1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第36回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第36回

<毎週水曜日連載>




バンドマンと付き合いたいと思ってる方に 

どうも!おはそらこです!!
大阪で活動中の3ピースバンド
「街鳴り」のSorakoです!

最近は耳が聴こえにくくなったり、直近では背中痛めるというボロボロぶりで、歳には勝てないなと思いました。

30歳なんてまだ若いと思われる方もいらっしゃると思いますが、やはり10代や20代に比べたら歳はとってますし、ほっとけば治ってたものが治らなくなってくるものなんだなと痛感しました。

30歳はもう立派な大人なんだからと印象のレッテルもより厳しくなってくる歳です。
仕事でなんかやっても30歳なのにとか30歳だからとか言われてくるでしょうし、世間からも30歳なんだから早く結婚して子ども作らないととか、他の人こうだからとか、「〜なのに」「〜だから」って言葉を聞くことが増えてきそうですね(笑)

まあ、もう全て受け入れる覚悟はできてます!(`・ω・´)

ともうすぐ30歳で噛み締めてる中、やはりこの年齢と今までの連載でも恋愛伝を語ってますが、一般の人よりも恋愛経験が多いこともあって、恋愛のアドバイスを受けることも多いのですが、1番敏感に相談に乗ってしまう内容が、

「バンドマンと付き合いたい」
「バンドマンってどう思います?」

これが結構多いんです。
まあ、自分もバンドマンめちゃくちゃ付き合ってきましたし、今自分もバンドをやってるのでそうなのでしょう(笑)

私の答え的に

「バンドマンと付き合いたい」

答え→バンドに限らず、夢を追いかける人を好きになる、彼氏にするのは、彼の夢を自分の夢みたいに思えた方が良い。
いつか辞めてくれるって体で付き合うと絶対すれ違うし、逆に関係ないと思って自分の夢追いかけてた時に彼氏の夢が叶いそうになるとめちゃくちゃ嫉妬してまうと。
まぁ、私の実体験ですけどね(笑)
バンド以外も俳優を目指してる人や美容師目指してる人もお笑い芸人目指してる人も付き合ったことあるので(笑)

バンドという彼の夢をしっかり受けいられるなら良いと思うけど、バンドってやっぱり男女問わず人の繋がりが多い、絆も堅い。

浮気する確率も高い。浮気しない人が良いって言う人がいるけど、絶対しない人なんていないと思うんですよね。
例えば、毎日10人くらいの女性と会うことが多い人と、毎月1人しか女性と会うことがない人とどっちが浮気の確率多いと思います?
毎月1人の方が浮気しなさそうという判断になりませんか!?
その人の性格もあるでしょうが、やはりその人の環境によって心配がいるかと
島田紳助さんが言ってました(笑)

やはり出会いやすい数や人と話すことが好きな人は、知り合うことも多いし、仲良くなりやすいから
浮気しない男を選ぶなら、人見知りで、男しかいない職場とかあまり人と関わらないって人を選ぶべきと。

まあもちろんそんなこと言ったって10人十色なのでしない人はしないでしょうし、する人はするといった感じですが、あくまで覚悟は必要とはアドバイスしてますね!

あとバンドマンと付き合いたいなら出会い系アプリかひたすらアタックですかね!
ちなみに私はほぼバンドマンは出会い系のアプリで知り合いました(笑)

「バンドマンってどう思いますか?」

→ 一言でいうならば、かっこいい!
バンドマンはもちろん、夢を追いかける人ってかっこいいんですよ。
お金なくても少しの楽しみのために幸せかみしめて劣等感もあって、もうすべてがかっこいいと思えます。
だから私も夢や目標がある人を尊敬できますし、自分も頑張ろうと思えるので、
バンドマンという部類で考えるのではなく、「夢を追いかけている人」って考えて欲しいですね。

まあ世間的に『3B』という言葉があり、付き合ってはいけない3B、
①バンドマン ②美容師 ③バーテンダー って言葉があります。

どれも共通することは女性と関わりあうことが多い職業ということ。
それだけたくさんの女性が関わりますし、女は共有や噂事は特に大好きな人が多いので(自分も含め)、
噂の数が尋常ないという結果で、悪い印象が多いのかなと思いますね!

彼氏(彼女)がバンドマン、もし人に言うのが恥ずかしいと思うなら、
その人がどれだけの思いで夢を追いかけているのか詳しく知ればその感情は消えると思います。
夢のために何をやっているか、何を犠牲にしているか、どれだけかけているか
それを知れば他の人がとやかく言おうが一生懸命やっている彼氏を誇りに思えるでしょう!
もし彼氏が頑張っていないなら……尻を叩いて押し出してあげましょう(笑)

あともし付き合うときにバンドをやっている彼氏が好きなのか、バンド関係なくその人が好きなのかで考えるべき。
バンドマンと付き合っている私素敵という優越感、それも分かります。バンドマンの彼女だけが得られる特権です。
でももしその人がバンドをやめるとき、本当に彼が好きなのか、その彼を好きじゃない自分を恥じるときが来る人もいます。(私もありました)
やはりバンドがなくてもこの人といたいと思える人と一緒になるほうが幸せなので、
時間の無駄を省くためにもよく考えてから、お付き合いすることを私はおすすめしますね。

とまあ、30歳独身の女の戯言でした。

あとバンドのパートごとに傾向や性癖が違うという説があるのですが、
今までギターボーカル、ギターリスト、ドラム、ベースと全部のパート付き合ってきた私としては、まさにそうだと確信しています(笑)
詳しくはここに書けないので知りたい方は個別で聞いてください(笑)

正直夢を追いかける人を好きになると傷つくことは多いです。
自分が一番になれないから。
いつだって夢が最優先です。
自分は彼のためなら2番でも良いと思えるなら、私は夢追い人を好きなる資格があると思います。
私は自己中な女なので1番じゃないと嫌なので、バンドや夢を追いかける人を好きになるのはやめました。
いつか自分を1番に愛してくれる人が見つかって、私もその人を1番に愛せますように。

以上。

いつか自分のスナックでも作ろうかたくらみ中のSorakoでした。

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事