1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】新田概論(仮)/第24回

【連載】新田概論(仮)/第24回

<毎週木曜日連載>




クリスマスも関係ない音楽記号クイズ

新田概論です。

概論と書いてクイズと読む記事はこちら。

本日は音楽記号クイズ!

問題自体は簡単なので、補足に雑学多くしときますね!

ではさっそくひゅいごー!

第一問!

♪←この音符は名前は何というでしょう?

A:4分音符
B:8分音符
C:16分音符

これは簡単!
Bの8分音符でした!

手拍子でリズムとったり、メトロノームでいう音が鳴ってる部分が4分音符と言います。

正確には1小節を4分割した時の1音という意味なので、4分音符なんです。

それの半分が8分音符ですね!そのまた半分が16分音符です!

なんか難しく感じるけど、そない難しく考える必要はないです!

第二問!
段々音を強くするのはクレッシェンド。では段々音を弱くするのは?

A:デクレッシェンド
B:ドクレッシェンド
C:ダクレッシェンド

これも音楽の授業で習った方が多いかと思いますが、正解はAのデクレッシェンドでした!

ただ吹奏楽界隈なんかではあまりデクレッシェンドとは言わずに、ディミヌエンドと言われることが多いみたいです。

何故かと言うと、指揮者が支持を出す際に

『そこで、クレッシェンド!』

なのか

『そこ、デクレッシェンド!』

なのか区別をハッキリさせるためらしいです。

これが全国規模なのか、関西ローカルなのかは分からないですが、面白いですよね!

ちなみに意味は同じなんですが、クレッシェンドの反対って意味で否定の『デ』がついた『デクレッシェンド』か、『減衰する』って意味を表す『ディミヌエンド』かって違いです。

一応調べたところ、作曲者によって書き分ける人もいるみたいですが、そんなに神経質にならなくても良いかなってのが僕の見解です。

第三問!

音を強くという意味のf(フォルテ)。音を弱くという意味のp(ピアノ)。
ではfp(フォルテピアノ)と書かれていた場合はどんな意味?

A:中間くらいの強さで
B:強く演奏してすぐ弱く
C:段々弱くするデクレッシェンドと同じ

正解は、Bの強く遠足してすぐ弱くでした!吹奏楽出身、クラシック出身の人以外はあんまり見たことないかもですね!

最初の一瞬とか、一拍くらいとか曲を表現する方によって違うのですが、そこを読み取る面白さがありますよ。

余談ですが、音を『強く』『弱く』って表現すごく音楽の本質に触れてる気がしません?

普通の感覚だと『大きく』『小さく』になるかと思うんですけど、そこを強弱で表現してるのが、とても良いなぁと思いんですよね。

昔の作曲者にピアニストが多いのが由来してるんじゃね?とか言われたら、そりゃそうなんですけど。

演奏する上で、音の大小じゃなくて、強弱で考えた方が、表情豊かになるかなと僕は思っております!

第四問!

最後はクイズらしいやつを!

ト音記号の元になったもの次のうちはどれ?

A:F
B:&
C:G

正解はCのGでした!

問題番号を数字にすれば良かった!!!
そして何回言われても僕は『どこがやねん!』となります。

ト音記号のト音っていうのはドレミでいうところの『ソ』の音を表していて、『ソ』を英語で言うと『G』になります。

こう言われちゃうと、Gが由来って言われてるのに文句つけれないですよね。

真ん中のくるんってなってる中心が、丁度ソの音になる様に書くのが、正しい位置です。

ただベートーヴェンとかが書いた楽譜のト音記号は、結構雑に書いてあります。

伝わればOK!!!

一般的な楽譜だとト音記号が書いてありますが、ヘ音記号とかハ音記号なるものも存在しております。

どれも演奏する音域を指示する記号です。

はい!
今回のクイズいかがだったでしょうか!

クイズやろう!って前回の記事で思いついたものの、みんな楽しめるクイズって何?って考えると難しくて心がすでに折れかけてます。

早っ!

来週もクイズできるんでしょうか。

あと書き終わってから気付いたんですが、この記事がアップされるのってクリスマスなんですね。

サンタさん、もしいらっしゃるならプレゼントをください。

具体的には400兆円くらい欲しいです。

出来れば非課税で欲しいです。

個人事業主のリアル!!!!

あ、来週400兆円使い切れるか考えてみたって記事も良いかもしれない。

Dr.FOOL/新田

アーティスト情報

過去の連載記事




関連記事