1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】YELLOW SHOES MAN/今の三人だからこそ作れる作品という結晶【中編】

【インタビュー】YELLOW SHOES MAN/今の三人だからこそ作れる作品という結晶【中編】

2020年5月に現メンバーが揃い、大阪を拠点に本格始動を始めたYELLOW SHOES MAN。YouTube公式ページでは次々新しいミュージックビデオが公開されるも、バンドとしての輪郭が見えなかった彼らの本質に迫るべく、バンド初のインタビューを敢行。

バンドであってバンドでない。そんなYELLOW SHOES MANについて深く掘り下げた内容を全3回に渡ってお送りする、今回はその中編。

柔軟な外部連携が最大の強み

――ちなみに今の編成での曲作りは、DAIさんが原曲を作っているとのことですが、どういう感じで肉付けしていくんですか?

DAI(Vo./Gt.)肉付けは違う人にやってもらってます。実はメンバーの他に2〜3人いて、その人たちにやってもらってて。ひとりは“DANNY BOY”@DANNY_BOY_band)のベースの人にお願いしてて。もうひとりは奈良の方で編曲やレコーディングをやってくれてる人です。弾き語りの曲を渡して膨らませてもらうこともあるし、“ ぼくらはただのごはんつぶ ” っていう曲は僕が打ち込みでしっかり作ったやつをアレンジしてもらいました。

https://youtu.be/ZcfNhbRAMMs

DAI:今後は、絶対じゃないけど三人で作る曲があったらいいねって思ってます。外部は今の編曲という感じでお願いしてるので。

――そうやって外部にアレンジをお願いするのって、どういう流れでできてきたものなんでしょうか?

DAI:僕的に曲の生まれてから完成するまでのスピードを早めたいなって思ったので、それなら他の人にお願いした方が早いなって思って。僕が考えれないようなエッセンスも入ってきますしね。HASHIさん家もレコーディングできるような部屋があったりするんで、基本僕たち練習するときはHASHIさん家でやったりしてます。

HASHI(DJ)僕の家が事務所みたいになってます(笑)

DAI:今後はHASHIさんとこでレコーディングもしていきたいなって思ってます。今は外部のレコーディングスタジオとかでやってるので、そこにいるアーティストの人に弾いてもらったりしてるんで。

――え?今の音源ってご自身で弾いたものじゃないんですか?

DAI:ギターと歌は僕がやってますけど、ベースはMITSUGUじゃなくて、ライブするときはレコーディングされた曲をMITSUGUが聴いてアレンジしながらやってるみたいな感じです。

――本当にバンドとDAIさんのソロプロジェクトの中間のような感じですね……!

DAI:そうですね。本当にそうです。その曖昧をキープしてます(笑)

――だから掴みどころがないバンドなんですね。形が見えないというか、ふわっとしてて柔らかいのにカラーはしっかりしててっていうところが気になってたんですけど、その理由がわかった気がします。

DAI:今言葉にしてもらって、僕も自分でわかった気がしました(笑)柔軟に活動してきましたから。やりたいことをやるために、柔軟にいろんなものを吸収してきたんだと思います。

――本来レコーディングにしてもMITSUGUさん自分で弾きたいと思うんですけど、あえて一歩引いて作品を完成させることを優先してるというか、信頼というか、しっかり折れるところは折れた上でステージではしっかり役割を担うみたいな。下手すれば喧嘩にすらなりそうなのに。

MITSUGU(Ba.):おっしゃる通りです。プライドとかそういう問題もあると思うんですけど、プライドとかこだわりとかをぶつけることで生まれるバンドのオリジナリティを僕的には目指してなくて。もうちょっと客観的に見て、誰かやったら一番いいかってのを考えてる感じです。ベースの音作るにしても、僕の好きな音とかあるけどHASHIさんに任せた方がバンドとしていいものできるし、そこで空いた時間で僕はデザインとかもできるし。音楽とか形に囚われずに作品を作りたいなって思ってます。「DAIちゃんの音楽」っていうコアな部分を映像で広げたいし、僕はデザインとかの方面でサポートするっていう感じです。

――HASHIさんの役割としては全体のアレンジになるんでしょうか?

DAI:音源をバラで渡して、ライブなどで演奏するときはDJでフランジャーを加えたりして遊んでもらってアレンジしてもらう感じです。

HASHI:そうですね。やっぱり音源だといい意味で音がまとまりすぎてるので、本当にライブ感があるようにバラでもらって目立たせるように音を作り直して、そこにエフェクターをかけてDJらしい音作りをして、そこでしか聴けない音になるようにしてます。ライブでは、音源とはだいぶ変わって聴こえると思います。

バンドとしてのYELLOW SHOES MAN

――MVや弾き語りの映像だけ見ているとライブのイメージが湧かなかったのですが、“美しい映画”のMVでは初めて演奏シーンも挿入されていますよね。

DAI:今回撮った “ 美しい映画 ” という曲のMVは、三人の演奏シーンも入れてみてバンドっぽさを出してみたので、その辺は感じてもらえるかと思います。バンドとしてのYELLOW SHOES MANを知ってもらいたいですね。

https://youtu.be/Wh8jld-QXGA

――映像だけでやってて本人が登場しないアーティストは普通になってきてますから珍しいことではないですが、こうしてメンバーさんがちゃんといて動いているのだから、そういう「バンドとしての形」を提示するのも効果的ですよね。

DAI:そうですね!ありがとうございます!あ、それから、HASHIさんはライブの入場で使うSE作ったり流してくれたり、MCのBGMを流してくれたりしてくれてるんですよ。僕たちギターソロでアレンジを加えて演奏するっていうライブスタイルではないので、DJの効果音で色付けするようなスタイルですね。

――確かにYELLOW SHOES MANは、”DANNY BOY”のように返し(ステージ上に音を返す足元にあるスピーカー)に足を乗せてギターをかき鳴らしたり客席を煽って叫ぶような音楽性じゃないですもんね。

DAI:そうですね(笑)だからブッキングとかなら“DANNY BOY”とは一緒にならないだろうなって思いますけど、一番仲のいいバンドです。撮影とか編曲もしてくれてますしね。

バンド名について

――「YELLOW SHOES MAN」というバンド名の由来を教えてください。

DAI:そもそもひとりで始めたときから、YELLOW SHOES MANって名乗ってたんですが、由来でいえば僕、大学のとき海外に留学してたんですよ。そのときファッションとかに興味なかったけど、ふらっと行った靴屋で友達に「この黄色い靴いいね。買っちゃえよ」って言われて買うことになって。で、その靴履いて出かけたりすると足取りが軽いというか、歩いてるだけなのに気分が明るくなるっていう、そういうなんか気持ちを曲にしてバンドとして他の誰かに味わって欲しいなって思って曲作りしたり。靴が黄色かったら下向いても明るくなれるなって。喜びの「喜」って「き」って読むじゃないですか。喜色で「きいろ」なんです。そんな色って素敵だよねってことで、黄色で、YELLOW SHOES MANって。そういう意味も込めてます。

――めっちゃ深いですね!素敵な由来が聞けて嬉しかったです!それにイメージとしてすごくわかりやすいじゃないですか。黄色い靴って。深く読み解かないとわからないとか、調べないと理解できない名前じゃなくて、「YELLOW SHOES MAN=黄色い靴」ってイメージしやすくて。

DAI:基本的に、それを意識してるかもしれないです。歌詞を書く上でも、楽曲やMVを作る上でも、わかりやすく、伝わるっていうことを意識して作ってると思いますね。比喩表現がいっぱいあるとかじゃなくて、できるだけ直球で伝えて「伝われ!」みたいな(笑)

インタビュー後編はこちら

https://musicloveits.com/archives/5368

アーティスト情報

https://musicloveits.com/archives/5485

(Photo by YELLOW SHOES MAN / Interview & Text by 倉田航仁郎




関連記事