1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第24回

【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第24回

<毎週月曜日連載>




優劣じゃなくて個性

おはようございますこんにちはこんばんは!
パレットパレッツVo.のTanaka Emiカです!
3月がとうとう去って行ってしまい
4月に突入してしまいましたね。早い怖いっ
皆様いかがお過ごしでしょうか?
先週までは気温が高く桜も綺麗に咲いていましたが
今週はまた3月並みの気温に戻るそうですよ
服装に困る時期ですが風邪など引かぬように注意してくださいね

先日テレビをつけていると
歌が上手い最新歌手ベスト50という企画をやっている番組がありました
歌うこともそうですが歌自体大好きな私にとって最高過ぎる企画だ!と思い食い入るようにその番組を見ていました

しかしその企画の名前を聞いたとき
「歌手って歌下手やったらなれないのでは?」とも思いました

特別上手くなくてもなれるかもしれないけれど
特別下手な人はきっとなれない
特別下手ってなんかちょっと失礼ですよねすみません

世の中に歌手は数え切れない程いて
その歌手の中で更に厳選された50人って素晴らし過ぎる歌声の持ち主なんだろうなと思いそのランキングを見ていました

ランクインしている方々はどの方も納得で
なるほどなと思いながら見ていたのですが
ランキング、なのでやはり優劣がつきますよね

テレビ番組の歌うまランキングの企画の順位の中にランクインしている時点でそもそも劣っている方などいないのですが
上位、下位がある時点で
まるで勝ち、負けのような感覚に陥ってしまうというか

そのとき純粋に

「ランクインしている方々はそれぞれ本当に他ジャンルだし
それぞれ魅力が全然違うのに順位がつくのってなんか変な感じだな」

と思いました

私にも皆様にもそうだと思うのですが
好きな歌手の方ってきっと何人か、複数人いますよね
その中に歌がめっちゃ上手い人って絶対いませんか?
上手いとか下手とか分からなくても魅力的というか私の中のナンバーワンは絶対この人だ、と言えるというか

テレビでやっているランキングは
きちんと大学などで歌を学び尽くした声楽家の方々が選んでいるわけですし
きっときっと間違いじゃないはずだけれど
そのランキング上位の人より私の中のナンバーワンの歌手の方が、アーティストの方が魅力的や!と思ってしまったりしませんか
私は恐れ多いながらもそう思ってしまいました

自分の好きな歌手が技術的に超長けているか
そんなことは詳しくわからないし
なんならそれと好きなのはあまり関係なくて
その人が発信する主張、オーラ、癖、見た目もそうですし
いろんなものをひっくるめてその歌手を、アーティストを愛しているわけで

とはいえ最低限の技術は絶対要ると思いますし、あると思いますし
とてもとても鍛錬されているのは百も承知なのですが
その人に、曲に惹かれている理由は決して技術だけじゃないんだと痛感しました
極論めっちゃ上手くて凄い人にも魅力を感じない場合もあるわけで

共感であったり憧れであったり感動であったり色気であったり
個性は人の数それぞれあって
好みも人の数それぞれあって
大勢の人が好む傾向みたいなものは絶対あると思うのですが
人それぞれ選ぶ、好むアーティストってきっとその人の個性が凄く出ますよね

好きな色、柄、食べ物とかと同じで
その人の主張が分かりやすい、モロにわかるというか
そう思うと人の好きなアーティスト、歌手を聴くのってとても楽しいことだなと思いました

専門学校時代、ヴォーカルのコンテストがあったんですよね

やはりコンテストなので順位がつくし
順位がつくとそれを優劣として捉えてしまっていました。
順位が良くないと私の歌は駄目なんだ
私は選ばれなかったんだと毎回自己嫌悪に陥っていました。

そんなとき、ある先生に

有名な歌手3人、4人思い浮かべて
それに順位つけれる?つけられへんやろ?
この人が良い、って人がいれば違う人のんが良いって言う人もいる

審査員も全員人間やねんから好みは多少あるし
コンテストやから順位は嫌でもつくしつけなあかんけど
その結果だけ見て自分の個性をあかんと思うな

自分の個性は曲げたらあかん

ということを言っていただき、なるほどなと凄く思ったのを
その歌番組を見ながら思い出していました

今回は歌のことで話しているのですが
何に関してもそうなのではないかと私は思います

服でも料理でもなんでもそう
人の好みがあって個性がある
同じものを見ていても100点をつけて賞賛する人がいれば、0点をつけて批判する人もいる
それってきっと当たり前のことというか仕方ないことなんですよね

人と自分を比べてしまったり
人に人と比べられてしまったり
生きているといろんな場面で優劣というものを感じてしまいますが
好きなものと得意なことが異なっていたり
出来ることが周りの人より少なかったり
それもまたきっと個性なんですよね

その中で自分が何をするのか、どうしたいのか
選ぶ権利は間違いなく一人ひとりにあって
その中で自分が人より長けていることは
間違いなく一人一人にあると私は思っています。

「そんなん無いわ」と思った方がいるかもしれませんが
それはまだ気付いていないだけかもしれないし
ひょっとすると周りの人はそれに気付いていて
知らぬ間に評価されているかもしれないですよね

運動がめっちゃ出来ます、裁縫がめっちゃ出来ます
とかそんなことじゃなくても
人への気配りが出来るとか器が大きいとか
そういう出来そうでなかなか出来ないようなこと
誰から評価されるかわからないような部分かもしれないし
絶対に一人ひとり魅力を持って生きているのだと私は思っています
とか大口叩きつつ自分の魅力は未だ模索中なのですがそれはそれで良いかなと!
なんやそれという感じですよねすみません

良いところも駄目なところもきっと個性

それが他人にどう評価されるかは評価する人によって異なるし
自分がどう評価するかは自分の個性から来るもの

そう思えたらもっと楽にポジティブに生きられるような気がしました
ここまで考えているというのにまだまだ多分人からの評価や自己評価に囚われてしまいそうな今日この頃です

今回もこんなに長い文章を読んでくださった方……
本当にありがとうございました!
皆様もどうか自分の魅力に気付いて
もし自分で気付かなくとも周りの方に気付いてもらって
数え切れない程いる人の中で
どんな分野でも良いから選ばれて評価されますように

4月、新しい月があなたにとって素晴らしい月になりまくように
それではまた!

パレットパレッツ/Tanaka Emiカ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事