1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第23回

【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第23回

<毎週月曜日連載>




忘れないうちに味わい尽くせ

おはようございますこんにちはこんばんは!
パレットパレッツVo.のTanaka Emiカです
皆様いかがお過ごしでしょうか?
もう3月も終わってしまいますね……
4月に突入し、いよいよ春が始まります
皆様は春が好きですか?
私は春という季節が一番苦手です!
始めからマイナス発言をすみません過ぎます
でも桜やお花見は大好きです

何故か毎年のように絶対に5月病になる気がしていまして
思い込みなんですかね
なんか暖かくなってきて花が咲き乱れて
幸せな雰囲気というかそういうのがもう小学生位から苦手で苦手で
特にゴールデンウィーク辺りが一番しんどくて
冬に戻るか夏になってくれと強く願ってしまいます
花粉症でもないのにどうしたのでしょうか

毎年のように出会ったり別れたり
それは春という季節だけじゃなくどの季節でもそう
毎日のように行われている事だと思うのですが
皆様はそういう思い出、場面、人の事を鮮明に覚えていますか?

出会い別れだけではありませんよね
楽しいこと、しんどいこと、生きていればそういうことが毎日のようにたくさんあって
それが日々重なって今の自分がいて人生があると思うのですが
その記憶って結構曖昧な気がしませんか?

科学的なことは全然わからないのですが
私の体感的に、ですが結構不鮮明というか信ぴょう性が無いというか
記憶とか思い出とかって写真や動画が残されていたとしても
脳の中でその場面を正確にずっと覚えているのって難しい気がしています
私が忘れやすいだけなんですかね

もし自分は覚えている!わかっている!と思っていたとしても
知らないうちに美化されていたり
逆にとても悪い思い出になっていたり
冷静にその出来事を見るのは難しくて
その時の感情や、その時を今の自分の目線から見て
あの時はああだったなと振り返ることが多い気がして
思い出をそのまま覚えていて、冷静に頭の引き出しから取り出すのはほとんど不可能なのかなと思ってしまいます

忘れること、というのを考えた時に
私は第一にとても寂しいことだなと思いました

なぜ寂しいのかは皆様の想像と多分同じような感じだと思うのですが
この楽しい時間、仲間ともう過ごせなくなって
この素晴らしい時間もどんどん思い出になって
いつか忘れて行くのかな
こんなに頑張った部活も通った道も覚えた単語も忘れて
忘れなかったとしても脳の中で優先順位は下がってって
皆別々の道を歩んでいく。
別に悲しいことじゃないのにもう当たり前が当たり前じゃなくなって
環境が変わっていくのがなんだか切ないな、みたいなことを考えました

しかし、忘れられて嬉しいこともあるかもしれないなと最近は思います
忘れられて嬉しいと言っているくらいなので
自分の中でもう頭の片隅にも無いことかもしれませんが

自分が犯した失敗、他人に傷付けられたこと
そういうのってちゃんと覚えて向き合って反省改善することも大切というのはわかっている、と思いたい、わかるんです
でも毎日のようにその時のことを鮮明に覚えていて考えていたら
反省改善や向き合うどころかそのことばかり考えてしまって
もうそればかりに囚われ、永遠に次の行動や考えに動き出せない気がするんですよね

忘れちゃいけないことはあるけれど忘れた方が楽なこともきっとたくさんある
忘れた方が楽だけれど忘れられないこともたくさんあると思います

先程も同じようなことを言った気がするのですが
記憶って時に美化されたり現実より悪いように思い出してしまったり
もうその時の出来事だけじゃなく自分の気持ちが思い出を塗り替えてしまったり
いろんな人に語り継ぐことによって変化すると思うんですよね

現実では記憶の中では止まったままの人もどこかで生活をしていて
あの時とは違う環境の中で生きる、見た目や性格が全く違う人になっているかもしれないし
あれだけ傷付いたと思っていたことも今考えてみるとそんなこともたまにはあるかで片付けられるレベルのことだったかもしれないし
その判断ってとても難しいですよね

何年か前に、凄く凄く辛いことがあって
仕事中も泣いてどうしようどうしようと周りに相談しまくっていた時期があったんですけど
大抵の人は時間が解決すると教えてくれました
それまでは耐えるしかない、という意見ですね

後もう一つ。

仕事でも趣味でもなんでも良いからいろいろやりまくって
毎日を忙しくする、考える時間すら無いように生活する、という意見もたくさんいただきました
でもその時の自分の意見としては、それが出来たらこんなに悩まない、とやっぱり腑に落ちず毎日泣いていました
しかしその中に腑に落ちた意見がひとつあって
腑に落ちたというかなるほどな、と思った意見なのですが

「人間は嫌でも忘れてしまう」ということ

楽しい出来事も辛い出来事も寝て起きる生活を重ねる度薄れていって、いくら覚えていたくても忘れてしまうんだ
だから楽しいことも辛いことも全力で味わえ
この感覚はもう二度と取り戻せないんだから
忘れてしまう前に味わい尽くせという意見です

確かに、似たような気持ちになることはあるかもしれないけれど
今この場所でこういう環境の中でこういう気持ちになれるのは今だけかもしれない
それなら向き合って、それが例え自分にとって痛い現実でも味わい尽くしたら人として少しは変われるのかなと思いました

他人にしんどいしんどいと言いまくるだけじゃなく
自分の中で向き合って噛み砕いてみたら?とアドバイスをいただき
そこまで強くない私はそうすんなり出来ませんが
そうするように心掛けるようになりました

心が張り裂けそうでも恥ずかしくて悔しくて辛くても
「こんな気持ちになれることはない、味わえることはむしろレアだ!」と少し思うだけで
案外むしろ楽になれたというか。

前回の記事で「劣等缶チューハイ」という曲の歌詞解説をしたのですが

その曲の歌詞の中に「どうしようもなくアンバランスな日は あえて格好付けて戦え」という部分があって
そこの解説であえて向き合った方が楽なこともあるみたいな内容を書かせてもらったかと思うんです
記憶が曖昧でごめんなさい
その考えの中に、「むしろ味わってやれ!」精神も少しあります

皆様にもきっと忘れたいこと忘れたくないこと
たくさんあると思います
私の考えが全てではないし、むしろ変わっている方だと思いますが
気負いし過ぎずに逆に?精神で考えてみたり
他人の些細な一言で結構楽になったりすると思うので
くれぐれもしんどくなり過ぎないように生きてくださいね
誰が言うてんねん誰目線やねんって感じですよねすみません

季節の変わり目で体温調節難しい時期ですがくれぐれも風邪など引かないようにしてくださいね。
今回も長々とここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます
皆様の毎日に忘れたくない程幸せなことがたくさん起こりますように。それではまた!

パレットパレッツ/Tanaka Emiカ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事