1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第43回

【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第43回

<毎週火曜日連載>




いいライブの種類

いーけいけ、やーれやーれ30だーい!

こんにちは、夜の暴走・川平慈英こと

サイツアキノリです。

いいんです!

8秒に一人!!(楽天カードマン)

とゆうことでね、文面でモノマネという

革新的なことをやってのけたわけですが

スティーブ・ジョブズも真っ青なわけですが

モノマネの良さが全てなくなりましたね。

つって!つって、テヘペロリスト!!

説明しよう!テヘペロリストとは!!

テヘへで笑って許してもらおうとする

愛嬌のあるおじさんである!

さぁ、本日は「いいライブ」について

みなさん、いいライブって

どんなライブがあるかわかりますか?

お客さん目線でのいいライブもたくさんありますが

今回はテヘペロリスト視点(バンドマン視点)の“いいライブ”の種類をご紹介いたしマンドリル(ウホウホ)

まずは

①いい演奏ができたライブ

これはめちゃんこ嬉しい!

僕はギターボーカルなので、いい歌が歌えたとき、MCで笑いを取ったり

伝えたい気持ちがしっかり言えたとき。

それこそステージから見えるみんなの表情で

伝わってるかどうか感じることができます。

そんで

②お客さんをたくさん呼べたとき

これはね、たまにあるんですが

「え?もしかして売れてきてる?」と

錯覚してしまいます。

お客さんが多いとテンションも上がるし

無駄に喋って持ち時間がギリギリになります(あかんやつ)

さらには

③イベンター、大人を喜ばせた

例えば、イベンターに呼ばれた大きなイベントや

レコード会社や大人がついているバンドは

その人たちを喜ばせるライブも必要になります。

大人が喜ぶのは“数字”が関係してるように思います。

  • どれだけお客さんが入ったのか?
  • どれだけ収益がでたのか?
  • 次のライブのチケットは何枚売れたか?

音楽をしてる上で、少し汚く見えるかもしれませんが

とても重要なことです。

バンドが一秒でも長く続けるために、または人気を出すためには

必要なことなのです。

忘れちゃいけない

④物販が売れすぎた

これもたまにあります。

お客さんがたくさん入ったから

物販がたくさん売れるのは大間違い!

実はそこは比例の関係ではないのです!

例えば自分たちのお客さんをたくさん集めても

みんなCDを持っているので

音源は売れません。

逆に

お客さんを呼べなかったとしても

周りのバンドが呼んでいると

「初めて見たけど、よかったです〜」と

CDが売れることも!

何があるかわからないですな、この世の中。

⑤大好きなあの子を客席で見つけたとき。

僕は今の所ないですが、

きっとテンション上がりきってしまうでしょうね。

ちなみに

僕は、呼んでない父親が客席にいて

2秒間フリーズしたことはあります。

⑥友人の子供、小学6年生のサトルくんは手術すれば必ずよくなる病気です。
でも手術を怖がって、受けてくれません。
そんなサトルくんのお見舞いに行き
「次のライブで必ずいいライブをするから、そしたらサトルくんも手術を受けてくれるね?」と約束したとき。

そんなときはねぇ!!

サトルはただの虫歯だ!

歯医者にいけ!

乳歯全部抜いてもらえ!!

サトルみたいなやつは!!

まったく笑って許してもらえると思うなよ、

テヘペロリストだからって。

君がそうなら僕はこう/サイツアキノリ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事