1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】ヘイ・ボーイ・ハイ・ガール/個性豊かなメンバーが織りなす、耳なじみの良いJ-POP

【インタビュー】ヘイ・ボーイ・ハイ・ガール/個性豊かなメンバーが織りなす、耳なじみの良いJ-POP

都内で活動する4人組バンド、ヘイ・ボーイ・ハイ・ガール。ライブ活動と同時に楽曲・MV制作に力を入れており、2021年4月には楽曲 “ CROWS ” のMVを発表した。ミュージックラビッツ初登場の彼らに、バンドの結成秘話から楽曲の魅力まで、幅広く語っていただいた。

“やっぱり音楽がしたい”そんなメンバーが、大学内で集結。

――本日はよろしくお願いします!まずはこのバンドの結成秘話についてお伺いしたいです!きっかけはVo.のタカハシジュン(以下、ジュン)さんなんですよね?

ジュン(Vo.):はい。幼少期から音楽に触れていたので、もともと音楽には関心がありました。じつは小学生の頃に音楽関係の方に声をかけていただいた経験もあるのですが、結局地元から東京に通うことが難しくて断念してしまったんです。

――そんな事情があったのですね。でも今こうして音楽活動をされているということは、やはり音楽をしたい気持ちは心の奥底にあったということですね。

ジュン:はい、やっぱり音楽に対する未練がありましたね。そこで大学進学と同時に上京したタイミングで、思い切って芸能事務所のオーディションを受けたんです。結果、見事グランプリをいただけました!

――すごい……!その後事務所には所属されたものの、最終的には退所されてこのバンドの結成に至ったわけですね。

ジュン:事務所に所属することで自分の経験値は上がると思うのですが、やはり自分のやりたいことができる保証がないというのがネックで……。思い切って自分からバンドを組もうと思いました。そこで最初につながったのが、Ba.もしぇでした。

もしぇ(Ba.):そうなんです。ジュンくんとは大学の共通の友人を介して知り合いました。初対面ではありましたが、バンド結成の話を持ち掛けられたときは即決しましたね。

――初対面であるジュンさんのお誘いに即決されたのですね!勇気ある行動だと思います。

もしぇ:じつは高校生のときにもバンドを組んでいたのですが、大学進学と同時に解散してしまったんです。一度は音楽から離れることを考えたのですが、やっぱり未練が断ち切れなくて……。ジュンくんからは、まさに “ いいチャンスをもらえた ” と思っています。躊躇はしなかったですよ。

――こうしてジュンさんともしぇさんのお二方が揃ったわけですね。Gt.島袋天青(以下、天青)さんも同じく結成当初からのメンバーと伺っています。

もしぇ:天青とは、同じ大学の軽音サークルで知り合いました。音楽活動をするのであれば、高校時代に組んでいたバンドのギターボーカルに匹敵するようなギタリストと組みたいと思っていたのですが、そんなときにふと頭に浮かんだのが天青だったんです。

――天青さんが以前のバンドのギターボーカルに “ 匹敵する ” 部分というのは、技術的な部分でしょうか?

もしぇ:技術もそうですけれど、音楽に対する覚悟が他のギタリストとは違うんです。同じ大学に限らずいろいろなギタリストを見てきましたが、やっぱり天青が1番でした。

――一方で天青さんは、当時は別のバンドに所属されていたと伺っています。

天青(Gt.):はい。だから最初は正直迷いましたよ。別バンドの件もそうですが、作曲経験もあまりなかったので。このバンドに加入したら自分がメインで作曲することになるのだと察していたので、自分に務まるのかが不安でした。

――迷った末に、加入を決められたのですね。その後ドラマー、キーボーディストを迎えて2019年に結成・活動されたものの、メンバーの脱退を経てKey.Mippyさんが加入されたと聞いています。

ジュン:Mippyに関しては2020年の3月頃、前任のキーボードが辞めてしまったタイミングで、SNSで募集をかけました。とはいえ、Mippyも同じ大学出身のメンバーなんですけどね。

――Mippyさんは中学・高校と音楽に触れられていたものの、大学に入ってから音楽から離れていたんですよね。

Mippy(Key.):はい。コロナ禍で授業がオンライン化したときに、実家に帰ったのですが、実家にはエレクトーンがあって、毎日のように触っていたんです。しばらく音楽からは離れていましたが、そこで「やっぱり音楽がやりたい!」と感じて応募を決めました。

――ほとんどのメンバーが皆一度は音楽から離れたものの、やっぱり音楽をしたいという気持ちで集まったのですね。そんなメンバーだからこそにじみ出る、音楽に対する熱い思いを感じます!

音楽をしていなかったら出会わなかったメンバーたちが、個性を補い合うバンド。

――ところで天青さんは最初こそ加入をためらっていたものの、最終的には加入を決められたんですよね。決め手は何だったのでしょう?

天青:「実験場」が欲しかったからです。

――実験場……ですか?

天青:はい。作曲経験がほとんどなかったからこそ、あえてこのバンドでいろいろ試してみようと思いまして。自分を誘ってくれたジュンくんやもしぇを実験台にしてやろうと思いました。

もしぇ:天青にはもう、好きにしてもらって構わないです(笑)

――強烈……!(笑)メンバーの方々も受け入れているのがまたすごいですね。天青さんがもしぇさんから一目置かれていた理由がわかった気がします。

ジュン:変わった人ですよね。僕は経営学が大好きなのですが、個人的にこのバンドは、“ ドラッカーのマネジメント論 ” で提唱されている “ 組織に必要な要素 ” を持った人を集めた集団だと思っています。個性的なメンバーがそろっている”組織”なので、皆なかなかキャラが濃いですよ。

――なるほど。そうすると、技術はもちろんですがおのずと人間性や個性が重視されるわけですね。そして個性的なメンバーが集まる、と。

天青:ジュンはこうやって経営学の話が出るくらいには意識が高いので、自分にはちょっと理解し難いです(笑)。

ジュン:このバンドをしていなかったら絡まなかった人たちですね(笑)

天青:ちなみにキーボードを募集したときにMippyに決めた決定打は、ステージ映えすることだったんですよ。技術が申し分ないのはもちろんだけれど、ステージ上でのビジュアルを考えて彼女が適任だなと思いました。そういう意味では彼女もまた、自分たちにない個性を持っていると思います。

――今こうやってインタビューしていても、本当にキャラが濃いメンバーだなと感じています(笑)

天青:これだけバラバラな個性をもった人間が集まって音楽をしているというのも、なかなか面白いと思いますよ。そこも含めて楽しんでほしいです。

楽曲 “ CROWS ” から紐解く、ヘイ・ボーイ・ハイ・ガールの楽曲の魅力

https://youtu.be/BIvDgC2ZXRI

――今回解禁された “ CROWS ” のMV、クオリティが高くて見入ってしまいました!MV制作や楽曲にまつわるエピソードを聞かせてください!

ジュン:今回の楽曲に限らず、基本は天青が作ったメロディーに僕が歌詞をつける、という方法で曲作りをしています。

――“ CROWS ” の作詞で、ジュンさんはどんなことをイメージされましたか?

ジュン:テーマはズバリ、 “ ヤンキー ” です。最初に天青から送られたデモ音源を聴いたときの第一印象は、 “ ヤンキーが喧嘩している光景 ” でした。日本語の歌詞がしっくり来なくて英詩にしたのですが、 “ 俺たちは前を向く ” “ お前は怖がっているかもしれないけれど、大丈夫 ” というヤンキーらしい仲間を大事にする気持ちがつまっています。タイトルも、「クローズ」というヤンキー系の映画から名付けました。

――確かにMVからも、 “ ヤンキー ” のような力強さが垣間見えました。

天青:作曲当初は “ ヤンキー ” なんて全然イメージしていませんでしたけどね。とにかくノリだけがいい、意味のない曲を作ろうと思っていました。キーボードを目立たせることと、サビの歌詞を「オーオーオー」にしたいなってことだけ決めて、あとはジュンくんにぶん投げたらヤンキーの曲になっていました。

――なるほど。

天青:ちなみにMVを発表した時期こそ最近ですが、じつは曲自体はバンド結成初期に作ったものなんです。ライブでは毎回のように披露していましたよ。

――そうだったのですね!てっきり新曲なのかと思っていました。今回MVを作るにあたって、何か変更箇所や意識された箇所はありますか?

天青:一番は “ 自由のために戦う ” という内容を盛り込んだことですね。ヤンキーが戦っているというこれまでのイメージを保ちつつ、 “ 何のために戦っているのか ” というメッセージを含めました。

――MVではメガホンを持っているシーンが印象的でした。

天青:メガホンを持っているシーンは音源で言う “ 語り部分 ” なのですが、語り部分は今回音源化するにあたって挿入したんです。かの有名なGreen Dayの “ Holiday ” の間奏の語りを参考に作りました。歌詞にはあえて明記していないのですが、何を言っているのか、もしよかったら聴きとってみてほしいです。

もしぇ:メガホンって、何かを主張するための道具だと思うんです。ジュンくんが渋谷の雑踏の中メガホンを使用しているシーンは、まさに “ 人の波に歯向かいながらも自由や夢に向かって懸命に進む人 ” 。見てくださっている方々にも、ぜひそれを感じ取ってほしいですね。

――MV制作にあたって、さらに強い意味を込められたのですね。

天青:じつはこんな風に尖った曲って、ヘイ・ボーイ・ハイ・ガールの楽曲の中では珍しいんですよ。普段の楽曲はもう少しストレートなJ-POPが多いです。

ジュン:“ CROWS ” の後に別の曲を聴いたら、皆びっくりすると思いますよ(笑)

――意外です……! “ CROWS ” のイメージが鮮烈だったので、てっきりそういう系統なのかと思いました。社会の荒波に立ち向かうような。逆に、そんな強めな “ CROWS ” の中にも普段の楽曲と共通する部分はありますか?

天青:聴きやすい、耳なじみのいいメロディーですね。ヘイ・ボーイ・ハイ・ガールの楽曲は、あくまでも聴きやすい素直なJ-POPが中心です。

――そこがバンドの魅力でもあるわけですね。

天青:はい。楽曲のメッセージ性に差はあっても、“ 聴きやすいメロディー ” という要素は “ CROWS ” にも共通しています。お客さんにはそこを楽しんでもらいたいですし、聴きやすいからこそ何度も聴いて何度も口ずさんでほしいです!

「MV撮影で初めてメンバーとスタジオに入った!」社会情勢が変わっても活動は前向き。

――2020年以降はコロナ禍で多くの音楽関係者が活動を左右された年でもあると思いますが、活動に変化はありましたか?

天青:正直そこまでダメージはなかったと思います。もとよりライブ活動をしつつも自主制作でMVなどの作品を世の中に出していこう!というスタンスでしたから。ただ、音楽活動について見直すきっかけにはなりました。

――といいますと?

天青:自粛期間を利用してDTM技術を高めました。このバンドはあくまでも自分の実験場なので、むしろいい機会だなと。ギタリストという枠を超えて、総合的に世の中に音楽を発信する力を蓄えられた気がします。

――自粛期間をすごく前向きにとらえていたんですね。他のメンバーの方々はいかがでしょう。

ジュン:「バンド活動は、メンバーが集まらないとできない」という固定観念がなくなりました。こんなご時勢の中でも今できることをやろうと考えた結果、リモートでMV制作をしたり、天青がDTMに力を入れたりと各々が前向きに行動できたと思います。

――リモートでのMV制作というと、2020年に発表された “ ダッシュ ” のMVが印象的です。

https://youtu.be/8pDPJiuUO-c

ジュン:あのMVは各自が自宅で撮ったものです。それを引っ提げてオーディション「出れんの!?スパソニ?!」にも応募しました。見事一次選考を通過したのですが、それでも納得がいかなくて……。試行錯誤して “ CROWS ” のMVが出来上がったんです。結成から2年経ちましたけれど、まだまだクオリティ上げていこうと思いました。

――コロナ禍が大打撃にはならなかったけれど、活動を見直したり改善したりする機会にはなったということですね。

Mippy:そうですね。ちなみに私がバンドメンバーと初めてスタジオに入ったのは、“ CROWS ” のMV撮影のときでした。バンドに加入してから約1年も後のことでしたが、そこで初めてメンバーが演奏しているところを見て、「あ、この人たち楽器弾けるんだ!」って思いましたね(笑)。

――なんだか不思議な話です(笑)。それでもバンドとして成り立っているわけですね。メンバーが各々この状況を前向きにとらえている様子が伝わりました!

「古参になってください!!」実験場で生み出されるJ-POPに注目!

――本日はありがとうございました!最後に今後の展望や活動の意気込みをお願いします!

天青:今後も変わりなく、素直で聴き心地のいいメロディーの曲を出し続けます。心置きなくライブができるご時勢になったら、ライブハウスで会いましょう!

Mippy:楽曲の中に、キーボードが目立つパートをたくさん盛り込んでいきたいです。バンドの中では新入りですが、今後もバンドの中でたくさんアイディアを出していきたいですね!

もしぇ:やっぱりライブがしたいですね。たくさんのお客さんにライブを見に来てほしいですし、自分たちがライブを通してお客さんに熱量を伝えたいです!

ジュン:バラバラな個性をもつメンバーがそれぞれの足りない部分を補い合う、最高のバンドです。今後も邁進しますので、みなさんこぞって古参になってください!

こちらもオススメ!

アーティスト情報

【紹介】ヘイ・ボーイ・ハイ・ガール/キャッチーでクセになる、J-POPを生み出す“実験場”

https://musicloveits.com/archives/6700

(Photo by ヘイ・ボーイ・ハイ・ガール/Text by まあや




関連記事