1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第28回

【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第28回

<毎週火曜日連載>




仕事しろ

こんにちは、夜の紅白歌合戦。

サイツアキノリです。

実は最近、2週間自宅待機しておりました。

コロナの濃厚接触者になったからです。

本日は濃厚接触者がどのような体験をするか

書いていこうと思います。

(いつもみたいな意味不明な文章はないよ。残念だったね!)

とりあえずコロナになってしまった方から

連絡が来ます。

「ごめりんこ、Youは濃厚接触者になったーしぇ。」と。

この時点で

2週間自宅待機が決定され

仕事、スタジオ、予定などは

全て無に還る。(土に還ります)

しかし幸いすぎることに

接触後、僕が誰かに濃厚接触することは無く

負の連鎖はここで一旦止まっていました。

そして僕の頭の中には

ウレシノリとヤバノリの2人が現れるのです。

ウレシノリ

「やったぜ!!今日から2週間仕事休み!しかも体調は万全!外には行けないけどインドアだから余裕だぜ!」

いっぽうヤバノリは

「2週間仕事休み!?来月の給料は半分だけ!?生活出来ない!!」

このふたつのアキノリがひしめき合っていました。

ほどなくして保健所から電話がかかってきて

  • 2週間自宅待機
  • 検査キットを送る
  • 体調の確認

を伝えられ、僕の自宅待機生活が始まりました。

毎日昼前に起きて(元々仕事か24時過ぎまである生活なので、真人間の皆様と若干体内時計がズレています。)

目覚めのコーヒーを飲みます。

(背伸びしたけど、本当はあんまいココアを飲んでます。)

そして家でできる仕事をやりそうな雰囲気を出しつつ Netflixを見ます。

Netflixは最高です。

映画、ドラマ、アニメ、テレビ番組

世界中の作品が家で楽しめる。

自分の気持ちにあったものをチョイスできます。

素敵なサービスですね。

Netflixを嗜んだあとは

早速仕事に取り掛かる振りをしながら

食事です。

有難いことに、膝サポーター(サイツのファンの総称)の方々から

応援物資という名の食料がわんさか届いていたので

そちらを食べさせていただき

生きていました。

食事の後は、お腹いっぱいで休みたい気持ちを抑えつつ

仕事に取り掛かる振りをして

お昼寝。時間は既に夕方です。

軽くお昼寝を済ませ

とうとう本気になっています。

体には隅々まで栄養が行き渡り

やる気に満ち溢れています。

ここでようやく仕事に取り掛かる仕草をしながら

膝キャスをします。

毎日膝キャスをやっておりましたが、

誰とも会えず、家にひきこもっているとき

膝サポーターと話す1時間が

僕の毎日の楽しみとなっておりました。

膝キャス内では、自分が濃厚接触者になってることを明かし

みんなと情報交流しながら

おもに下ネタを話していました。

八割は下ネタでした。

最後になりますが、

やっとこさ仕事に復帰することができた僕が

今強く思うことは

自宅待機結構良かったな。

ということです。

(この文章はフィクションのような素振りを見せています。素振りです。)

君がそうなら僕はこう/サイツアキノリ

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事