1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】カレラ/皆さんの好きを共有できるファンをどんどん増やしていきたい

【インタビュー】カレラ/皆さんの好きを共有できるファンをどんどん増やしていきたい

大阪を拠点に活動しているカレラ。Vo./Gt.れいちぇるの心地よくも力強い歌声が魅力の女性ボーカルバンドだ。

今回は、そんなカレラれいちぇるにzoomにて、コロナ禍におけるライブ活動やバンド名の由来、音楽のルーツ、そして今後の目標についてインタビューを実施した。

もっとライブに来てもらう努力が必要だなと感じたコロナ禍での活動

――本日はよろしくお願いします。早速ですが、先日のライブありがとうございました。久しぶりのライブハウス楽しかったです。コロナ禍でのライブでしたが、どうでしたか?

れいちぇる:ありがとうございました。そうですね、自分たちは大丈夫だけど、お客さんたちは来にくかったりするのかなって……。

自分たちがライブをするってだけじゃなくて、ライブに来てもらう努力をもっとしないとって思いました。配信だけでも来てもらえるようにとか、何か興味を持ってもらえるようなきっかけ、トリガーみたいなものが足りないなって。コロナ禍において強く思ってます。

――確かにそうですね。コロナでライブハウスへ足を運びにくく感じている人は多いと思います。

れいちぇる:そうですよね。それでも来れないことは仕方ないので、もう少しこっち側も見やすいようにすることも必要だから、やっぱり配信はやった方が良いなって思います。

――コロナの影響もあって、オンラインが主流というか、ひとつのライブの方法にはなったと思います。

れいちぇる:今までは、「配信はライブ感がないからちょっと……」とか「配信で見るより生で見る方が良い」って言っていた人たちも、こういう状況で配信を見ざるを得なくなって、意外と配信っていいねってなる。でもただアーティスト側はライブを配信しているだけでは意味ないなって思うところもあって難しいです。考えることが多過ぎて頭がパンクしそうです(笑)

――好きになってもらうキッカケはいろいろありますからね。音源やライブなどなど。それでも、きっかけを増やすことは大切ですよね。

れいちぇる:今は、まだ全然準備できてないんですけどね(笑)

――オンライン配信って機材など考えることが多くて大変そうです(笑)

れいちぇる:確かにそうですね。

――ちなみに、 “ 拝啓、ヒーロー ” は、今の時代に凄くマッチしてるなって感じました。今の時代に対して思いを曲にしたんですか?

れいちぇる:あの曲はいろんな人からイイねって言われるんですけど、たまたまですね。時代が追い付いてきただけっていう(笑)

――自分のところに?(笑)

れいちぇる:そうですね(笑)もともと、曲作るときに自分の本心でないことは歌わないようにするって決めてるんです。あとは、人の言葉を借り過ぎない。誰かが言ってたから一般的にはこうだよねって歌うのは、自分の中では違うなって思います。

――歌詞にもそういった想いが込められてる部分もありますよね。

れいちぇる:特に “ 拝啓、ヒーロー ” の中で言いたいことが、リスナーとアーティストに向けて2つがあるんですよね。

――なるほど。どういったことでしょう?

れいちぇる:リスナーに関しては、2番のサビの「こんな歌の行間も読めやしない 説明されなきゃ分かんねえ!ですか?」の部分ですね。アーティストっていろんな意味に捉えられるように歌詞を書く人もいれば、ストレートに歌詞を書く人もいるんですよ。

キツイ言葉を使ってるから、この人は過激な人ってわけではなく、その言葉を使うに至った理由もあるわけで、何でもかんでも批判から入らないで、まずは考えて欲しいなって。

――まさしく歌の行間ですね。アーティストに対してはどうでしょう?

れいちぇる:アーティストに関しては、最後のサビ「こんなんじゃ世界は救えやしない 数分の夢に酔いしれるだけ」ってフレーズに詰まってます。綺麗事ばっかり歌ったり、自分の本心じゃないことを歌ってても、自分が音楽で世界を救うんだ、音楽で人を救うんだみたいにヒーローになったような感覚に酔ってるだけであって、何も現実は変わってないよって想いがあります。

この曲のこと質問されたら、5時間くらい話せますね(笑)

――想いが込められている渾身の1曲なんですね。

れいちぇる:ライブで歌ってても気持ちいいですね。特にバンドっぽい曲なので。

――パンパンのライブハウスで演奏できたら最高ですね!

れいちぇる:頑張ります!

もともと改名を前提としていたバンド名

――Alley Dayからカレラへと改名されたわけですが、改名を決心した理由や背景ってありますか?

れいちぇる:もともとバンド名を決める時、以前の3人の正規メンバーと4人で考えてたんですけど、全然決まらなくて、「どうせ改名したらいいし、なんでも良いんじゃない?」ってなったんです。そこで、その日が何の日か調べて「横町の日」って分かって、それを英語にしたのがAlleyDayです。ならそれで良いんちゃうって感じで決めてました。もともとのバンド名が改名前提だったんです。

――まさか改名前提のバンド名だったんですね(笑)

れいちぇる:そうです(笑)そして、いつ変えようってずっと考えてたんですけど、そうこうしているうちにメンバーが旅立って、最終的に1人になりました。それならもう自分のタイミングで良いなって。11月ぐらいに一瞬コロナが落ち着いたじゃないですか。

――ホントに一瞬そんな時期ありましたね。

れいちぇる:年明けて1月も考えたんですけど、その間のライブを「改名するのにな……」って思いながらやるのも嫌だったんで、11月の頭に改名しようってなりました。

――なるほどです。カレラってバンド名の由来はどうでしょう?

れいちぇる:もともとバンド名の候補として、「ミッケ」があって。

――みっけ……?

れいちぇる:「見つけた」のミッケです。でもなんかポップだなって思って、ミッケってなった時に「夢のあと」とか「雨」とか入れた時に感情が追い付かへんかもしれへんって思いました。そこで何か良いのないかなって考えて生まれたのがカレラです。

名前の由来は、軽音楽部の時に「アイツら」ってバンド名があったのを思い出して、「アイツら」はぶっきらぼうだから「カレラ」良いやん!ってなりました。

作曲はその時々でハマった曲に影響されて

――話は少し変わって、れいちぇるさんの音楽のルーツについて聞かせてください。以前は、いきものがかりYUIが音楽のルーツっておっしゃっていましたが、最近に影響されたアーティストなどもいますか?

れいちぇる:最近かー……。昔から好きなのはいきものがかりYUIなんですけど、高校生の時にtricotってバンド好きになって、

https://youtu.be/3Yl_KNJGWN4

大学生の時はポルカドットスティングレイが好きになったりしました。

https://youtu.be/hTlsNbmmPKE

もともと、アニソンとかボカロも好きで、その時々でハマった曲があって、その曲のリズム感で曲を作ってみたりとかしてます。

こういう歌詞良いなって思うと、感化されて、自分の内面にもぐっていくみたいな。「私もこういうときあるわ~」って感じで。

――いろんな曲から影響を受けて作詞や作曲をされてるんですね。

れいちぇる:でも、周りの人ほどいろんな音楽は聴いてないですかね。

――そうなんですか?

れいちぇる:自分が好きになったアーティストとか好きな曲を永遠に聴きたいタイプなんですよね。

――それはすごく分かります。自分もそうです(笑)

れいちぇる:好きで興味のある曲だけ聴きたくて、勉強になるって分かっていても、ハマらなかったら1分も集中力が持たないんですよね。音楽聴いてるのに楽しくないって感じで。

――好きなモノを深堀していく、オタク気質みたいな感じなんですかね?(笑)

れいちぇる:そうだと思います(笑)洋楽とかも聴くんですけど、カッコいいなってなったら、そのアーティストばっかり聴いてしまう。だから音楽の話とかなるとちょっと小さくなります(笑)

――あんまり付いていけないって感じですか?

れいちぇる:というよりも、あんまり聴いてないのがバレるって感じです。聴いてる曲数自体は少なくないと思うんですけど、偏りがすごいです。

――なるほどです。得意なジャンルと、そうではないジャンルで差が激しいんですね。ちなみにですが、今と昔で音楽に対する考え方や姿勢って変わったりしましたか?

れいちぇる:社会人になったこともあって、無理しなくなりました。音楽を始めた時は何も分からなくて、言われるがままにライブに出るみたいな感じだったんですけど、途中で、いろいろと教えてくれる大人やライブハウスに出会ってから、「自分はそこまでしなくても良かったんや」とか「そこまで考えなくて良かった」みたいに気付くことがあったんです。そこから仲良しのアーティストも増えて、いろんなライブハウスで楽しくライブができるようになったんですけど、周りと比べてしんどいって気持ちはありました。

――周りと比べて?

れいちぇる:私は、音楽の専門学校に行きたかったんですけど、親を説得できなくて大学進学をしたんです。その中で、音楽の専門学校に行ってる子や、大学に入ってるけど音楽に全部突っ込んでる子とかに比べたら自分は勉強も大事やし、部活もしたい、でも音楽もしたい。なので、音楽に使える時間や使う時間が他の人よりも少ないなって。全部基準が他の人みたいな感じです。

――なるほど。ネガティブな感じで比較してしまったんですね。

れいちぇる:そういう時期もありました。でも良くないなって思って、バンド始めた時から自分たちのペースでやろうってなりました。周りのバンドがどれだけライブをしようが、うちらはそんなにしなくていい。

――ソロからバンド活動になって、大きな変化があったんですね。

れいちぇる:そうです。ソロってどこまでいっても1人なんで、めちゃくちゃ融通効くんですよ。例えば、自分の都合さえ空いていたらライブも行けるし、遠征もいけるみたいに。でも、バンドってなると他の3人を連れて行かないといけない。

――確かに動きやすさは全然違いますよね。

れいちぇる:それぞれ同じ家で生活してるわけでも、同じ職場や学校でもないので、予定がバラバラっていう。そうなったら、限られた時間でやれることをやるしかないなって方向にシフトせざるを得なかったです。

――今の自分の環境を悲観し過ぎないってマインドに変わってきたんですね。

れいちぇる:そうですね。無理し過ぎるのも良くないし、無理し過ぎないのも良くないなって思います。

どんどん皆さんの好きを共有できるファンの方を増やしていきたい!

――では、最後に今後について聞かせてください。まず、2月7日にちょこフェスサーキットツアー大阪編に出演されましたね。初めてのフェスとのことですが、意気込みはどうでしたか?

れいちぇる:音楽活動を始めた頃は、いつかはフェスみたいに多くの人に見てもらえるステージに出たいなって思ってたんですけど、「あ、出れるんや!嬉しい!」って感じました。

いろいろ挫折したり、「これで良いんかな?」って思ったこともありましたが、なんやかんやで聴いてくれる人もじわじわと増えてきてるので「大丈夫!」と思ってます。でもこんなご時世でちょっと、わかんないですけど、いろんな情報とか環境のせいにしたり、惑わされずにやっていこうと思います。

――ありがとうございます。それからMVも公開されましたね!

れいちぇる:そうです!夕暮れの帰り道、音楽辞めちゃおうかなって思いながら歩いてたあの日の自分へ、今だから言えることを歌にしました。 歩く歩幅の違いで、誰かと比べなくていいんだよって、今なら言える、そんな曲です。

――あと、現在メンバー募集もしてますよね?

れいちぇる:してます。興味のある方はHPの問い合わせから送ってもらえればと思います。

カレラ official site

――募集しているパートはなんでしょうか?

れいちぇる:ベース、リードギター、ドラム、それとキーボードですね。

――ありがとうございます。どういった方に来て欲しいなどありますか?

れいちぇる:とりあえず、私の曲が好きな人ですかね。あとは、いろんなことに好奇心のある人。「こういうのしてみたい」、「こういうのどうかな?」って思ってもらえる方だと嬉しいです。

あ、コミュニケーション能力はあってもなくても、私がなんとかできると思うんで笑

――れいちぇるさんがコミュニケーション能力高いですからね(笑)

れいちぇる:シンプルに曲作りに前向きに好奇心たっぷりの人お願いします!(笑)

――では、最後に今後の目標やファンへのメッセージをお願いします。

れいちぇる:いつもカレラれいちぇるを応援してくださっているファンの皆さんありがとうございます。

配信のコメントだったり、Twitterのリプだったり、グッズを買った時の「嬉しい!届きました!」っていうコメントで、自分の曲が必要とされてるなとか、自分の曲を大事に聴いてもらえてる人がいるんだなと思って、活動の糧に、生きる糧になっているので、これからも応援よろしくお願いします。

本当にどんどん皆さんの好きを共有できるファンの方を増やしていきたいと思いますので、努力します。コンテンツを増やします。

何かあった時は友達みたいにリプしてもらっても良いので、皆さんの日常に寄り添える曲、似合う曲を作りたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

――今回はいろんな内容のお話をありがとうございました!

カレラ関連記事

アーティスト情報

(Photo by カレラ / Interview & Text by あず




関連記事