1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第15回

【連載】Tanaka Emiカ from パレットパレッツ の独り言/第15回

<毎週月曜日連載>




配信ライブ収録を終えて

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
パレットパレッツVo.のTanaka Emiカです。
最近寒かったり暑かったりなんなのでしょうか。
もう2月ですね……
1月は早々と逃げていってしまいました。
2月は逃げて、3月は去っていってしまうのでしょうか
日々しんどいことがあったり、嫌なことがあったりしても
時間が過ぎていくのは何故こんなに切ないのでしょう
この瞬間も今過去になって、切なく愛しくなるのでしょうか
こんなことを語り出すと止まらなくなりそうなので本題です

無観客配信ツーマンライブ「勝女」の収録を無事終えました!

何ヶ月も前にYAMORI@1027_yamorin)が企画してくれて
1/29、本番の為に練習してコラボ曲を作って
楽しみに楽しみに温めていたライブだったのですが
予測していなかった、誰も予測出来なかった
緊急事態宣言が発令され
急遽無観客配信での開催となりました。

https://twitter.com/1027_yamorin/status/1351514767026884611?s=20

お客さんを入れて、配信もするか。
延期して、私達もお客さんも全力で楽しめるときに有観客でリベンジするか。
配信だけするか。
中止にするか。
いろんな意見と話し合いの中で決まったことでした。

本番までそう時間もない中、
ツーマンライブでなんの曲をしよう
どういうアプローチをしよう
以前に。開催できるのか?
お客さんには来て欲しい。私たちのライブを生で見て欲しい。
でももし。それがきっかけで人の命に関係するなにかが起こってしまったら?
さまざまな葛藤の中で頭を悩ませ、悔しい気持ちや
なにか分からないけど何か引っ掛かる
仕方ないことやし誰も悪くないのに誰も幸せにならない
改めて、前までの当たり前が当たり前じゃないんだと実感しました。

しかし。

ピンチのときしか出来ない突然変異
しんどいとき次どうするか考える力
そこに関わる人々や環境
そういうもの、人、機会を今回たくさん与えていただき、出会えて得られたなと実感しています。
私がよく言う、「ネガティブを肯定する」
ネガティブポジティブがまさに今回の配信ライブで発揮できたのではないかと。思いました

我々パレットパレッツは久しぶりのライブでした!
今回のライブはこのメンバーになって初めての、
新年一発目の、我々にとって本当に気合いの入るものでした。
久しぶりのライブ大丈夫かな〜と少し不安だったのですが
ステージに立った瞬間
これやああああああとなりました。(語彙力)

え?楽し過ぎる。ワクワクする。幸せ。
やっぱり生きてて一番楽しい幸せな時間は
こうやってステージに立ってマイクを握って
爆音の中で全力で歌うことなんやなと実感しました。
まっだまだ若手のぺーぺーなんですけども
初心にかえるというか、凄く凄く新鮮な気持ちのライブでした!

私Tanaka Emiカは実話を元にそのときの心境を赤裸々に歌詞に、メロディにしているのですが
1曲1曲歌う度にそのときのことを思い出して
あのときの自分はこう思ってたな
でも今思うと全然違う角度からこの歌詞を噛み締められるなとじんわり感じました。
根本の自分は多分そんなに変わってないけど
3年経つとやっぱり自分も変わっているんだなと思いました。

でも、自分は変わっていく中で
曲は消えず、絶えず歌えていることが
本当に奇跡みたいで。不思議で。
ネガティブな曲であったとしても凄く幸せで
なんとも言えない感情になりました

メンバーが抜けたりだとか
コロナが流行って、当たり前が当たり前じゃなくなったりだとか
不安が耐えない中のツーマンライブだったけれど
後ろを見たらフルサワレイナがドラムを叩いてくれてる
右を見たらちーちゃんがギターを弾いてくれてる
左にはちか(こ)ところちゃんがキーボードを、ベースを弾いてくれてる
もうこの瞬間が愛しくて幸せで仕方ないなと
この瞬間は嫌なこと全部ぶっ飛ばせるとなと心の底から思いました

前のベースの脱退が決まってから
サポートのベーシストがなかなか見つからず、
ツーマンライブとなれば10曲ほど覚えて貰わないといけないし
コラボの曲や新曲はフレーズまで考えてもらわないといけない。
ベースが居てくれた方が絶対的に良いのは分かってるけど
気を使ったり使わせたり
人に負担を掛けたりするのが我々メンバー一同本当に苦手で。
それで自分達自身がしんどくなるならベースレスでツーマンライブに挑もうかと真剣に考えていました。

でもやっぱり上手くいかなくて。
どうしようどうしようと思っているときに助けてくれたのが
今回のツーマンライブでベースを弾いてくれたころちゃんです!
ころちゃんは専門学校時代の同期で
そんなに面識があったわけではないのですが
約1ヶ月しかない中、ツーマンライブを成功させる為に必死にベースを練習してくれました。

パレットパレッツを好きでいてくれて
パレットパレッツの為に時間を割いてくれて
そんな人と巡り会えて、一緒に演奏できる
どんなけ幸せなことなんやろ
ころちゃんどんなけええ子やねん。と思いました
曲が演奏できる、歌えることもそうやけど
サポート含め私はこのパレットパレッツのメンバー達と演奏する空間が大好きなんです!

ツーマンライブを企画してくれたYAMORIのライブを見て
改めてこの人とコラボできたのは自分にとって超財産だなと思いました。
打ち上げでもYAMORIには言ったのですが
思考回路に共通点があったり
わりかし共感し合えるところがあっても
それを表現する方法が全然違うアーティストだなと
ライブを見て改めて感じて。

言葉の使い方やメロディの付け方が
似た感情でもこんなに変わるものかと。
彼女の、彼女のバンドの魅力に撃ち抜かれた日でした。
コラボの曲も、YAMORIのライブも是非見てほしいです。

配信自体は1/31(日)20:00~なのですが
アーカイブが2週間残るのでまだまだ購入可能です。
¥1,500チケット代は掛かってしまうのですが
もしよろしければ我々のライブを見ていただけると幸いです。
もし……もし……良かったら……!!!

もう感情のまま書いてしまったので
上手く伝わってるか不安過ぎるのですが
いろんな感情が詰め込まれたライブとなっています。
YAMORIにとって、パレットパレッツにとって
大切な日になったと私は勝手に思っているので
映像に残って嬉しいです……!!!

お客さんの顔を見てライブしたいなーと欲も少し出てしまいましたが
ライブハウスで自分達の曲を演奏して
思いの丈をぶちまけて、幸せでした!
幸せばっかり言ってしまって
同じようなことを繰り返してしまってすみません……
こんなに長文を毎回毎回読んで下さっている方、本当に本当にありがとうございます!

2月、皆様にとって良い月になりますように!
あ。Tanaka Emiカ2/4で23歳になるのでプレゼント待ってます。嘘です。
で、でもおめでとうは欲しいな……爆笑

余計な話を失礼いたしました。
それではまた!

パレットパレッツ/Tanaka Emiカ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事