です。

今月から実はほんまのYouTubeでの活動意義が見出される企画になって行きまして、
ここからドカンと大きな感じで解禁していくことが増えていくわけです。

少しだけ僕自身もカメラを置いてギターに専念していくことが増えて行きます。

1年ライブ予定を入れてないのは人生で初めてなので、こう色々その分試行錯誤してやっていく中で
もしコロナウイルスなんてなくて今まで通りの日常が当たり前に続いていたら今何をしていたんだろうと
考えることがたまにあります。

当初の予定では、全国ツアーをやって各地で新曲を体に染み込ませてを繰り返した先に今がある予定でした。
それが気づけばおかげさまで家でのひとりでのサイクルが異常なまでに鋭くなり、想定とは真反対の生き様です。
ただ個人的にはこれが大いにプラスでした。

きっとまずこの1年、ツアーという想定通りのスケジュールを過ごしていたならば今の自分に身につかなかった能力をまとめました。

1)ピアノが弾けるようになった
2)それにより作曲時のイメージの具体性が500倍くらいになった
3)自分で動画などをカメラで撮って撮影できるようになった

これは結構大きなことですほんまに。
いやめっちゃくちゃ大きなスキルをいろいろ身につけれたと思います。

楽曲の制作の仕方も大きく変わり、全楽器を自分で雑にでも打ち込んで各パートに提出できるようになったのは
最終地点の完成形に言うまでもなく大きく影響します。

自分が真に作りたい音楽を完成させるのはかなり難しいです。
言い出したらキリがないし、いつまでもずっといじれてしまうので。

僕、そんなに売れてないくせにかなり根強い信念があって。というか僕が尊敬するおじいちゃんに言われたことです。

最終的には1曲の根から幹、枝を育て上げて花を咲かし種を落とす。
このサイクルを音楽でできないなら、小手先で努力して目先の結果が出ても間違いなく一生音楽で人を魅了はできないぞ。

これがすごい胸に残ってます。
多分流行りすたりっていうのが必ず音楽業界だけじゃなくて、どの業界にもあるし音楽以外で評価を得てある程度のファンを
獲得することってこれも難しいけどまだできる人もたくさんいます。

でもトップを張って音楽のある程度のトレンドを左右できる音楽力で攻め込めるアーティストってかなり稀です。
そのおじいちゃんは長いキャリアで、今でも誰もが知ってる国民的アーティストなどを牽引しています。
っていうかおじいちゃんってバレたら怒られそうやな。

ただ想いを表現したら報われる世界じゃないのもその人との中でたくさん痛感しました。
でもそれが現実と知れたからには僕がやるべき音楽力というのは並大抵の努力では得れないものでしょう。
だから長い音楽人生の通過点として、この1年音楽に違う形で向き合えたのは正解だと自負しています。

すごく遠回りになった気がしますが、それをここから1番見てもらいやすいYouTubeで発信していかないとと燃えています。
YouTubeばっか、企画ばっか考えてカメラ持って走り回ってるイメージをお持ちの方も多いと思いますが案外そうではないです。

引きこもってずーっと曲を作っています。ちゃんと。
今好きと言ってくれている方々にはちゃんと音楽で返したいのです。

まずはその中から、スタジオライブを楽しんでいただけるようにリハ詰めまくって行きますね。

今週も長い文章にお付き合いいただいてありがとうございました!

https://www.youtube.com/c/PortoneonOfficial

Portoneon/うえでぃー(Gt.)

こちらもオススメ!

過去の連載記事

Portoneon/今日の1曲

https://youtu.be/pU9hcs4KzJI

アーティスト情報




関連記事