1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】Gremlin/2nd E.P.『NIBBLES』リリース!インディーズシーンに広がるその魅力に迫る

【インタビュー】Gremlin/2nd E.P.『NIBBLES』リリース!インディーズシーンに広がるその魅力に迫る

徳島県を活動の拠点とするGremlin。2020年3月21日に発売された彼らの新作、2nd E.P.『NIBBLES』について魅力を探るインタビューを行った。

四国の徳島を拠点に活動するエモリバイバルバンドGremlin

海外ポストロックやエモミュージックを背景としたその確かな音楽性で、今全国各地の音楽フリークの中で徐々に人気の高まりつつある徳島発3ピースバンド、Gremlin

近年では海外アーティストとの共演も増えており、その人気が海を超える日も、もしかしたらそう遠くないのかもしれない。

そんな彼らが3年ぶりに満を持してリリースした待望の新作、2nd E.P.『NIBBLES』について、今回メールによるインタビューを慣行した。

彼らのバンド結成秘話や音楽性についても、ぜひこの機会に併せて知っていただければと思う。

バンド結成から現在まで、そして新作の制作エピソードとは?

左から:フジワラ(Dr.)、ヨシキ(Dr.)、トム(Gt./Vo.)

――まずはGremlinというバンドについてさらに多くの人に知っていただく為、どのようにバンドが結成されたかを聞かせて下さい。

トム(Gt./Vo.):メンバー3人とも同じ学校出身で、在学中はそれぞれ別のバンドで活動をしていました。私が卒業を機にバンド活動を休んでいたのですが、ドラムのヨシキから「トムさん暇してません?バンドやりましょうよ!」と声を掛けてもらい、その後、彼の同級生であるフジワラをベースに迎え、Gremlinを結成しました。

結成当初はポストロックやマスロックをかなり意識していて、インスト曲なんかもやってました。今のようなエモリバイバルを意識し始めたのは1st e.p.のリリース後ですね。The Ground Is Lava, Tiny Moving Parts などの3人が共通して好きな音楽があったことで、その後のバンドとしての方向性も少しずつ固まっていきました。

現在では徳島を中心に、中四国でもライブを行うことが多くなってきています。海外バンドの招聘ツアーに参加させていただけることも増えて、そのつながりで各地に知っていただけている人が増えてきて、ありがたい限りです。

――先日新作『NIBBLES』を制作するに至った経緯はどのようなものでしたか?

トム:1st e.p.リリースから2年が経過した2019年の春に「そろそろ次の音源作りたいですよね」とヨシキからのプレッシャーがあり(笑)、一念発起して制作に取り掛かりました。制作していく中で、当時すでにライブで披露していた4曲に新曲を2曲追加し、ミニアルバムという形でのリリースとなりました。

楽曲を制作していた頃、私がハマっていたAlgernon Cadwalladerとかsnowingのようなテイストの曲だったり、フジワラ、ヨシキの勧めでハマった、Tiny Moving Partsのようなテイストの曲だったり…良くも悪くもまとまりのないアルバムが完成しました(笑)

ごちゃごちゃな詰め合わせにもなったので、お酒のお供のおつまみにどうぞ…という意味をこめて『NIBLLES』というタイトルになっています。

2nd E.P.『NIBBLES』はここをチェックして聴くべし!

左から:フジワラ(Dr.)、ヨシキ(Dr.)、トム(Gt./Vo.)

――そんな新作『NIBBLES』のこだわりやおすすめポイントを1人ずつ教えて下さい。

トム:気に入っているポイントは、ギターの音作りです。いつもお世話になっている徳島県のトリゴロというスタジオでレコーディングしたのですが、エンジニアさんのご厚意でマーシャル1台、フェンダー1台、自前のツインリバーブ1台のアンプ3台体制で録らせてもらいました。歪んでいるけどコード感がある感じというか…自分でも好きな感じの音が録れたと思っているので、皆さんにもぜひそれを感じてもらえればと思います。

曲に関してだと、『The old vinyl』のギターのフレーズやキメは面白い感じに仕上がっていると思います。初めてのMV撮影もこの曲ですし、思い入れのある1曲ですね。

引用元:Gremlin公式YouTube

フジワラ(Ba.):『1st e.p.』を出した直後からあった曲もあれば、レコーディングした月にできた曲もあり、僕たちの約3年が詰まったアルバムになったと思います。ジャケットは、僕の案を元にメンバーとだいぶネリネリしました。実はスペルミスが一ヶ所あって、それさえなければ満足だったのですが…無念。(笑)

今回これを書くにあたり、昔の音源やライブ映像を見返したんですが、曲によってはかなり印象の変わった曲もあるんやなぁと感じました。特に以前スプリットE.P.にも収録した『Lemmy』なんかは今回再Recですが、落ち着きつつも曲に厚みが増したかなと。なので、両方買って聴き比べても面白いと思います。

ベースに関しては、ライブ時の演奏より動きをちょっと減らしました。元々動くベースラインが好きなんですが、アルバムとして曲の立ち位置を考えた際、各曲のイメージがはっきりしてきたのでそれに近付けようとしてます。頑張ってます、えらい。特にベースのおすすめポイントは『Don’t forget hoodie, Peter』のラスサビ。わちゃわちゃしてます。

ヨシキ(Dr.):『1st E.P.』は長年使っていたSakaeの6.5インチブラススネアで録りましたが、今回はスネアを新調しCanopusのHBZ-1455を使いました。5.5インチのスネアは、今回初めての購入です。もともと深胴のメタルシェルのスネアが好きなのですが、このスネアは鳴りが良くて個人的にとても好みの音でしたし、ドラム自体もCanopusのセットを使っていて楽曲にハマっていると思います。

前作より全体的に細かい部分までこだわって、タンバリンを入れたりコーラスを増やしたりとミックスにもかなり時間をかけました。特にタッピングフレーズを曲に取り入れたことで、自分達の理想のイメージに近付いたと思います。今回ギターは全曲レギュラーチューニングなのですが、エモで使われがちなオープンチューニング感をレギュラーチューニングで出せないかと試行錯誤しました。特に『Yes I know, my life is melting for my job』はとても気に入っていて、ライブで演奏しても楽しいです。後半のタッピングフレーズをぜひ聴いて下さい。

――最後に、バンドの今後の抱負などあれば教えて下さい。

トム:まずは、徳島にはGremlinが居るから良いよね、徳島にツアー行きたいよねって言われるよう頑張りたいです。やっぱり地元が好きですし、今は新型コロナウイルスの影響で徳島のライブハウスも大変な状況になっています。ライブハウスを守るとか大それたことは言えませんが、何か力になりたいとは思っていますね。その上で関西圏のライブも増やしたいし、まだ行ったことのない東京にも行きたいし、バンドとしての夢はたくさんです。最終的には海外ツアーができたら最高だよね。でもなんだかんだ一番は、おっさんになっても3人でバンドやりたいなってことかもしれません。(笑)  こんな我々ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します!

2nd E.P.『NIBBLES』trailer

引用元:Gremlin公式YouTube

アーティスト情報

Gremlinの概要やオフィシャルサイト、ディスコグラフィーなどの情報は、以下の記事で解説している。

(Interview & Text & Photo by 曽我美なつめ

関連記事