1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】新田概論(仮)/第28回

【連載】新田概論(仮)/第28回

<毎週木曜日連載>




京都人は、いけずな人ばっかりとちゃいますえ

なんもなんも

先日、北海道の友達とラインしてるときに『なんもなんもよー!』という方言が飛んできて、めっちゃ良いなって気持ちになりました。

  1. なんもなんも!
  2. 全然気にしないで!

これ同じ意味やけど、なんもなんもの方が圧倒的に可愛くないですか?

方言って可愛いですよね。

そして僕の北海道の友達が、みんな揃いも揃って良い人ばっかで、可愛らしさがある人やから余計にそう感じるのかもしれませんね。

ツアーで行ったり、こっちの方に来てくれたり、今はなかなか出来ないですけど、全国に友達がいるのはバンドマンの特権だなって思います。

みんな良い人であることに変わりないんですが、やっぱり地域によって、人間性が少し変わったり似てる部分が出てくることがあるような気がします。

そこで今回は、京都にスポットを当てていこうかと思います。

京都人と言えば、元々都があったことから貴重な日本古来の建造物がたくさん残っていて、海外の方にも人気の観光地として知られています。

特に大阪の方からすると、神戸に並んで自分達の住んでるところよりキレイなところ的なイメージが強いかと思います。

(ちなみに尼崎市に関しては兵庫県でありながら、大阪府の仲間だと思っています。大阪生まれ一般男性の意見です。)

しかしながら、京都の方はこう言われることがあるのではないでしょうか?

腹黒い。と。

上品な雰囲気に隠して嫌味を言うという話は、非常に有名ですよね。

その話があんまり有名だから、京都生まれのバンドマンにベース褒められても、素直に受け取って良いのかどうか身構えてた時期がありました。

のちに京都の友達に聞いたところ、自分に害を為してきたり、よっぽど嫌いじゃない限りは、文面の通りに受け取って大丈夫と言われたので安心しました。

しかし、逆に言えばやっぱり今でも、頻度は少ないにせよ、嫌味を言うことがある気配です。

今回は軽くクイズもやりましょう!

題して

京都クイズ!!!!
本当はなんて意味ー!!!!

やっていきましょう。

ちなみに悪口ではないです。京都めっちゃ好きです。

第一問!

『元気なお子さんでよろしいなぁ』

  1. 元気なお子さんですね
  2. 子供がうるさいから静かにさせろ
  3. 八つ橋が美味しい

正解は②でした!!!
うるさい→元気と表現する手腕!!!

第二問!!

『ぶぶ漬けでもいかがですか?』

  1. そろそろ小腹が空いてきたであろう頃合いだろうという親切心
  2. 長居してないで帰れ
  3. 紅葉がキレイ

正解は②でした!!!
ぶぶ漬けとは、お茶漬けのことです!!

第三問!!!

『良い時計してはりますなぁ』

  1. めっちゃ良い時計やん!!
  2. 今何時だと思ってんだよ、早く帰れ
  3. ラーメンの名店が多い

正解は②でした!!!
時計に罪はないですからね!!!!

第四問!!!!

『丁寧にお仕事してはるなぁ』

①仕事の丁寧さが素晴らしい
②仕事が遅い
③貴重な文化遺産がいっぱいある

正解は
②でした!!!!
紙一重!!!!!!

いかがだったでしょうか?

実際言われたら、ヒヤっとしそうですよね。

さっきの友達に聞いたところ、外食先で、食べ終わったあとに、頻繁にお水のお代わりを聞いてくるときは『食べ終わったなら、早く出て行け』って意味があると言ってました。

ただ、今回感じたんですけど、遠回しに嫌味を言うって文化自体が、京都の歴史的な背景と、京都人の優しさからきてるんじゃないかなと感じました。

京都は先程も書いた通り、元々は都がありました。

ですから、歴史的に戦などが多かったとも言えます。応仁の乱とかで大飢饉とかもありましたしね。

つまり、外から来たよく分からない奴に生活を脅かされることが、頻繁にあったということです。

そもそもこの嫌味のある言葉、知らなければ本当に褒められたと感じますよね?

嫌味のある言葉が分からない→外から来たよく分からない奴

って考えると、自分達の生活を脅かす可能性のある人達に敵意を向けることなく、京都人同士には『こいつは敵だ』って伝えることも出来るし、

京都人同士で言う分には、直接的に文句は言わないけど、察してね。と伝えることが出来るので、余計な争いを生まずに済みます。

歴史的な背景を鑑みれば、敵には分からないように攻撃して、味方とは争いを生まない為の言葉だと考えられます。

もし京都ことばを使わずに『帰れ』『今何時やと思てんねん』とか言ってしまったら向こうも気が悪いし、帰って欲しいのに黙ってたらストレスになりますよね。

大阪人は逆に

『もうお前帰れや』とか

『うっさい黙れ』とか

直接的に物言いすぎて、すぐに喧嘩してますもんね。笑

そう考えると、京都人=意地悪、腹黒というのは短絡的で、実はかなり優秀な処世術を使ってる人が多いのかなと思いました。

こう考えると他の場所から京都に移住して、京都ことばを伝えられて察することが出来れば、仲間だと認識してもらえるかもしれませんね!!

僕が京都を好きなのも、知らず知らずにそんな『本当に雅』な部分を感じているからに違いないでしょう。

さて今回の新田概論は、京都クイズ&京都コラムでしたね。

いかがだったでしょうか!

クイズの選択肢の③は京都の良いところでした!

これは別に編集長が京都人だから、媚びたわけではありません。

別に締め切り遅れたから、持ち上げた訳でもないです。

僕の純粋な京都愛によるものです。

それでは今日はこのへんで!!

(締め切り遅れてすいませんでした。)

Dr.FOOL/新田

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事