1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】カナリオペダル/ニューアルバム『Reborn』が伝える変化とは

【インタビュー】カナリオペダル/ニューアルバム『Reborn』が伝える変化とは

コロナ禍で世間が混乱するなか、揺るがないスタイルとモチベーションでニューアルバム『Reborn』を公開したカナリオペダル。アルバムからも感じられる柔軟性と力強さは、聴いた人の背中をぐっと押してくれる。

今回は、そんなアルバムに込められた想いをインタビュー。今後の楽曲にも注目したいバンドだ。




こんな時期でも揺らがない、カナリオペダルとしてのスタイル

――コロナ禍でのアルバム発表ということで、制作などでの気持ちの変化はどんな感じでしたか?

Manabu(Ba.):みんなと会えないのは寂しかったですが、気持ちの変化というと、そこまで変わらなかったですし、モチベーション的な部分も特に落ちることもありませんでした。メンバーでモチベーション落ちた人いてる?

Taka(Vo.):モチベーションが落ちたということはないんですが、日常生活などで実際に人と会うことが難しくなったため、オフの重要性は高まったのかなと思います。

――オフの価値観。

Taka:そうですね。オンラインで音源を届けることができますし、曲を作る場合でも音源を送りあって仕上げていくことはできるんですが、実際に顔を合わせてスタジオで楽曲を練り上げていく時間の重要性は高まりましたね。それぞれが音源を送りあって作るよりも、やっぱり時間を共有しながら製作していくほうが良いものが生まれていくな、という印象はありますね。

なるほど。では今回のアルバム『Reborn』の制作ではオンラインとオフライン、どのように使い分けたのでしょうか

Sally(Key.): オンラインではアプリや宅録を駆使して音源を送りあって、現状のフレーズなどを共有していきながら、曲を練り上げていきましたね。

aile(Vo.):実はこれがいつも音源を作るときの流れでもあるんですよね。基本的には各メンバーが自宅でフレーズを練って、それをオンラインで共有し合う。その共有した音源を踏まえた上で、スタジオに入りそれぞれのフレーズがぶつかっていないか、各パートの意見を尊重した上で最適な楽曲制作をしていく、というのがいつもの流れです。でも今回の『Reborn』製作は、コロナウィルスによってオンラインでの比重が多かったですね。

―そうなんですね。モチベーションも揺るぎがないようで、いつものスタイルで制作できたということは、このコロナ禍でもすごく頼もしいですね。

Sally:私は主婦で子供が2人いてるので、積極的にスタジオに入って曲作りというのが難しい時期もあったんです。 コロナの影響でスタジオに入る機会が減ったことによって、宅録でじっくりとフレーズや曲のことを考えて、一つひとつの曲に向き合う時間が増えた、というメリットもありましたね。

Doy(Dr.):みんな言ってますが、今回はリモートに特化した曲作りとレコーディングでしたね。 SNSやインタビューでも触れているのですが、僕らは普段、社会人や二児の母だったりしてるんです。 ある意味、『働き方改革』を謳う今の世の中を象徴するようなバンドだと思うのでこういった仲間が増えたら嬉しいなと考えています!

アルバム『Reborn』が伝える「変化」と「ポジティブ」

アルバム『Reborn』の、たとえば “ 虹 ” や “ ステラ ”、“ Over ”では光を表現した歌詞も印象的だなと思いました。アルバム制作時にはコロナで結構世間は混乱していたと思うのですが、これはそんな状況をみて希望を与えたいという意図で作られた曲でしょうか?

Taka: “ 虹 ” に関しては作った時期は1年以上前なので、結構今のこの状況とはあんまり関係なかったんです。ただ “ ステラ ” も “ Over ” も、そして “ 虹 ” も僕が歌詞を書いたのですが、コンセプトとしてはやっぱり何か一歩踏み出すような、背中を押せるようなそういったところを意識して書きましたね。 やっぱり音楽って元気を与えられたり前向きになれたりとかがあると思うので、聴いてくれた皆さんが 「元気になれた」とか「もう少し頑張ってみようかな」と思ってもらえたら嬉しいですね。

アルバム全体にはどのようなコンセプトがあるのでしょうか。

Manabu:コンセプト自体は2つあって。1つ目が、Sallyが加入するまではどちらかと言うとポップロックのような音楽だったんですけど、それがピアノロックに我々のなかでは昇華したというか。そういうところを含めて、生まれ変わりますよということ。もう1つは、できる限りいろんな方に前向きになってもらいたいなという思いがありましたので、そういった6曲を集めました。

Sally: 私は “ 虹 ” という曲の後に加入をしたのですが、バンド加入前に “ 虹 ” を聴かせてもらったときに「すごくいい曲やなあ」って素直に思いました。メロディがすごい美しくて、男女ツインボーカルって今まで聴いてきた音楽であまりなかったので、珍しくて面白いなぁ、というところも魅力的でした。

aile:Sallyが入ってくれてから改めて “ 虹 ” をレコーディングしましたね。 彼女の持っている音楽センスと、ピアノフレーズの巧みさをこの曲に加えるとどれだけ綺麗になるんだろうと本当に楽しみでした。レコーディングをして、思った以上に素晴らしい曲に生まれ変わったので、本当にSallyの加入は心強いものでした。

Sally:ありがとう(照) 。前の音源を聴いたときにピアノをもうちょっとこういう感じにしてみたいな、とか。リズムを際立たせて映えるようにしたいなと私なりに思うところがあったので。私にとっても最初にレコーディングをした曲なので、思い出深い曲のひとつです。

Doy:ちなみに、アルバムタイトルの『Reborn』はaileからの提案でした。満場一致で即決でしたね。それだけみんなが考えるアルバムテーマであったりバンドの方向性が近かったんだと思います。

なるほど。バンドの強みとしてピアノとツインボーカルをどのように使い分けとか、そういう方向性も皆さんで共有されているのでしょうか?

Manabu:ピアノロックとツインボーカルは、やはり我々のストロングポイントですよね。

Sally:ちゃんとギターとベースが前に出てる曲もありますよ!(笑)

Manabu:基本的はピアノロックを謳ったバンドなので、楽器隊はピアノが前に出た感じになりますが、曲作りの中でそういったそれぞれの強みの使い分けというのは、意識をして作ったわけではないんですよね。

Sally:そうだね。特にことさら意識して作ったというわけではなく、 演奏の面でピアノとギターって結構役割が被ってしまうんですよ。なので、そこのフレーズなどの役割が被らないように、ギターのMamoさんとよく相談しましたね。 

Mamo(Gt.)いつもピアノのSallyにはお世話になっています。 

Taka & Manabu: 喋った(笑)

Mamo:口下手なので……すみません(笑)




アルバムに込められたそれぞれの思い

https://youtu.be/5m3OM-sJgUg

では、Mamoさんも登場したところで、アルバム『Reborn』に込めた思いをお1人ずつ聞きたいと思います。

Manabu:今私達が出来る全てを詰め込んだのかなという印象はありますし、ベストを尽くしました。 そして、やはりこの新型コロナウィルスの影響で落ち込んだ社会に音楽の力を届けたいと思って作り上げていきましたね。新型コロナウィルスはご存知の通り、経済的にも社会的にも大きな影響を及ぼし、世界中で混乱を巻き起こしています。音楽業界においても、例えば、ライブ活動含めた音楽自体の見方や在り方が大きく変わりましたし。そんなコロナ禍だからこそ、メンバーでしっかりとバンドと向き合い、今だからこそ出来ることを話し合いました。その結果、聴いてくれる方々が前向きに、楽しくなれるような曲を、という思いを込めてこの6曲を選びました。この『Reborn』にはそういった情勢とともに、「カナリオペダルの今」がわかるように、1曲1曲を大切に並べています。

Taka:いま新曲をどんどん作っていっているわけですが、作るたびにクオリティが高くなっているのを感じますね。そしてその度に新しい僕たちの音楽が出来上がっているのを実感しています。この変化の大きな時代の中で変わり続けることも重要ですし、芯の部分は変わらずに良い音楽を届けられたらいいですね。 あとは、男女のツインボーカルの掛け合いの部分なんかは是非注目して聴いてみてくれたら嬉しいです。サビの部分なんかもかなり激しいのでそのあたりも聴いてもらえると、また違う楽しみ方をしてもらえるんじゃないかと思います。

激しさを聞く……と。新しい楽しみ方ですね。Sallyさんはいかがですか?

Sally:コロナ禍によってスタジオに入る機会が減ってしまったんですが、だからこそじっくり時間をかけて……スタジオに入るよりも焦らずゆっくりと、みんなで何度も推敲して作れたアルバムだと思うんです。なので、こういう経験ってなかなかないので数年後見返したとき、聴き返したときに、いろんな意味でとても思い出深いアルバムになったんじゃないかと思っています。楽曲のそれぞれのフレーズも各パートがこだわりを持って作っているので、細かなところまで興味を持って聴いてもらえたら嬉しいです。

Mamo:僕にとっては「チャレンジしたアルバムの制作やったなあ」と思っています。普段ゆっくりな曲はあまり聴かないんですよ。“ あなた ” とかはまさしくそうなんですが、そういった普段聴かない、比較的演奏するのが苦手な曲を作っていったというのも僕の中では良いチャレンジだったなあと思っています。

苦手分野にチャレンジしたと。

Mamo:はい。僕が作曲した曲は基本BPMが180や160などの振り切ったテンポで、そういう曲が得意なんですね。ゆったりとしたリズムっていうのはちょっと苦手な分野なんですが “ ステラ ” や “ あなた ” とかのミディアムだったりバラードだったり、自分の知らないところもチャレンジできたかなと思っています。ただこれはアップテンポばかり聴いてるからこそ生まれたメリットなんですが、 よくあるバラードに入るようなフレーズは弾かなかったんですね。そういった僕だからこそ出てくるギターフレーズも楽しんでいただければ嬉しいです。

aile:この『Reborn』というアルバムは聴けば聴くほど味わい深い作品になったのではないかなと思います。そのタイトルの通り、キーボードのSallyが新しく入って生まれ変わることによって、既存曲のイメージもグッと華やかになりましたし、明らかに楽曲自体のクオリティが上がったように感じます。コロナ禍で暗いニュースも多く息苦しい世の中ですが、新しい時代へ向かうための応援歌として私たちの曲を聴いてもらえたら嬉しいです。

Doy:僕たちのバンドの強みである「ツインボーカル+ピアノロック」というのは珍しい組み合わせだとは思うんです。ただ「珍しいから聴いてもらう」だけではなく、しっかりと楽曲に惚れ込んでもらいたいですね。初めて聴いてくれた方が楽しく、心地よく聴いてもらえるようになっていますから。各パートがそれぞれのフレーズを最大限に表現しながらも、バランスよくアレンジしているので、飽きずに聴ける仕上がりになっていると思います!ぜひ『Reborn』を楽しんでください!

これからMV収録予定の“朝焼け”。公開をお楽しみに!

今後の活動について教えてください。

Manabu:この『Reborn』から1曲、“ 朝焼け ” という曲のMVを撮影する予定です。

Taka:“ 朝焼け ” は、僕らも全員が社会人でいろいろとやりたいことがあるのにできなくて。社会人でなくてももどかしさを感じていたりどこかくすぶってる部分とかも、絶対みんな持ってるものだと思うんですよね。それを少しでも背中を押せればなって。そういう人にどこかで鳴り響いて前に押すような力になればいいかなっていうイメージの曲です。

アルバムの中では “ 虹 ” のMVがすでに公開されていますが、さわやかで素敵ですね!

https://youtu.be/nrCT4re0ueE

Manabu:ありがとうございます!“ 虹 ” を撮影した時期って、あれ2月やっけ?(笑)

Sally: MVでは寒そうに見えないですが、本当寒かったよね!

aile今となってはあの寒さもいい思い出やね!!

Taka:メチャクチャ薄着やったけどな。笑

Mamo:僕は筋肉という鎧を着てるんで平気でした。

Taka:いや、もうほんまそれ反則やで。夏期なんて汗も滝状態やしな(笑)

Manabu:もう汗やなくて雨やもんな(笑)

Mamoこれも毎日の筋トレの成果よ。

Doy:次の “ 朝焼け ” もどんな感じになるか楽しみだね!!

そんな裏側が(笑)。新たなMVの公開も楽しみにしています!今回は、ありがとうございました!

アーティスト情報

(Photo by カナリオペダル / Interview & Text ミドリM




関連記事