1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】YELLOW SHOES MAN/今の三人だからこそ作れる作品という結晶【後編】

【インタビュー】YELLOW SHOES MAN/今の三人だからこそ作れる作品という結晶【後編】

2020年5月に現メンバーが揃い、大阪を拠点に本格始動を始めたYELLOW SHOES MAN。YouTube公式ページでは次々新しいミュージックビデオが公開されるも、バンドとしての輪郭が見えなかった彼らの本質に迫るべく、バンド初のインタビューを敢行。

バンドであってバンドでない。そんなYELLOW SHOES MANについて深く掘り下げた内容を全3回に渡ってお送りする、今回はその後編。

重要なのは「伝わりやすさ」

――歌詞を書く上でというところで、伝わりやすい言葉選びってどんな感じでしているんですか?歌詞作りについて教えてください。

DAI:本とか読むのあんまり好きじゃないから、日常的なことをメモったりしてますね。涙腺に触れるようなことを言葉にしてみたりとか。写真撮ったりもしてます。この前、祖母が亡くなったんですけど、そのとき祖父が祖母にあてたラブレターみたいな手紙がいっぱい出てきて、それを写真に撮って記録に残そうと思って、それを読み返して曲を作るときに参考にしたりしてます。そういう断片を違う場面とかも合わせて組み合わせたら、ひとつのストーリーになるとか、そんな感じで歌詞が生まれてますね。

――その辺り、MITSUGUさんやHASHIさんから「こんなフレーズ浮かんだけどどう?」みたいな提案はあったりするんですか?

DAI:あ、あれは?ごはんつぶ。

MITSUGU:そうですね、 “ ぼくらはただのごはんつぶ ” って曲と “ ほったらかし ” って曲があって、それは僕もちょっと参加しましたね。

https://youtu.be/ZcfNhbRAMMs

MITSUGU:この曲作ってるときDAIちゃんと一緒の部屋にいて、切羽詰まった状況だったんですけど……

DAI:明日ライブでその曲を演奏するって決まってて(笑)

MITSUGU:「明日ライブやけど、でもこの新曲やりたい!」ってのがDAIちゃん多くて(笑)「これキツイやろ」っていう現実は一旦置いといて、「これができたらめっちゃいいよね」ってのが多いんですよ。しかもそこは絶対曲げないんで(笑)そのときも、そうやって追い込まれてるときに、ノリで出たのがそのまま曲になったっていう(笑)

https://youtu.be/KKCtYqZDvJk

YELLOW SHOES MANとしての方向性

https://youtu.be/bLV3K_5ebRw

――ということはYELLOW SHOES MANのカラーとか、やりたいことが表現できた2曲ということになるんですね。

DAI:そうですね、そうなります。バンドとしてやりたいこととかは、“ ぼくらはただのごはんつぶ ” とか “ ほったらかし ” みたいな感じだと思うんですけど、きっと僕の声とかスタイルに合ってるのは “ 未来の花嫁 ” とか “ YELLOW SHOES ” とか、そっちだと思うんですよ。需要があるというか(笑)

――YELLOW SHOES MANとしてやりたいことと曲ってのは一致していると思っているんですが、これじゃなきゃダメだっていうこだわりがあるように見えなくて。だから、“ 花嫁 ” があったり “ ごはんつぶ ” があったりっていう、その振れ幅がバンドの魅力なのかなって思います。

DAI:そうですね、本当にいろんな曲が作りたいっていうのがあって。レトロな曲にハマっていて、その足がけが “ 未来の花嫁 ” だったりするし、もっとレトロな曲を作りたいとも思ってて。

https://youtu.be/pX75iIuugc4

DAI:それに、BassもDJもいるから、レトロプラス新しい音を組み合わせて、今までにない曲を作りたいって思ってます。

「バンド」という枠に収まらない「バンド」

――メンバー構成もそうですが、そうした柔軟なスタイルが、YELLOW SHOES MANが他と少し違うバンドに見える理由なのかもしれませんね。

DAI:そう、その辺もちょっと迷ってて。バンドっていう括りでいくのかいかないのかっていうところを、MITSUGUにもHASHIさんにも結構相談してるんです。ただ、周りから見たときにバンドって括りの方がわかりやすいよねって言われるからバンドって名乗ってますけど、僕たちとしては「クリエイター集団」って感じでいたいなって思ってます。

――確かに、「バンド」って言われたらイメージもしやすいし、紹介もされやすいかもしれないですね。でも、世の中にはデザイナーとかもメンバーとしてクレジットされているバンドもあるので、そういう意味では自由に考えてもいいかもしれません。

DAI:そうですね、だから多分、さっき言ってたFeaturingっていう仕組みも面白いかなって思ってますね。だから極論、僕のソロプロジェクトとしてしまってもいいけれど、出来上がった作品をみたらやっぱりYELLOW SHOES MANの作品だなって思うから、YELLOW SHOES MANの三人の作品だって思って作ってますもんね。でも前に、バンドも違うし、クリエイター集団もありきたりやしってことで、「クラブ」って名乗ろうかって言ってたことがあったよね(笑)

MITSUGU:「音楽クリエイターチーム」とかじゃなかったっけ(笑)一般的なバンドじゃないっていう自覚はあるから、そこをこだわりたくなってしまって、自分たちをどこのカテゴリに当てはめるのかっていう。バンドじゃないから、クラブというかチームというか。でもそれは、ちょっとひとりよがりというか、そこってこだわることじゃないなってなって。

DAI:結局「バンド」に落ち着きましたね。

MITSUGU:そう。親しみを込めて「バンド」です。応援してくれる人も「バンド」ってなってる方が応援してもらいやすいかなって思いますし。

DAI:そういう、「見てくれている側の意見」というか、客観的な意見を提供してくれるのがMITSUGUなんです。

――その辺り、HASHIさんは笑顔で見守ってる感じなんですか?

HASHI:そうですね(笑)でも僕は、DAIちゃんが作る歌詞とか好きで参加させてもらってるんですけど、それを本当に映像としてだけに留まらせず、ライブとしてお客さんを沸かせることができたらなって思ってます。

DAI:いいっすね。嬉しいっすね。

全員:(爆笑)

HASHI:こんないいものがあるんやぞって伝えたいですね。

正式な結成日とは?

――最後に加入されたHASHIさんは、外から見てたときと中に入ったときとでギャップありましたか?

MITSUGU:それめっちゃ気になる(笑)

DAI:でもそんなに僕らのこと知らん状態で入ったからイメージなくない?動き出してすぐ誘ったから(笑)

HASHI:んー、曲も聴いてて、その中に好きな曲もあったし、曲のイメージ的にいいものと悪いものって感覚でわかるじゃないですか。伝わったものというか、感じるものっていうか。それがあったから手を挙げたってのもあるし、これをもっと良くできるんじゃないかっていう幅がいっぱいあったんで、参加することによってもっと広げれるんやったら是非とも参加したいって思ったんです。こうしたらいいのにっていう僕の知識をYELLOW SHOES MANに注げたらなって。

――メンバーそれぞれがそれぞれの役割を持って、それを自ら進んで取り組んでるからこそ、今のようにたくさんのMVや楽曲が出来上がってるんですね。素敵です!でも実際、今の三人になってからってそこまで時間経ってるわけではないですよね?

DAI:いつだっけ?2020年の8月くらいかな?

HASHI:僕が入ったのは4月か5月ごろじゃない?

DAI:三人全員が揃ったってのが結成っていうなら、2020年の5月くらいになると思いますね。順次メンバーが増えていって本格始動したのが。

――MITSUGUさんは、ふわっと加入されたとお伺いしましたが、その時期っていつごろか覚えてますか?

MITSUGU:いつやったっけなあ……

DAI:2019年の1月くらいじゃない?

MITSUGU:入ったんは8月くらいやと思う。1月くらいのときは、まだCDの仕事として参加してたし。加入したときはベースじゃなくてMPCやったし。元々僕が学生時代にギターをやってたんですけど、ギター飽きちゃって、なんか音楽やりたいなって思ってたときにDAIちゃんからMPCもらってやり始めたときに加入したって感じ。それから、MPCも飽きたなって思ってベース始めたって感じですね(笑)

200人規模のイベントは始まりに過ぎない

――最後に、今後も目標などあれば教えてください。

DAI:今年の目標は、200人くらいの規模で来場者全員黄色い靴を履いてもらって、喜びをテーマにしたミュージックビデオを野外で撮影するっていう企画を考えています。アーティストに何組か出演してもらって、クラウドファンディングもする予定です。

――バンドとしては、どんな存在になっていきたいですか?

DAI:以前、音楽コンテストとかに出たことあって、そこで審査員の人が「黄色い靴の布教家」みたいに書いてくださったんです。それを受けて、黄色い靴の「祖」というか、「みんなで黄色い靴を履こうぜ」って言えるバンドになりたいです。これは果てしない、終わらない夢はそれですね。その第一歩が、今年の200人規模の企画です。それからだんだん大きくしていきたいと思ってます。

――なるほど!今後も楽しみにしています!本日はありがとうございました!

インタビュー前編中編はこちら

https://musicloveits.com/archives/5076
https://musicloveits.com/archives/5457

アーティスト情報

https://musicloveits.com/archives/5485

(Photo by YELLOW SHOES MAN / Interview & Text by 倉田航仁郎




関連記事