1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第28回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第28回

<毎週水曜日連載>




恋愛の花が枯れました

どうもおはそらこ!
大阪で活動中の3ピースバンドの
街鳴りのギターボーカル
Sorakoと申します!

遂に新年迎えて1ヶ月経ちまして
今は2月になりますね!

周りから今年30なるの?!
時が経つの早いねーとよく言われるようになりまして
それとセットで彼氏できた?
好きな人できた?の質問責めの
日々でございます。

わたし、もう恋愛する花は
枯れたかもしれないとか
かっこつけた言葉を放っていましたが、
よくよく考えると最後に彼氏と別れたのが
去年の9月なんですけど、
そっからまだ4ヶ月しか経ってないことに
気づいてゾッとしました(笑)
いやまだ4ヶ月かよ!って(笑)
もう3年彼氏いないやつみたいな
黄昏台詞でしたが何もかっこええこと
ありませんでした(。╹ω╹。)

最近というか去年末から
わたしみたいなやつを好きと言ってくださる
神のよう人たちがいたんですが、
わたしはその人たちのことを
恋愛対象に見えないとさよならして気づいたんです。

恋愛自体に今興味がないのだと。

それは想像してわかりました。

この人じゃなくて、例えば今あのタイプの人が好きと言ってくれて
付き合えるのか恋愛の行為ができるのかと……
今までのわたしなら妄想ができました。(何の報告)
でも今はそんなこと考えるだけで
寒気がして吐き気がします。

おそらく男性と手を繋いだり2人っきりになったりそういうことすら
拒否反応が起きてしまっているようです。

その理由もわたしの無駄な豊富な恋愛経験があるわけで。
この人と結婚したい!この人とならずっと好きでおれる!
と思った人にフラれてくることも多く、
自分が原因なのですがいつしか恋愛に対して、
諦めの気持ちが高くなってしまったようですね(笑)

男は星の数ほどいる、
35億いるとブルゾンちえみさんも
言ってましたが、35億から好きな人を見つける
気力ももう持ち合わせていないのです(笑)

気付かぬうちに人を信用することができなくなっていったみたいで
自分なんてあかんやつやと思います。

かなりやらかしている自分ですが、
少しずつ心開き始めた人もいます。
偉そうですし何様な感じですが。

本当に好きになれるかもわからないですが、
どんどん知れたら良いですねって気持ちです。

また誰かを傷つけないために
恋愛もやめようと思いましたが、
やめるもんやないですよね、これは。

人を好きになるきっかけなんて
単純なときもあると思うんですよ。

いつも見ててずっと昔からあるけど
食べたことなくてそんな美味しくないやろなって
思ってたメニューをなんか食べたくなって
不意に食べてみたら忘れられない味になった
みたいな(笑)
こんなことないですかね(笑)

こればっかりは自分でコントロールできるもんではないですが、
誰も傷つけたくないって気持ちは忘れずに
生きて行こうと思います。

まあわたし本当にやばいやつで、
最近、知らないエロ漫画のサイト見たら
携帯がウイルス?に感染されて
職場の後輩たちに言ったら
「いややってること中学生w」って
爆笑されたイタイ女です。

今年30。
これから結婚するかも子どもを授かれるのかも分からないし、
幸せと思って死ねるのか分かりませんが、
考えすぎたら吐き気するので
毎日だけを見つめて生きていいですか。

とりあえず今日は幸せです!

みんな心配しそうなので、ちゃんと言っておきます(笑)
来週はもっと明るい話します!!

最後にわたしが4ヶ月前に別れた元彼のことを歌った曲の歌詞をお読みください(笑)
いつもライブでやってますので、
よかったら歌詞を思い出してきいてください!

以上!街鳴りのSorakoでした!

夜が終わる

幸せは続かないものだと
信じたくない話ばかり 残る
僕らは違う 君らとは違う
そう言い聞かせて安心を作ってた

さよならはいつかくるものだと
信じたくはないけど君は 消える
僕らもそうか 君らと同じか
そう見たくないのに画面を見ていた

朝起きて君が横にいるなんて
当たり前と思ってた馬鹿な僕で

君とは終わるんだっていつか
君は去っていくんじゃないかって
頭から離れない

泣き枯れてたあの日のこと
起きれなかった朝のこと 
君を好きになるのが怖いよ
今日も夜が終わる

夜がきて君が横でささやいた
「おやすみ」が「さよなら」に聞こえた気がしたんだ

君とは終わるんだっていつか
君は去っていくんじゃないかって
僕はもう気付いてた

君の心が僕からいつか
離れていってしまったとしても
君を忘れることはできないや
今日も夜が終わる夜が終わる

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事