1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】文藝天国/文から始まり、藝に化けて天国に終わる

【インタビュー】文藝天国/文から始まり、藝に化けて天国に終わる

高校在学中から東京を拠点に活動を開始し、独自のセンスと文学的な世界観で幅広い世代から高い支持を得ている文藝天国

しかしその素顔は謎に包まれており、ミステリアスな雰囲気を漂わせている。そこで今回は、コンポーザーであるko shinonomeと映像やビジュアル周りを担当するすみあいかのふたりにインタビューし、その素顔に迫った。

文藝天国は、表現したい形を具現化したもの

https://youtu.be/KghB_OZ0IxU

――本日はよろしくお願いいたします!文藝天国、正直とてもミステリアスな雰囲気のバンドなので、今日はそうしたところに迫っていきたいと思っています。まず最初に、活動のきっかけをお聞きしていいでしょうか?koさんは中学のときから作曲活動をしていたとのことですが、そこから文藝天国へはどういう感じで繋がっていったのでしょうか?

ko shinonome (Com.):文藝天国で映像を担当している、すみあいか(あいか)と一緒に作品を作ろうということで、2019年にふわっと始めました。

すみあいか (Vis.):元々koくんとは前から知り合いだったんです。彼はずっと曲を作っていて、私は絵とか描くのが好きだったから「どんな形になるかわからないけど、いつか一緒に作品を作れたらいいね」って話をしてて。それで、koくんが高校2年生のときに「卒業制作で、アルバム作品を作ろうと思ってる。MVとかも撮ろうと思ってるんだよね」って言ってるのを聞いて。そのとき私はMVとか撮ったことなかったけど、じゃあ私撮るよって言って始まったって感じです。

――撮ったことないっていうのは撮影も初めてですか?

あいか:はい。高校で写真部だったから写真撮影はたまにしてたんですけど、動画は一回も撮ったことなくて、動画編集ソフトとかも知らない状態だったんです。そこから、(動画編集ソフトの)PremierProをダウンロードして、動画も初めて撮影して、初めて作ったのが “ アイスクリイムは溶けるから。 ” のMVです。

https://youtu.be/svSXsHSyH2E

――それはすごいですね!最初に「人に歌ってもらう」という話が出たときに、すみさんは「私が歌うよ」ってならなかったんですか?

あいか:えー、いや、なんか歌とかも憧れるけど、なんとなくやめました(笑)

ko:ボーカルは別で探すことになりました。

――いや、斬新だなと思ってたんです。バンド作ろうってなったら、通常はギターやベース、ドラムなどのプレイヤーを集めていくと思うんですけれど、文藝天国はそうじゃなくて。歌い手とクリエイターを正規メンバーとしてクレジットするというのは、あまり見たことがないから不思議だったんですが、そういう経緯があったということで納得できました!では、ギターと歌以外は全部DTM(打ち込み)なのでしょうか?

ko:そうですね、ギターとベースは僕が弾いてて、1stアルバムのときはドラムが打ち込みでした。今回のアルバムからドラムもサポートで入ってもらって全て生演奏でやってます。

――文藝天国の作品って、すごい透明感があって刹那的、そして焦燥感もあって素敵だと思っているのですが、koさんが元々作られていた楽曲がこういう世界観なのですか?それとも、文藝天国として新たに立ち上がって、映像とのコラボも見えてきたからこういう世界観にしようっていうことになったんですかね?

ko:曲に関してはまだ確立してきたわけじゃないんですけど、文藝天国での曲作りは、最初から完全に出来上がったものをあいかに「映像よろしく」って頼む感じじゃないんです。ワンコーラス目だけのデモ状態で渡して、MVどんな感じにしよう、じゃあこういう歌詞にしようか、こういう映像にしよう、このキメのところで映像こうしようって決めていってて。これって、よくバンドである、ボーカルが曲を弾き語りとかで作ってきてスタジオでみんながそれぞれのパートをアレンジしていくっていうのと一緒で、僕が音楽、彼女が映像っていう担当で一緒に組み立てていってる感じです。

――全部の曲に映像があるわけじゃないと思うんですけれど、映像が絡まないものについてはkoさんがおひとりで動かれてるんですか?それとも、全部の楽曲が映像をイメージした状態で作品が生まれていっているんでしょうか?

ko:一応、全ての楽曲でイメージがあります。

あいか:全曲、映像の企画はあるから、条件さえ揃えば全部映像が作れますね。

――それはすごいですね!だからこそ、あのようなしっかりしたイメージとメッセージ性のある楽曲と映像が出来上がっているんだなと理解できました。

メンバーは作品を作るための裏方であり、主役はあくまでも作品である

――MVでも気になっていたのですが、よくある演奏シーンがなかったりとか、アー写にしても顔出しがなかったりとか、メンバーの露出を極力抑えてるように感じています。それは高校から動き出してるところもひとつの理由かと思いますが、そうしたブランディングの狙いについてお伺いしていいでしょうか?

あいか:MVで演奏シーンを出さないというのは、単に私のこだわりというか。私はMVを作るときに曲とは別に物語が映像の中で完結してほしいので、そこに演奏シーンが入ってしまうと、物語にフィクション感が出てしまう。それに演奏シーンってあまり撮るバリエーションがないので、間を埋めるみたいな感じで入れたくなくて。もし撮るんだったら世界観をガチガチに固めて演奏シーンだけでいつか撮りたいってkoくんと話してました。だから今のところ、演奏シーンがMVに入ってないんです。

――そういうことでしたか!つまり、ブランディングではなく、作品の世界観を優先した結果、今の形になっているということなんですね。

あいか:はい。映像に関してはそうですね。アー写については少し違って、私たちはメンバーだけどボーカルのハルを含めて全員裏方っていう立ち位置なんです。メインはあくまでも作品で、自分たちはそのコンテンツを作ることに徹してます。だからSNSも使い分けてて、文藝天国の公式アカウントは最低限のことしか言わないし、ファンの人がリプをしてくれたら反応するくらい。前にファンアートを描いてくれた方がいて。

ファンアート

「この色が素敵!」「この線がいい!」と思っても公式アカウントでは言わずに、個人アカウントでしっかり伝えてるんです。なので、文藝天国の公式アカウントでは、感情をほぼ排除してますね(笑)

公式アカウント
すみあいか個人アカウント

――それですね、文藝天国に漂うミステリアスな雰囲気の理由は(笑)そうなってくると、ライブのように人前で演奏するようなパフォーマンスは視野に入れていない感じなのでしょうか?

ko:ひとまずワンマンライブをしたいなって思ってます。それから対バンなどもしていきたいです。

あいか:やりたいライブの形はいろいろあるけど、今は映像制作とか作品作りの方を優先したいなと思っていて。でも、無限にアイデアはあるんです。

ko:文藝天国の作品の中に実際に入れるような、ひとつの作品としてのライブができたらいいなと思います。今後そういうライブをやっていきたいなと思います。

――音楽を演奏して楽しんでもらうより、作品の中に入って体験できる形ですね。そういえば、少し話は変わって、すみさんは写真部でしたが、軽音部には入ってなかったんでしたっけ?

あいか:軽音部には入ってなかったのですが、クラスの子とバンドを組もうとしていたときがあって、ベースをちょこっとやっていました。高校時代、6個部活に入ってて(笑)写真部と美術部、イラスト部、CG研究会。あと吹奏楽部は半年でやめましたけど、他にJAZZ楽団とか。サックスとパーカッションをやってました。

――ほぼクリエイター関係の部活ですね!何かを生み出すことが好きだということがすごく伝わりました!koさんは何部でしたか?

ko:僕は軽音部でした。バンドでずっとギターやっていて、ライブとかもライブハウスでやってました。オリジナル曲で、僕の曲だけじゃなく、みんなで作ってた曲もありましたね。そのときは70年代〜90年代の洋楽ハードロックをゴリゴリやってて。中学の頃から高一の始めまでボカロをやっていて、そっからボカロをやめてバンドをやり始めて、その後文藝天国を始めたので、ボカロで作ってた感じとバンドのゴリゴリロックな感じが合わさって今の文藝天国ができてるんだろうなって思います。

――確かに、文藝天国ってあの透明感の中でも異質ですもんね、ギターのアプローチが。それでもしっかり馴染んでいて、いいアクセントになっている。そういう経験などを含めて、文藝天国の世界を作るんだったらこのメンバーで、この構成だなって思って集められたということなんですね。

ko:というよりは、この構成だから出来上がったという感じですね。

作品のコンセプトは文藝天国そのもの

https://youtu.be/p6kqlKK1Wxg

――文藝天国の方向性や舵取りは、全部koさんが担当しているんでしょうか?

ko:そうですね。

あいか:「こういうことを考えてる」とか「こうしようと思ってるけどどう?」って聞いてくれます。でも最初からまっさらな状態で「何したい?」っていうのはないですね。いつもちゃんと自分の中にあって、それを伝えてくれる。

――では『文藝天国』っていうバンド名も、koさんが考えられたものでしょうか?

あいか:最初に “ アイスクリイムは溶けるから。 ” で私がMV撮るよってなったときも先のことはなにも決まってなくて、koくん的にもこのプロジェクトをずっとやっていくつもりも最初なくて、ほんと卒業記念にして終わりにするっていう感じだった。でも “ アイスクリイムは溶けるから。 ” の撮影準備でいろいろやってるときにある日突然「名前決まったわ。文藝天国。どう?」って言ってきて(笑)「芸を難しい方の藝にしたいけど、国も難しい方の國にするか迷ってるんだよね。でもそれだと結構ゴリゴリかなー?」って。あーそこまで決まってるんですねって(笑)

ko:(笑)

あいか:それ聞いて、「YOUいいじゃん!」ってなって(笑)でも「国」は簡単な方でいいと思うよって言って決まりました。

――もうその時点で表記の問題になってるから、ほぼ決定事項で、それを聞いていろいろ候補を出して考えたわけじゃないんですね(笑)koさん、そのバンド名に込めた思いってどんなものだったんでしょうか?

ko:文藝天国」っていう名前を思いついたときに「これだ!」ってなって。名前に込めた思いは、コンセプトとして「文から始まり、藝に化けて天国に終わる」ってのがあったんです。

文は音楽。音楽を書き始める。藝は映像とかのことで、そうして作品を作っていって、出来上がったものが文藝天国だって意味を持たせてます。

――結構悩まずにポンっと出た感じですかね?お話をお聞きしていてkoさんは、名前を含む作品に関してあまりそこまで悩まず、感性に従っているように感じました。

あいか:悩むときは結構悩むんですけど、最終的には「これだ!」っていうのが絶対見つかるから、そこさえ見つかったらあとは直進する感じですね(笑)

――なるほど。それは作品を作るときもそのような感じなのでしょうか?例えば、タイトルがあって中身を埋めていく感じなかなって。シングルが出てアルバムができる感じが一般的かと思いますが、文藝天国はアルバム単位で出てくるので、アルバム1枚の中で物語が完結している。だからこれもタイトルがあって、あとから中身を作っていったんでしょうか?

ko:そうではなくて、タイトルというか、「こういう感じの曲にしよう」という副題があるんです。逆に、タイトルは大体決まらなくて、今回のアルバムも5曲目に “ おいしい涙 ” って曲があるんですけど、これもCDデータ入稿の2日前くらいに決まったくらいで(笑)

――そうやって断片的に作っていった曲を、ひとつのテーマにそって集めてアルバムを制作している感じですか?

ko:「こういうアルバムを作ろう」っていうんじゃなくて、文藝天国の曲は作品同士で違う世界観になることがあまりないので、アルバムとしてのコンセプトは決めて作ってはないですね。

――なるほど!どこを切り取っても「文藝天国」だから、あえてコンセプトを設ける必要もないんですね。素敵です!そうなると、今回のアルバムに付属している小説なども、アルバムを作ろうとなったときに音楽表現から溢れたものをそういう形で表現しているのでしょうか?

ko:そもそも、これからの文藝天国の楽曲や作品を全部ひとつのアルバムに収めても違和感ないくらいの感じでやっていくので、アルバムごとにコンセプトがあるより、文藝天国というコンセプトがひとつの形になるんです。今回のアルバムもショートショート(短い小説)とか16ページの写真集とかも、アルバムのコンセプトというよりは文藝天国全体を通しての表現のひとつですね。

あいか:1stアルバムの『プールサイドに花束を。』のとき、私はMVだけでCDの制作には全然関わってなくて、koくんがデザインも全部してって感じで作っていたんです。1stの歌詞カードとか見ると、白に歌詞が小説みたいに載ってるみたいな。じゃあ今回2ndアルバム作りますってなったとき、今回初めて私がCD作る場に参加したので、結構私のわがままというか「これ写真に歌詞重ねたら絶対いいから!」って言ってゴリ押しでやった企画なんです(笑)で、載せる写真を選んでkoくんに送ったら、最後に送った写真をすごい気に入ってくれて。「これすごい!俺、この写真に文章書きたい!」ってなってショートショートが出来上がりました。

――互いの意見が混ざり合って作品になっていってるのがすごく伝わりました!そんなみなさまは、現在は次回作に向けて制作を始めている感じですか?

あいか:今デモ段階の曲があって、それを元にMVの企画を頭の中で作ってます。

ko:僕はデモをたくさん作ってます。

――たくさんある中から映像化する曲ってどうやって選んでますか?

あいか:映像制作するにあたっての季節とスケールに対して予算があってるかどうか、ですね。元々2ndアルバム出すってなったとき、リードトラックとして作るMVは実は “ 宿命論とチューリップ ” の予定だったんです。文藝の色はあるけどポップでキャッチーだから、これを出そうと思って。映像の中でどうしても桜を出したくてその撮影をどうしようかってなってるときに、世の中が緊急事態宣言になってしまったから、この作品は来年に延期しようってなって、それ以外でどの曲を撮るかってなって “メタンハイドレート” になったんです。

ko:“メタンハイドレート”は、映像と曲と音楽と全部合わせて、今の文藝天国を代表できるかなと思いました。

https://youtu.be/t8AKrAFqqxw

――今回のインタビューで、文藝天国の曲が「楽曲」というより「作品」と呼んだ方がしっくりくるのは、そういう背景があったからなんだなと改めて納得しました。最後に今後の目標をお聞きしていいですか?

あいか:今の時点では音楽と映像と写真、文章ってところで表現は主にこの4つですけど、もっといろいろな手段を使って文藝天国の世界を表現する方法を広げたいなと思ってますね。

ko:音楽と映像を軸にしながら、他にもいろいろ進出していきたいと思っています。

――ありがとうございました!

独自路線で表現を追求する新進気鋭のアーティスト

ライブハウスで演奏することに固執せず、YouTubeや配信で楽曲を普及させることが一般的となりつつある世情の中で、確固たる世界観と、ハイセンスかつハイクオリティな映像・楽曲を武器に一歩抜きん出た存在として異彩を放つ文藝天国

何かに媚びることもなく、自分たちの表現したい形を徹底的に追求していく彼らは、今後もさらに躍進し、音楽業界の新たなスタンダードとして風穴を開けてくれることだろう。今後も要チェックのアーティストである。

好評発売中の2ndアルバムのプレスリリース

アーティスト情報

(Photo by 文藝天国 / Interview & Text by 倉田航仁郎




関連記事