1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第28回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第28回

<毎週金曜日連載>




あじ についての考察

僕が中学の時によく聞いた
「プリン」+「しょうゆ」=「うに」
ってありましたよね?

試した事はないんですが
同時期に同じくよく聞いた
「マグロ赤身」+「マヨネーズ」=「大トロ」
は、試してみましたが
シンプルに美味しいマグロ赤身になりました。

あの
「プリン」+「しょうゆ」=「うに」
も実は、ちゃんと根拠があるらしく

九州大学工学部教授が
自身で開発した味覚センサーで
「うに」と
「プリン」+「しょうゆ」=「うに」
両者の味パターンを分析したところ、
甘味・塩味・苦みに関しては
ほとんど全く一致するという
驚きの事実を突き止めたらしいです。
うま味・コクについては「うに」のほうが高く、
完全に一致とまではいきませんが、
少なくとも両者の味がかなり似ている
ということは科学的に正しいことのようです。

調べてみると他にも
「豆腐」+「ヨーグルト」=「レアチーズケーキ」
これはちょっと想像つきますね。
豆腐ハンバーグみたいに元メニューより
糖分も抑えれるのでダイエット食になるかもしれません。

「麦茶」+「牛乳」=「コーヒー牛乳」
これはなかなか冒険ですね。
麦茶10に対し牛乳3で混ぜてちょっと砂糖を入れるらしいんですが
失敗したパターンを考えると
恐ろしいです。

「たくあん」+「牛乳」=「コーンスープ」
これについては無謀な感じすらありますが
たくあんを口の中で噛み砕いて、
牛乳を飲むと
一瞬コーンスープのような味わいになると
あるんですが
たくあんが、まず固形ですからね。
ここがコーンの役割とかでもなさそうですし
しかも一瞬コーンスープのような味わいとは?
一瞬にかけるリスクが高過ぎますね。

そもそも味って何なんでしょう?
甘味?塩味?苦み?辛味?
僕がずっと思ってたのが
『温度』と『空気』です。

『あったかい』って味やなぁと
ずっと思ってて
『あったかい』時は美味しいのに
冷えたら不味いモノってありますよね?

グラタンとか角煮とかあんかけ的なモノとか
マックのポテトとかも
冷えたら不味いって言う人もいますよね。

少なからず大体のモノは
『あったかい』方が美味しくて
冷えたら不味いモノの方が多いと思います。

もちろん料理した後、冷ます工程があるモノを除きますが
例外で言うとお弁当の「白身フライ」だと思います。
とっても僕の個人的な意見にはなりますが
お弁当の「白身フライ」は
冷えた方が美味しい気がします。

それに気付いた感動がデカ過ぎて
22才くらいの時お弁当屋でバイトしたことある位です。

あと思うのが『空気』ですね。
その場の『空気』とかではなく
シンプルに『空気』を含んだモノが好きです。
パイ生地好きですし、
チョコよりエアインチョコが好きです。

味って不思議ですね!

ネコレクション/愁人

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事