1. HOME
  2. ブログ
  3. 【配信ライブ放浪記】Fireloop presents FRIENDSHIP SONG 〜AIRTONIC「友達がいるのさ」勝手に組んで 勝手にリリース祝賀会イン寺田町〜/寺田町Fireloop

【配信ライブ放浪記】Fireloop presents FRIENDSHIP SONG 〜AIRTONIC「友達がいるのさ」勝手に組んで 勝手にリリース祝賀会イン寺田町〜/寺田町Fireloop

コロナ禍になって以降、全国のライブハウスが趣向を凝らしながら提示した新たなライブのカタチ、『配信ライブ』。

自宅に居ながらにしてライブハウスの空気感を疑似体験できるだけじゃなく

  • 家事をしながら
  • お子様とご一緒に
  • 好きなお酒を飲みながら
  • お布団の中でゴロゴロしながら

などなど、自由なスタイルで気軽に音楽に触れられます。

ライブハウスでの生体験や、サブスクやCD音源で聴く音楽の代替えではない、また別の、ひとつの音楽文化としての可能性。

「普段ライブを見に行っても恥ずかしくて声は出せないけれどコメントならできる」みたいな人、多いんじゃないでしょうか?

「生のライブに勝てない!」みたいな優劣じゃなく、配信ライブには配信ライブの良さがあることをもっと多くの人に知ってもらいたい。
「しばらくお待ちください」からステージの映像に切り替わった瞬間の高揚感を感じてほしい。

そんな思いから、ミューラビ編集長/倉田(@cohzirow3_musicが全国で開催されている配信ライブを巡り、その空気感やライブハウスごとの特色を、アーティスト紹介と絡めながらお伝えする『配信ライブ放浪記』。

今回は、大阪にある寺田町Fireloop(@Fireloop_infoの許可をいただいて、2021年5月7日(金)に開催された “ Fireloop presents FRIENDSHIP SONG 〜AIRTONIC「友達がいるのさ」勝手に組んで 勝手にリリース祝賀会イン寺田町〜 ” を、倉田の私見いっぱいにレポートします!

2021年5月21日(金) 23:59まではアーカイブが残っているので、チケット購入すればまだまだ見ることができますよ!

Fireloop presents FRIENDSHIP SONG 〜AIRTONIC「友達がいるのさ」勝手に組んで 勝手にリリース祝賀会イン寺田町〜

https://twitter.com/Fireloop_info/status/1390503896703897600

ACT

配信情報

Brave Back

https://youtu.be/Iq7CUWkGB0o

「マジで信じてるわ。今日出てるバンドが日本一かっこいいと思ってる、俺らが。今日は日本一カッコイイバンドのライブ見て、爆音浴びて、帰ってください。最後までよろしくお願いします!」

コロナでキャンセルになったバンドもいる中で集まった対バン3組と、断腸の思いでキャンセルの決断をしたバンドに対する思いに、客席から歓声と拍手が上がる。


1曲目にアッパーなキラーチューンを持ってくることが多い中で、ギター1本による弾き語りから入る壮大なバラード “ ターミナル ” を持っきたことで2曲目以降のロックナンバーが引き立ってすごいよかった!こうしたセットリストのこだわりも、バンドごとのカラーが出ていい感じですね。ロックを基調にしながらもバラードやムーディーな楽曲が目白押しで、いろんな表情が見られるステージで、とても楽しかったです!

アーティスト情報

AIRTONIC

https://youtu.be/ePvdNapjMdI

「音楽を携わってる人やもっと広く言えばいろんな人いるけどなかなか止まってるわけに行かないじゃんね。お酒でない状態は辛いかもしれないけど、この状態でも(ライブ)やれるのね。コロナに抗う俺たちの気持ちでどんな風にでも生活は変えられるので、そういう風に生きていきましょう!」

緊急事態の中で東京から遠征してきたことなども自分たちなりに考え、それでも現実に向き合って前に進もうとする彼らの熱い意志が伝わってきた。


この日の主催バンド、AIRTONICは東京を拠点に活動するバンドで、1st Album『友達がいるのさ』のリリースレコ発を兼ねたツアーの真っ最中。遠方に住む対バンとも深い親交を築けるあたり、彼らのステキな人間性を垣間見た気がしました。スリーピースの強みを生かしたシンプルな構成ながら、キャッチーで熱い楽曲とパフォーマンスに画面越しでも身体が自然と揺れてしまってたし、耳に残る歌声はクセになること必至!

アーティスト情報

ROVING GRANDPA

https://youtu.be/Un8DsNJaCSU

「今日やれたこと、マジで最高っす。こういう場所があることと、集まってくれる人たちと一緒に泣いたり笑ったりとか、すごい気持ちいっす。この先も何も変わらないままでいて欲しいっす。マジで愛してるからずっと最後までよろしく!」

普通が普通じゃなくなった今、堪えきれない思いが溢れ出したMCに、胸が締め付けられると同時に、こういう思いででも音楽を鳴らしている人がいることをもっと多くの人に知ってほしいと思う。


先日レポートした弾き語りイベント『sigar』(レポはこちら)にも出演していたナカシマナカジ率いるグランパ!バラードから激ロックまで縦横無尽に駆け抜け、圧倒的な表現力で魅せてくれるパフォーマンスで全く飽きない30分でした。どんなに激しい曲を演奏してもメンバーの優しさに溢れた人柄を感じられて「人として応援したい」と思うし、バンドスタイルでもやっぱりかっこいい!そう思えるバンドです!

アーティスト情報

【会場情報】大阪/寺田町Fireloop

手持ちカメラによる動きのあるアングルではなく、定点カメラのみというアングルのおかげで、観客の盛り上がりやアーティストの様子が見切れることなく映し出されるから、実際にライブハウスで見ているように好きな場所を好きなときに見ることができていい感じです。
また、基本的に定点で演奏する弾き語りスタイルや、縦横無尽にステージを駆け回るパフォーマンスのバンドにおいては、この定点カメラはすごい相性いいなと思いました。

DVDのようなキレイにパッケージされたライブ映像とは異なり、客席の臨場感を疑似体験できる、こだわりに満ちた配信ライブがFireloopでは見ることができますよ!

ライブハウス情報

(Special Thanks by 寺田町Fireloop / Text by 倉田航仁郎




関連記事