1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第35回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第35回

<毎週金曜日連載>




あんけーと についての考察

ネットで調べものをしていて
ある2005年~2013年の
いろんなアンケート調査と結果が載っているページが
あったので読んでみると
面白かったって話なんですが
もちろん統計学上の適正な数値ではないと思うので
その結果がすべて正しいわけではないんですが
『なぜその質問?』とか『なぜその答え?』とか
考えてみると面白いです。

例えば
「機会があればもらってみたいと思う“賞”はありますか。」

この質問は、なかなかされないと
考えた事ないやつですよね?
「宝くじ当たったら」とか「無人島に」とかなら
一度は質問された事ありそうですが
「機会があればもらってみたいと思う“賞”はありますか。」
素晴らしい角度ですね。

質問の本文としては
「世の中には「○○賞」「○○大賞」「ベスト○○」などの名前でさまざまな“賞”があり、それぞれの賞ごとに選考が行われ表彰されています。
そこで、それら賞の中でもらってみたいと思う賞をたずねました」
もう素晴らしい。

そして気になる質問の答えは
1位『ベストドレッサー賞』368票
2位『ベストジーニスト賞』309票
3位『ノーベル賞』294票
4位『流行語大賞』121票
5位『頑張ったで賞』109票
6位『芥川賞』74票
7位『ベストカップル賞』67票
7位『ジュエリーベストドレッサー賞』67票
9位『直木賞』62票
10位『メガネベストドレッサー賞』56票

でした!

1位の『ベストドレッサー賞』
2位の『ベストジーニスト賞』
7位の『ベストカップル賞』
7位の『ジュエリーベストドレッサー賞』
10位の『メガネベストドレッサー賞』
これに関しては、ほぼキムタクが取るやつですもんね。

「機会があればもらってみたいと思う“賞”はありますか。」
ですから
スゴい「機会」があったんでしょうね。

4位の『流行語大賞』に関してはまず
「流行語」を生み出さないと
スゴい「機会」があったとしても
ノミネートされないでしょうし

3位の『ノーベル賞』
6位の『芥川賞』
9位の『直木賞』
に関しては、生み出す物の規模感がスゴいですね。

そこから考えると
5位の『頑張ったで賞』は
謙虚過ぎないでしょうか
いや君にはもっと色んな可能性があるよ!
って言ってあげたくなりますね。
(どの立場でとはなりますが)

他にも
「天気を知りたいのに天気予報・気象情報などが調べられないとき、
あなたはどうやって天気を判断しますか。」
という質問があって
どんな状況?とは思ったんですが
気になる結果が
1位『空を見て』1830票
2位『雲の動きで』739票
3位『西の空を見て』361票
4位『風の強さや向きで』347票
5位『勘や今までの経験で』255
6位『湿度の具合で』217票
7位『あきらめる、何もしない』178票
8位『気温で』146票
9位『空の色を見て』145票
10位『においで』118票

でした!

1位の『空を見て』と2位の『雲の動きで』
3位の『西の空を見て』と4位の『風の強さや向きで』
6位の『湿度の具合で』と8位の『気温で』
9位の『空の色を見て』は
なんとなく、そんな気がしますが

5位の『勘や今までの経験で』と10位の『においで』
かなり研ぎ澄まされてるー!!

そして一番好きだったのが
7位の『あきらめる、何もしない』
あきらめないでー!!!

ってなりました。
アンケートって面白いですね。
ちなみに僕も『頑張ったで賞』ほしいです!

ネコレクション/愁人

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事