1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第41回

【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第41回

<毎週火曜日連載>




膝コメント生活【辛口】を終えて…

こんにちワンダーランド!

シンガーソングライター界の女装家

サイツアキノリです。

先週から記事にも書いていた

「膝コメント生活」という企画が終了いたしました。

今回はその振り返りの記事になります。

(見てなかった人も雰囲気を楽しめる記事となっております。)

そもそも膝コメント生活とは

・ツイキャス内のコメント数×1円で生活する

というシンプルかつ電波少年的生活です。

一週間という長い企画ですが、めちゃんこ内容の濃い期間になりました。

膝サポーターが遊びに来たり

応援物資が届いたり

気がつけば

1週間で24時間以上も配信していました。

人生で一番配信した週です。

まずは、開始早々

膝サポからの応援物資が山のように届き

食費がかからないというスーパーボーナスタイムが発生しました。

差し入れのなかには

衣類や生活用品もあり

膝コメ生活が終わった今もモリモリ食べています。(太ります)

更には生活中に

女装するという一幕も。

いや、女装というか

なんなんだこれ。

おじさんかおばさんかわからないなこれ

僕を大切に育ててくれた両親が

この画像を見たら何て言うだろう?

たぶん大笑いするだろう。

ならよかった。

さらにさらに

我らがミューラビ編集長、倉田さんまで

遊びに来てくれました。

倉田さんが配信に出演するのは

初めてらしく

それがサイツの膝コメで良かったのかは

未だに謎である。

倉田さんと膝キャスを一時間半以上した後も

ガッツリ二人で話し込んで

なかなか熱い話もでき

君僕もミューラビもお互い

さらに前に進もうと

やる気満々の30代メガネぽっちゃりマスクの二人でした。

共通点多すぎて嬉しかった。

さて、膝コメント生活は

毎回やるたびに精神的にも肉体的にも

ツラいですすが

なぜかやり終わったあとは

充実してたなと思います。

あれなのかな?

マラソン的な感じかな?

ランナーズハイならぬ

コメントーズハイなのかも。 

毎日、何時間もキャスをしていたので

コメント生活が終わったあとは

膝サポから「サイツロス」

というありがたい言葉もいただき

ありがたかったです。(重複)

この企画を通して、何人もの方が

自分の生活もあるなか

無理して閲覧してくれたり

一緒に盛り上げてくれて

改めて応援されることのありがたみを感じました。

もっと楽しい企画が作れるよう

今後も自分を追い込んでいきます。

いや、やっぱりやめときます。

(撤回の速さ大阪府2位です。)

一緒に楽しんでくれたみなさん

ありがとうございました。

またおもしろいことしよーね!

君がそうなら僕はこう/サイツアキノリ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事