1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第40回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第40回

<毎週金曜日連載>




よみかえす についての考察

6月から、見ていただいたPV数によって
僕らの連載料が変わるシステムになりました。
端的に言うと一回見てもらうと1円です。

なので今見ていただいている事で
1円の利益が生まれているという事です。
感謝しかありません。
有難みが溢れ出しています。

さてこのPV数の「PV」ですが
僕世代の「PV」というと
=プロモーションビデオ
だったんですが

今は逆に「MV」
=ミュージックビデオ
って言うようになりましたね!

話が少し逸れましたが
「PV」というのは
=ページビュー
なので
単純にブログのページが表示される数です。

という事は
何度でも読める文章の方がいいと言う
事かもしれませんね!

日常読むもので言うと
新聞や雑誌などは情報なので
一度読むとあまり読み返す事が無いですよね。

何度でも読むもので言うと考えや知識と
なるモノの方が
一度読んで大枠理解しても
「あの部分なんやっけ?」と
もう一度読む事があります。

例えば
マイケル・サンデルの
『これからの「正義」の話をしよう』
とかは10年前くらいに初めて読んでから
たぶん50回以上読み返してますし

あとは
渋沢栄一の『論語と算盤も』
何度も読み返しますし
そもそも渋沢栄一が好きなので
人生で初めて大河ドラマを見ています。

あと最近で言うと
23か24ぐらいによく読んでいた
九鬼周造の『「いき」の構造』を
読みかえしてすごく懐かしさと
初心を思い出した気がしました。

そのころに書いたのが
『はからい』です。

ただの影響受けた本紹介みたいになってますが
5月の頭くらいに書いた
『こころ』『人間失格』
『羅生門・鼻』なども
何度でも読み返せる物語ですし

今の愁人にとってすごく
影響を受けたモノなので
この6冊読んでもらうと
すごく自分の大切な部分
を知ってもらえる気がしますね。

例えば
恋人でも友達でも仲間でも
好きな・影響を受けた本
6冊ぐらい選んで
読みあうとか出来たら素晴らしいですね。
なんと言うか素敵ですね。

こう考えると
そんな連載書けるのかと思いましたが
こうして知ってもらえる事が嬉しいです。

分かりました!!!
わたくし愁人分かりました!
伝えましょう!

この今書いた6冊をはじめとする
愁人が面白いと思う本や話を
読んだ事が無い人にも
分かる様に僕なり解説し
読んだ人にも愁人的な解釈として
知ってもらえば嬉しいです。

読み直すので次週からすぐ出来るか
分かりませんが
本を読まなくても内容を知れるって
素晴らしいですよね。

僕の解釈でしかないので
それだけが正しい解釈ではないですが
きっかけになれば嬉しいです。

そしてその紹介する作品のように
何度も読んでもらえれば嬉しいです。

8万回くらい読んでもらえれば嬉しいです。

ネコレクション/愁人

こちらもオススメ!

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事