1. HOME
  2. ブログ
  3. 【紹介】SHAKARA/レゲエシーンを牽引するニューカマービートメイカー

【紹介】SHAKARA/レゲエシーンを牽引するニューカマービートメイカー

SHAKARAとは?

SHAKARA/シャカラ

2009年、15歳の頃から東京を中心に活動を開始。
MightyCrown主催の”Sound City”においては2013年から2年連続で未成年枠である “ YoungBloods ” に抜擢され、2017年には単身渡米してルームメイトでもあったDaisuke Kazaokaと共に音楽レーベル“GRAND AVENUE RECORDS”を設立。同年、EP “ WET PAINT ” を発表。
2018年には、ジャマイカの伝統的な音楽手法である“PART 2 STYLE”を用いた世界初となるミックステープ“PART 2 STYLE MAGAZINE”をリリースして、レゲエシーンを中心に大きな反響を呼んだ。

世界を視野に入れてアクティブに活動するレゲエシンガーとしてシーンを揺るがす、注目の逸材である。

メンバー

SHAKARAのおすすめ楽曲

<しかたないこと>

https://youtu.be/wtWDHErcw24

2020年4月22日にリリースされた“しかたないこと”は、YouTubeから発展した新たな音楽ジャンル”Lo-Fi Beats”をレゲエにアレンジした浮遊感のあるトラックに、今の現状を映し出した素朴な歌詞とメロディが重なる楽曲だ 。

コロナ禍でライブが延期になるなどした辛い現実を「しかたない」という言葉で受け入れ、それでも前に進もうとする歌詞を心地よいビートに乗せて伝えてくれる。SHAKARAが得意とする共感性の高い歌詞に注目して聴いてみてほしい。

SHAKARA配信情報

現在、Apple Musicなどで各種サイトで配信中。

SHAKARA各種公式情報

バンドの各種公式サイトはこちら。最新情報をぜひチェックしてみてください。

SHAKARA掲載記事

(Photo by SHAKARA/ Text by 倉田航仁郎




関連記事