1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Luciaのみちしるべ/第1回

【連載】Luciaのみちしるべ/第1回

<隔週水曜日連載>




初めまして、Luciaです。

はじめまして!
Luciaというバンドでギターを弾いておりますイトウ ヒロユキです。
これから隔週でLuciaメンバーがここmusic love it’s(ミューラビ)でコラムを書かせていただくことになりました。

今回はその記念すべき1回目、書けば書くほど、読めば読むほどアジが出る、そんなコラムを連ねられたらなと思っております。

Luciaというバンドは三野 雅明(Vo/Gt),イトウ ヒロユキ(Gt),Megu(Ba),キャンベル(Dr)の4人バンドです。

ベースのMeguが同じ大学の先輩であるドラムのキャンベルに声を掛けたのがバンド結成のキッカケです。そこにギタリストとして呼ばれたのが私イトウ ヒロユキ。そして僕がボーカルとして紹介したのが三野 雅明なわけです。

Luciaってバンド名を持ってきたのは確かキャンベル。イタリア語で優雅な光とかそういう意味です。誰かの光になりたい、そんな意味で付けました。

Lucia初スタジオが2017年11月15日。この日を結成日としています。

そして、記念すべき初ライブは2018年1月28日。

ラバーバンドを買ってもらったら”Say goodbye Hello(今も演奏している推し曲です)”をQRコードアクセス、ダウンロードしてもらえるという物販も用意して割と早い段階で臨んだ初ライブですが、緊張のあまりあんまり覚えてません。
打ち上げでMeguが宴最高潮の時に「帰ります」って帰って行ったのだけは覚えてます。「あれ?脱退?」って思いました。

結成1年目はとにかく走った記憶があります。

人時さん(黒夢)と一緒にやらせてもらったのも1年目だし、アルバム”Eternal Sky”を出したのも1年目。年齢を重ねてから始めたバンドだから動いている事や大きなトピックの発信に努めました。

何か、はわからないけど、とにかく早く追いつきたかった。
そういう意味で焦ってたのかもしれないな。

今ならもっとスムーズに出来ることにとてつもない時間と労力掛けたりして。
まぁ、反省もあるけど。でも後悔は無いです。だからこそ生まれたモノや強さ、結束っていうのが間違いなくあるし。

最近は続けることの大変さや大事さを痛感しています。
ほぼ同時期に始めた知り合いのバンドがどんどん減っていく。

なんでもどんなモノでも続ける事。どんどんインスタントになっていく世の中でとても重要な事なんだなぁと。Lucia始めた頃はなんとも思ってなかった事が今は割と頭の真ん中に居たりします。

辞める勇気より続ける覚悟の方が大変なことはとても分かるのですが。
もう一歩だけ歩を進める事に頑張ってみても良いのでは?と思います。

初回なので割と真面目に書いたので、次は一部関係者の中では期待されている打ち上げになると高確率で小競り合いを始めるLuciaの事でも書きましょかね(笑)

ではまた。

Lucia/イトウ ヒロユキ(Gt.)

こちらもオススメ!

【連載】

Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第3回:バンドを組むことになったきっかけ

【連載】

街鳴りのSorako、本音しか言わん/第2回:街鳴りのSorako「私が作曲地獄をくぐり抜けた訳!」

過去の連載記事

※ 準備中 ※

アーティスト情報

【紹介】Lucia/キャッチーなメロディが魅力のストレートなギターロック

https://musicloveits.com/archives/1492




関連記事