1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第38回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第38回

<毎週水曜日連載>




私の過去の恋愛暴露シリーズ②〜癖が強すぎな男達〜

どうも!おはそらこ!!!
街鳴りというバンドのギターボーカルSorakoと申します!

ミュージックラビッツさんにはバンドを始めたてのときからお世話になっていまして、連載は遂に30回を超えてるというね!
ありがとうございます(´ω`)!

今までいろんなこと書いてきてるんですけど、個人的に周りの反応を見ると私の恋愛経験談が評判が良くて、だいぶ前に書いた、
「あえての誰も求めてない私の色恋沙汰暴露」って連載が面白いと言われてまして(笑)

なので、今回は第2弾として曝露させていただきましょう!!

題して……

【癖が強すぎる男達ベスト3】の発表です!(笑)

元彼や出会った男の人の暴露ですね(`・ω・´)
実は全て出会い系アプリで知り合った人たちです!(笑)

それでは早速、ベスト3から!

「一夫多妻な男」

おそらく4年くらい前に出会った人ですね。
映画が好きということで意気投合して、確かそのときは、動物達が主人公の「SING」という映画を初デートで観に行ったんです。
写真よりも結構イケメンで高身長で、仕事も良い仕事についていて優しくて、良いなと思ってたら帰り道にロマンチックな場所で告白してくれたんです。

男「そらこちゃんと話すの楽しいし、会って余計好きになったから付き合って欲しい」

私「うん!こちらこそお願いします!」

と、ここまで幸せな男女の告白だったんですけど、ここからがどんでん返し。

男「嬉しい!ありがとう!そしたらそらこちゃんは月曜日の彼女にする!」

私「…………?は?え?月曜の彼女?」

男「あ!ごめん!俺1人の人だけ好きってのが無理で、他に3人彼女いるんやけど、そらこちゃんは4番目!あ!でもそらこちゃんが今は1位やから!ぶっちぎりで!」

私「は?!え?!いやそれ4股やん!他の彼女らも知ってるん?」

男「うん!それでも俺と付き合いたいって言ってくれてるし!ちゃんと4人とも同じ愛情とお金使える自信あるし!心配しないで!」

それ言われて私は心の中で……

(てめぇの精神が心配だわ!あとその他の女達!)と思いました(๑╹ω╹๑ )

そんな条件とは知らずで、私は自分だけを好きになってくれる人がいいと今の話はなかったことにとその男に言ったら、

男「え!俺誰でも良いんじゃなくてちゃんと好きなった人だけに告白してるんやで!?おれ真面目やで!」

それ言われて私は心の中で
(4股してなかったらクソカッコええ台詞やのになー)と思いました(๑¯ω¯๑)

彼は今もきっと一夫多妻な考えで女の子を落としてるのでしょう。
ていうか月曜の女ってなによ!!www
月火木水金土日の彼女作る気満々やんけ!って感じでしたね。

海外の映画の見過ぎで考えが広くなったのでしょうね。

続いて、ベスト2

「どこにでも女を携帯する男」

これは彼氏だった人なんですけど、確か23歳くらいの人なんで、6年前くらいの彼氏ですね。
一個下で、顔はナオトインティライミさん似で可愛い弟な感じでしたが、私はとてもタイプで一目惚れでしたね。
何回か遊んで一回告白したんですけど、振られてしまって、でもしばらく経ってからやっぱり付き合いたいと言われて付き合うことになって喜んだのを覚えてますね。

ただ、付き合ってからその彼氏の変なところを知ることになるのです。
今まで遊んだときはなかったのですが、付き合ってからデートの度に知らない女を一緒に連れてくるんです。

例えばある日待ち合わせをして……

私「ごめん!待たせて……え、横の人どちらさま?」

男「おー、そらこ!あ!この子は同じ大学の子!家この辺らしくていろいろ連れてってくれるって!」

女A「はじめまして!今日は一緒に混ぜてくださってありがとうございます!」

私(聞いてねぇーーーーてかお前空気読めーー)

別の日……
待ち合わせで待ってたら

男「よっ!」
女B「どうも!」

私「どうも……誰?」

男「同じゼミの子!このあと暇って言ってたから!」
女B「お邪魔してすみません……」

私「全然いいんですよー^_^たくさんいる方が楽しいしー!(すみませんで済めば警察いらねんだよこの野郎)」

とこんな感じで、いっっっっつも誰やこいつは!っていうめちゃくちゃ可愛い女の子連れてくるんですよ、そして私を彼女と認識してるにも関わらず。
そして私でなくその女の子を送って帰るんですよ、私はいけるやろって……
その度に泣きながら友達に電話をかけて愚痴って、そんな男別れろと言われて……
今思ったらなんであんな人と付き合ってたのか分かりませんねw
恋は盲目とはこのことですな!(๑¯ω¯๑)

で、結局夜の方で私が許せないことがあって、振りましたw
友達にもよく他の女連れてきて怒らなかったなと……まあ確かに全員仲良くなりましたけどね!wその時からコミュ力はついていたのでしょう!
どんなにキレてても笑える能力を身につけられなかったのでよかったです!(੭ु ‾̑ω‾̑)੭ु⁾⁾

最後、ベスト1

「ニャンニャン語を使いこなす男」

これは私のことを知る友達はみんな知っていて堂々たる1位ですねw

この人は確か26の時にちょっと付き合ってた人で、元バリバリのバンドマン、中学校の先生もやっている美術の先生で、歳は8歳くらい上でしたね。

ずっと連絡をとっていてはじめてのデートがカラオケでした。
顔は秦基博さん似でややぽっちゃりの可愛らしい人でした。とにかく優しくて面白くて、振られたばかりで傷ついていた私にとってはとても素敵と思えた人でした。
家も近くて学校の先生もやってるもいうところで真面目さも感じられて、告白されて付き合ったんですけど……ここからがとんでもなかったですね。

付き合う前は大人っぽいところがたくさんあったのですが、付き合った瞬間、終始甘えたモードで、私のことを「ニャンニャン」と呼び、家の中はもちろん外でもどこでも呼ぶので周りの目がめちゃくちゃ気になって恥ずかしかったです。家も近いので毎日会ってたんですけど、その度に……

男「ニャンニャンー♡おまたせ♡」

男「ニャンニャン!遅い!たくさん待った!」

男「ニャンニャンに会えるから今日頑張ったの!ヨシヨシして♡」

き、き、きつい!!!ww
誰か助けてと何度心の中で叫んだでしょう
ニャンニャンと呼ばれるだけでなく全てが甘えたモード!
年上の人が24時間甘えたモードは流石に……きつい!私そんなタイプじゃないし!!!

極め付けには、カップルのラインみたいなアプリがありまして、それを登録させられてそこには2人のスケジュール、2人だけの秘密の会話、2人の質問とかあるんですけど、それがもうめちゃくちゃしんどいんですw

特に質問コーナーで、彼氏が彼女に彼女が彼氏に質問を投げつけられる機能で最高1000質問あるんですけど、それを彼氏が私に300質問投げつけてきてて、それを答えないと怒るんです。

男「ニャンニャンいつ質問やってくれるのー?俺のこと好きじゃないの?悲しい……」

私「やるやる!ちゃんとやるから!(上目遣いやめてーーーうぁーーー!!)」

ここまでなっててなんで別れなかったか、いや別れは切り出しましたよ、付き合って1週間くらいで。
そのときも大事件が起きました。
ちょっとメンヘラチックだったので密室は危険だから、別れ話は外でしたいと思ったので、外で待ち合わせして2人でよく行ってたバーに行きました。

そこで別れ話をすると、毎日甘えたモードの優しかった彼氏が豹変して、

男「は??本気で言ってる??まだ付き合って1週間やで?!ありえへんくない?その期間で俺の何を知れたっていうねん!!」

私は思いました。

あんたのそのニャンニャン語を使うことは知れた。それで十分じゃぁ!!!

と。

男「お前みたいな女大嫌いやわ。男たぶらかして楽しんでるんか?!ほんま最低やな。クソ女や。」

私「その通りやと思う。私はほんま最低でやばいやつ。ほんまごめん。だからこんな女とは早く別れてよかったと思えるやろから別れて欲しい。(早く帰りたい)」

男「そんなんで納得できるか。俺の思いと時間返せよ!ほんま腹立つ……!許せへんで俺は!」

静かなバーで怒鳴り始めたので、さすがにここで私はこれはやばくね?となりまして、帰ろうとしたら

男「お前何帰ろうとしてるん?帰さへんで?朝まで話し合いや!別れるなんてせぇへん!」

と言われて、私は一気に怖くなって、話し合っても想いは変わらないと伝えても聞く耳もたなかったので、とっさに逃げようと決めたんですよね。
で彼氏がここは気まずいから次の店に行こうと言い出して、お会計を払いに行こうとしたときに走って店から出て逃げましたw

もう全速力で走ってて、そしたら後ろから追いかけてきてて、これが映画でよく見るやつと今になっては思い返せますけど、そのときは怖くて必死で、とりあえず止まらず走って改札超えて電車乗ってドア閉まった瞬間にやっと安堵しました。

ありえないくらい鬼電きてて電源切って帰りましたね。

最後はホラーチックなりましたけどw

まあ私もそんなすぐ別れるのは良くないと思ってますし、私が悪いのは当然なんですけど、やはり付き合わないと見えない部分もあると思うんです。付き合っててしんどい関係ならそれは仕方ない事と思うんです。言い訳と言えば言い訳なんですけどね。

ブロックや着信拒否をして別れられたんですが、最後にこの続きの怖い話があります(。╹ω╹。)

この別れた半年後?か1年後に友達数人での飲み会で遊んでて、罰ゲームが「1番最近別れた彼氏に連絡をとる」のときに私が負けてやらないといけなくなって、それがこのニャンニャン彼氏で。みんな事情知ってるのでブロックを解除するでOKと言われて、LINEのブロックを解除したんですよ。
そしたらその直後にそのニャンニャン彼氏からLINE電話がかかってきたんです。私含めみんな凍りついてて。
ブロックって解除されたら通知いくっけ?いやいかないやろって話をしてて。
もしかして毎日永遠に電話かけ続けてるんやないか説になって、すぐブロックし直しました。

あのときは怖かったですけど、改めて考えると私は彼をとてつもなく傷つけたんだと思えますね。

恋愛は沢山するのは良いと言われますが、それは恋愛はすれば終わりがあるから次があるからで。
全部が全部円満で終わるとは限らないし、自分が傷つくかも、相手を傷つけてるかもしれないということを忘れてはいけないことを私は学びました。

ただ……癖が強い人がいるのも事実www
自分と相性が合う癖の強い人と付き合えるように!願いながら、これからも生きていきます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ネタでお送りするつもりが最後はホラーですみません!

それではまた来週もお楽しみに!!!
こんな話聞きたいなどリクエストあればTwitterのDMまで!w

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事