1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第15回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第15回

<毎週金曜日連載>

き についての考察

ふと、どこにでもある
消火器を見ていて思ったんですが
消火【器】なんですね?
なんとなくの違和感を感じたんですが
消火【機】ではないんですね。

もちろん字にすると
見慣れてるので消火【器】の方で
わかるんですが

消火する為のものと考えると。。。
と打っていて気づきました。

【器】と【機】
【器具】と【機具】
【器械】と【機械】

作りや構造の複雑さによって
使い分けられてるということのようですね。

イメージで言うと
何かをする為に使う「道具」のようなものは【器】
何かをする為に使う「メカニカルな装置」的なものは【機】
ということのようですね。

実際に【器】と【機】が
使い分けられている物を探してみると

~【器】が使われているもの~
『楽器』『凶器』『食器』『漆器』
『鈍器』『楽器』『分度器』『受話器』
などがあります、モノではないですが
『不器用』なんて言う言葉もあります。

~【機】が使われているもの~
『洗濯機』『コピー機』『発電機』
『券売機』『飛行機』『電話機』
などがあります、また【機】には
『機会』などのある種の始まりやタイミング等の
意味合いもあるので『勝機』などもありますね。

こう並べるとなんとなく納得はいきますね。
『電話【機】』の『受話【器】』って
不思議ではありますが
ここまでを踏まえると
『受話【器】』だってなかなか複雑に出来てるはずですが
『電話【機】』の中の話す道具だと考えれば
なんとなく納得はいきます。

これが逆になると面白いかもしれませんね!
例えば
【器】→【機】
『消火【器】』→『消火【機】』
・スイッチを押すと火元を確認し一番被害を少なく
消火をする装置。

『分度【器】』→『分度【機】』
・角度を測りたいものを画面内に写し
カーソルを合わせると0.00度まで計測できる装置。

『鈍【器】』→『鈍【機】』
・殴りたいと思う相手に向かって持ち手にあるスイッチを押すと
相手の頭部までの距離を計測しブン殴ってくれる装置。

『楽【器】』→『楽【機】』
・出したい音を入力するといい感じの演奏が流れる。
iPhoneについてるアプリ、ガレージバンド。

『【器】械運動』→『【機】械運動』
・つり輪を強く引くと、周りに設置されている補助棒が回転し
つり輪の根元のモーターがねじれ運動を起こし
選手はなにもせずとも回っているように見える装置を使って
選手の表情を競う競技。

【機】→【器】
『洗濯【機】』→『洗濯【器】』
・洗濯板。

『コピー【機】』→『コピー【器】』
・書き写し。

『券売【機】』→『券売【器】』
・チケット売り。

『飛行【機】』→『飛行【器】』
・両腕に付ける羽。
使用すると、もれなくヤバい人だと思われる。

『機器』という言葉は【器】と【機】の
どの立ち位置になるんでしょうね?

。。樹木希林。
。。。すみません。

ネコレクション/愁人

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事