1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第20回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第20回

<毎週金曜日連載>




名前 についての考察

どうも愁人でございます。
活動を行う上でまず覚えてもらう為に必要なのって
「名前」ですよね。

例えば「ネコレクション」や「キンダーガーデン」や
「ハヤシライフ」などのバンド名や

この「週刊1週間の習慣」もそうですし
「新田概論」や「膝ゴスティーニ」や
「ばかぽっぽ」や「パイン◎パイン」などの
タイトルもそう

「愁人ワークス」のようなある条件下での
プロジェクト名もそうですが

そこに「名前」があることで
そのモノや行動などが定義づけられるような気がします。

わたくし愁人はこの「愁人」という名前が
気に入っていて
日本国語大辞典の解説によりますと

悲しい心を抱いている人。なやみのある人。

※新撰万葉(893‐913)上「愁人慟哭類二虫声一、落涙千行意不平」
※徒然草(1331頃)二一「沅、湘日夜東に流れ去る。愁人の為にとどまること少時もせず、といへる詩を見侍りしこそ、哀れなりしか」 〔戴叔倫‐湘南即事詩〕

日本国語大辞典

もののあわれを解する人。風流人。詩人。文人。

※俳諧・虚栗(1683)下「かじか此夕べ愁人は獼(さる)の声を釣る〈其角〉」 〔傅玄‐雑詩〕

日本国語大辞典

恋人。愛人。

※我鬼窟日録〈芥川龍之介〉大正八年(1919)九月一七日「不忍池の夜色愁人を憶はしむる事切なり」

日本国語大辞典

だそうです。
愁いを持って悲しい心を抱いた風流人、詩人、愛人ですもんね!
いいですね!
詩人、愛人、愁人って
やる気、元気、なんとか!みたいですね。

今更ですが何故今回この内容になったかというと
ふと「第三のビール」って名前に
本質以上のカッコ良さを感じてしまったんです。

あんまり知らなかったんですが
「第三のビール」ってビールではなく
ビール風味の発砲アルコール飲料なんですね。

でも「第三のビール」って言ってしまうと
もはや元々のビールより
味わい深そうですね!

「発砲アルコール飲料ビール風味」より
確実に「第三のビール」の方買いますもんね。
名前の与える印象の重要性ですね!

加えて話したいのが
HIPHOPなどでよくある
名前『a.k.a』〇〇ですね。

『also known as』
別名~、別称~、またの名を的なことなんですが
これってすごく重要ですよね。
別名って単純に二つ名前を付ける人もいますが
自分を一言でいうと的なことですもんね。

よくバンド名の前に付くキャッチコピーも
その一種ですね。

一時期これについてスゴく考えてました。

自分の思うカッコいいって
『クール』なのか『スマート』なのか
『スタイリッシュ』なのか『イル』なのか
『ホット』なのか『ウィット』なのか
『ストロング』なのか
とか

自分の思う面白いって
『バラエティ』なのか『コメディー』なのか
『ショー』なのか『ユーモア』なのか
とか

大事ですよね。
かっこいい、面白いとか
きっとその中でも色んなかっこいい、面白いがあって
そのどれが好きなんだろうと
考えることで
見え方や見せ方は変わる気がします。

別に愁人a.k.aをつける訳ではないですが!
第三のビールa.k.a発砲アルコール飲料ビール風味ですね!

ネコレクション/愁人

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事