1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第43回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第43回

<毎週水曜日連載>




私が崇めてるバンド達

どうも!おはそらこ!
大阪で活動中の3ピースバンド、
街鳴りのギターボーカルのSorakoです!

最近結構頭が空っぽな日が多くて書くことないなーと思っていたら、ふと最近色んな人に好きなバンドは?好きな歌は?って聞かれることが多いのでそれについて書きたいと思います。

好きなバンドは沢山いますが、最近、毎日聴いていたり、憧れであったり、神的?に好きなバンド、5バンドを今日は挙げていきたい思います!

まず、1番目は、めちゃくちゃ憧れてて神的存在で1番に大好きなのは「Mr.Children」です。
お兄ちゃんがファンだったのもありますが、自分も子どものころに辛いことあるたびにMr.childrenの歌を聴いて何度も助けられました。桜井さんの歌詞と歌声とメロディが大好きで。そこから歌詞が良い歌が好きになるようになりました。
なんで複雑なのに意味がわかるこんな歌詞書けるねんて圧倒されます。
特に好きな歌は「終わりなき旅」です。
後半部分の「誰の真似もすんな、君は君でいい、生きるためのレシピなんてないさ」この言葉に昔自殺しようとするまで精神おかしくなっていた私を救ってくれました。
今までライブ一回だけ行ったのですが、ラストでこの曲歌ってくださり、号泣しましたね(笑)

Mr.Childrenは命の恩人ってくらい思ってます。いつかお会いできたら良いなと夢描いてます。

2番目は「KANA-BOON」です。
私がバンドをやりたいと思ったきっかけのバンドです。歌詞も好きなんですけど、1番はリズムと鮪さんの歌声がめちゃくちゃ好きで。
いつも聴いていたくなる歌です。
KANA-BOONの愛については別で語りたいと思います。
とにかく一番好きなこの歌を。

3番目は「Hukubi」です!
元々片桐さんのファンで弾き語りをされてた時から知ってて!バンドを始めたと発表されてそれで聴いたら良すぎて。
Hukubiはなんといっても歌声が半端なく良い!夜に出てる歌手で一番好きな歌声と言えます。優しいくて綺麗で儚げなのに力強い引き込まれる歌声です。
あと歌詞がめちゃくちゃ好きです。全部が共感できます。何度も毎日聴いてしまいます。  

Hukubiの曲は全部好きなんですが、特に好きなのはmirrorです。何度泣いたことか。鬱病の時にとても助けられた曲です。

4番目は、「さよならポエジー」です。
これも全部大好きなんです。
歌声、歌詞、メロディ、演奏。
オサキアユさんの書く歌詞は、いつも凄いの一言です。難しいけど美しい言葉と意味がわかった時の胸にストンと重くのしかかる感情。
めちゃくちゃ感動します。もう全てに耳を澄ましてしまいます。美しすぎて。大好きですね。基本MVも多くないんですけど、べたに「二束三文」も好きですが、最近はMVと合わせてこの曲が好きです。

簡単に言ってしまうのはよくないかもですが、さよならポエジーは天才と思ってます。

5番目は、「CRYAMY」です。  
これがね、本当ね、素晴らしいんですよ、
こんなに乱暴で不器用なのに愛らしい儚げがあるバンドは、私は初めてです。
やはりボーカルのカワノさんが大好きなんです。
歌詞がね、もうめちゃくちゃ優しいんです。
見た目やバンドの雰囲気的に汚い言葉吐きそうな感じがするんですけど、歌詞の言葉はめちゃくちゃ綺麗なんです。「お前」とかなく、「あなた」「でしょう」とか正直似合わない綺麗な言葉が並べられてる歌詞で美しい。
自然に涙が出てしまう。感情がスッとためらいもなく出てくるようなそんな素直な歌たちです。

MC付きのこのMV大好きです。

あとは歌で一番聴いてるこちら

以上、簡単ですが、私がめちゃくちゃに好きなバンド5バンドでした。

私は歌詞と歌声重視の人間で、人間性のあるというか気持ちを訴えかけてくるような歌や歌詞、人間に惹かれます。
私も歌詞でも歌でも伝えられるそんな人間に、そんなボーカルになれるよう音楽頑張っていきたいと思います。

だから歌詞が好きと言われるのめちゃくちゃ嬉しいんですよね!!

次の新曲も頑張ります!!!

以上!街鳴りのSorakoでした!

街鳴り/Sorako

こちらもオススメ!

【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第8回

好きなアーティストと曲

【原点探訪】RADWIMPS『ふたりごと』×梅山和幸(Glaspain)

自分にとっての『ふたりごと』

【原点探訪】Base Ball Bear『ELECTRIC SUMMER』×サイツアキノリ(君がそうなら僕はこう)

自分にとっての『ELECTRIC SUMMER』

過去の連載記事

アーティスト情報




関連記事