1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】マッソコブレッシュ/第3回

【連載】マッソコブレッシュ/第3回

<毎週火曜日連載>




オ客ニ膝30連発せえと?

いいねとかも嬉しいけどー!!!

引用リツイートで書いてくれたり名前出したりしてくれるのってもっと嬉しいよね!!!!

どうも、僕自身はなんか恥ずかしくてあんまりそういうことできないタイプのノリタソです、こんばんは。

言うとりますけども、
まーし、あるいはマーシーメイこと水になれば、のまーしが前回の記事(【連載】水になれば、まーしのモノマネ30連発!/第2回)で僕のこと書いてくれてたようなので
だからというわけではないですがこちらでも軽く触れておこうかと。
そう、僕は義理堅い人間なのだから。

まーしと僕はですね、
ライブハウスで顔合わせたりすると軽く会釈するぐらい大の仲良しなんですが
彼が思ってる以上に僕は彼のことをリスペクトしておりましてね。
僕の周りにいる人間でおもろいやつ挙げろって言われたら序盤に出てくるぐらいのおもしろ人間なんです。
おもしろ人間っていうと何か口から鳩とか飛び出してきそうですけどあながち間違いではないです。

まーしとの出会いは、そう、あれは確か土砂降りの雨の日でした。

———未遂ドロップス(@misuidrops10)というバンドのボーカルぺつ(@misui_p)に誘われ、向かった先は小洒落たバー。
僕は端っこの席に座り、ひとまずバーボンを注文する。
憂鬱をかき消すかのようにバーボンを一口で呷り、辺りを見渡す。
その日は貸切で他にも数人の客がいたが、その中でも彼は一際輝いて見えた。

「あれが、まーしか…」

周囲の喧騒とは裏腹に、僕の気持ちは鉛のように重く沈んでいた。
何故ならつい数分前まで横殴りの雨に打たれ、———傘をさしていたにも関わらず———足の半分以上が水浸しだったからだ。物理的に重かったのだ。

「まーし君のこと、気になるんでしょ?話しかけちゃいなよ!」
「べ、別に、そんなんじゃないよ…!!」

そう言って皿に残っていたレタスの切れ端のようなものを全て平らげた僕は、物理的に重い足を引き摺り料理がまだ残っているテーブルへ移動する。
やはりソーセージはあらびきに限る。
そこからも数杯、憂鬱をかき消すかのようにバーボンを呷り、物理的に重い足を引き摺りトイレに駆け込んでからの記憶はあまり残っていない。
有り体に言うと、雨とソーセージの記憶しかない。
恐らくバーボンは一杯も飲んでいない。ハードボイルド感を出したくて書いただけである。

———これが僕とまーしの出会いでした。

何も覚えとらんやんけ。

それからまぁなんやかんやあって今回偶然同じ日に同じところでコラムを始めたという縁もありますのでね。
まーしのコラム共々、今後とも火曜日レギュラーをよろしくお願いしますという話をしたかっただけなんです。

え、サイツも火曜日?知らん知らん。(【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ

そうそう、同じタイミングでコラムを始めたといえばもう1人。
チセツナガラのVo/Gt 小唄ぺこですね。(【連載】チセツナガラ小唄ぺこのどないせえと?

実を言うと彼がチセツナガラの前にやってたバンド、ユメクイ思想(@yumekui_shisou)で一時期だけベースサポートしてたことがあるんです。

こやつもおもろいやつでしてね、僕結構年上なんですけど完全に舐められてます。普通にタメ口きいてきます。どえらい奴です。
でも根は真面目な奴なんで実際のところ裏ではちゃんとしてます。計算高い奴です。

まーしも小唄も変に尖ってるところあるからたぶん誤解されがちなんですけど、まぁそんなとこも含めて僕はきゃつらが好きなので、これから先どんなコラムを書くのか非常に楽しみです。

それでまぁここまで書いといてあれなんですけど、

誰が誰と仲良いとか普通に興味ないですよね!!!!

ゴメンネ…ゴメンネ…

ツギカラハモットオモシロイキジカクカラネ…

ミステナイデ…

ライシュウモ、マタミテネ…

時間の都合上、同じく同じタイミングでコラムを連載し始めた倉坂さんのこと(【連載】オ客ハ読ムナ。)を書けませんでしたぁ!!!
申し訳ありません!!!!

そんな倉坂さんのバンド、The denkibranのライブが今週6/18に南堀江knaveにて行われます!!Gt.安藤ラストギグ!!

そしてその日に僕もrale one stance(@rale_one_stance)というバンドでベースを弾きますので、お時間あって尚且つ熱のない方はぜひぜひ遊びに来てください!!!よろしくメカドック!!

レベル27/ノリタソ(Ba.)

こちらもオススメ!

過去の連載記事

アーティスト情報




関連記事