1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】白航・綾香の四季のまにまに/第1回

【連載】白航・綾香の四季のまにまに/第1回

<隔週木曜日連載>




青紫の花のような心模様

皆様いかがお過ごしでしょうか、白航の綾香です。今回、ミュージックラビッツ様からお話をいただき白航メンバーにて連載をスタートさせることとなりました。(めでたい!)

記念すべき第一弾の私のコーナーではその季節ごとのゆるめの小咄(たまに音楽話も絡めて)をお届けできればと思っております。

6月といえば、ジューンブライドなんて素敵だなと思います。私も年頃の娘ですので。でもいつぞや読んだ本で、イギリスなどのヨーロッパ諸国では6月は貴重な晴天が続く時期のため結婚式をあげるのに人気でだからこう呼ばれるようになったとのこと。日本では雨季なのでどちらかと言えば人気のない時期で、それをキャッチコピーだけ持ってきて何とか挙式させようという、ブライダル業界の涙ぐましい経営努力(?)だったりするようです。どの業界も大変ですね、素晴らしいです。

かくいう私は6月生まれで、(誕生日アピールをしてます!祝え!)紫陽花の花がとても好きなのですが、昔サスペンスドラマで、死体の埋まった土の上に咲く紫陽花は赤くなるというのを聞き齧ってから、青の中に突然赤っぽい紫陽花を見るたびに「あの下には死体が埋まっているのでは、、、?」とハラハラしてしまいます。

紫陽花といえば、以前鎌倉を友人と旅行した時に、初めて江ノ電に乗ったことを思い出します。アジカンの『サーフブンガクカマクラ』を擦り切れるほど聴いていた私は、各駅停車にわざわざ乗って大興奮でした。先述したアルバムのなかでも「極楽寺ハートブレイク」という6月と紫陽花について歌った曲がお気に入りです。近頃はお出かけも難しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、たまには雨の日に電車に揺られながら音楽を聴いて、チルな気分に酔ってみるのもいいかもしれませんよね。

鎌倉にて

さて我バンド、白航は先日公式Twitterアカウントにてご報告させていただいた通り、メンバーチェンジを経て新たに生まれ変わる時期を迎えております。紫陽花の色が変わるように、変化を受け入れつつも皆様の日常を彩るような音楽を届けられるようにこれからも活動していきます。変わらず応援していただけると嬉しいです。

梅雨だけにすこし湿っぽくなってしまいましたが、季節の変わり目なので体調には気をつけつつ、軽やかに、また元気にライブハウスでお会いしましょう。

白航/綾香(Vo./key.)

こちらもチェック

過去の連載記事

白航/今日の1曲

アーティスト情報




関連記事