1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第2回

【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第2回

<隔週金曜日連載>




2頭のイルカ、買い物に行く

A+:Mさん、お腹すきました。エサください。

M女史:なんですか、やぶからぼうに。笑

Su:お腹すくと作曲できません。というのは冗談で、実は前回の対談の反響が大きくて、M女史に怒られたいロック男子が続出しているらしいんです。笑 ということで、怒られてみました。笑

M女史:はあ?!私だって怒りたくて怒っているわけじゃありません。あなたたち2人がきまぐれすぎるからやる気出してもらおうと・・・

A+:いつも心配をかけて、すみません・・・

M女史:じゃあ、ふざけるのもこの辺にして、今日の本題に入りましょう。今日は何か私に聞きたいことがあるとか。

Su:はい!Mさんは、ぼくらのことどう思ってるのかなって。

M女史:あなたたちは、すごくいいアーティストだと思ってるわよ。作曲やアレンジの才能に恵まれてるわよね。あなたたちの作るメロディも好きよ。

A+:本当ですか!?てっきり呆れられてるかと思ってました。

M女史:そんなことないわよ。じゃなきゃ、こんな安月給で、あなたたちのマネージャーやってないわよ。笑 ただ、やる気出るまでに時間がかかるからもったいない。

Su:よく言われます。笑

M女史:どうしてそんなに気まぐれなの?

Su:・・・。でも最近はやる気出して、早くも次にリリースする3曲を用意していますよ。

M女史:すごいじゃない!まあわたしもあなたたちには世に出てほしいと思ってるから、全力でサポートはするわよ。あと前から言おうと思っていたんだけど、服のセンスが悪すぎ。笑 今時、白と黒?笑

A+:すみません。笑 手厳しいですね。

M女史:今から買い物に行って、センスのよい服買ってきなさい。

Su:はい、行ってきます。

M女史:今日は厳しすぎたかしら?ではまた来週!

The Rust

こちらもオススメ!

過去の連載記事

アーティスト情報




関連記事