1. HOME
  2. ブログ
  3. 【インタビュー】夕刊とキャラメル/万人じゃなくていい。好きでいてくれる人に届けたい。

【インタビュー】夕刊とキャラメル/万人じゃなくていい。好きでいてくれる人に届けたい。

人の内面を抉り出すような楽曲で感情を揺さぶる、夕刊とキャラメル。Vo./Gt.のわたぬきを中心としたスリーピースバンドで、大阪を中心に活動中だ。今回はそんな夕刊とキャラメルに、京都MOJOでのライブ直前にインタビューを実施。正規メンバーとしてBa.の優斗が加入した経緯や曲に込める想いなどを伺った。

感情を曲に込めて吐き出すことで作り上げる世界観

https://youtu.be/pJLyF-Jl3Zw

――今日はよろしくお願いします!早速ですが、 “ 午前3時 ” のミュージックビデオを拝見しました。自主制作とクレジットされていましたが、わたぬきさんがおひとりで作られたんですか?

わたぬき(Vo./Gt.)はい、構成も編集も私がしました。カメラだけ回してもらって1日撮影して、あとはiPhoneで文字入れたりして編集した感じです(笑)。 また今後の活動として、新たに1曲作ろうと思っているので楽しみにしておいてください!

――“ 午前3時 ”もそうですが、わたぬきさんの作る曲って歌詞やメロディーが刺さるというか、共感性が高い分、万人受けしないかもしれないけど、わかる人にはすごくわかる世界観になっていますよね。

わたぬき:私は、基本的に自分が体験したことしか曲にしないんですよ。例えば嫌なことがあったとするじゃないですか。そしたらすぐに「すごい嫌なことあったなぁ」って私は曲を作っちゃうんです。暗いことってあんまり人にバンバン話すもんじゃないじゃないし、それを全部曲にぶち込んで吐き出すというか。

――ということは曲そのものに思い入れがあると思いますが、その中でも今日のライブで絶対やりたいって思っていた曲はありますか?

わたぬき:特に一番思い入れがある曲は “ あってない日々 ” で、いつでもやりたい定番曲なんですけど、曲ができるまでのストーリーを話すと暗い話になっちゃうので割愛で(笑)

https://youtu.be/qd7sSmirIDw

――それはまたの機会に(笑)。思いを形にするということは、先に歌詞を書いてメロディを乗せるスタイルですか?他のパートはどのようにして肉付けするのでしょうか?

わたぬき:そうですね。歌詞が先です。他のパートは、私がギターと歌で録ったのをメンバーに渡して、これにベースとドラムをつけてって感じでお願いしてます。

優斗(Ba.):ドラムが決まらないとベースは決まらないので、実は練習のときにベースを即興で作ってるんですよね(笑)。スタジオで曲が出来上がっていく感じです。

――即興(笑)!今までもらった曲の中で一番難しかった曲って覚えていますか?

優斗: “ あっかんべー ” という曲なんですけど、前のサポートの人が弾いてたベースラインがワヤクソ難しかったです(笑)。僕、基本的にそのまま原曲通りに弾くっていうのができない人なんですよ。おおもとの曲の重要な点はおさえつつ、自分の中で変換して消化して、まあまあ形になっているだろうと!(笑)

わたぬき:ベースラインが少し変わるだけで、曲としてちょっと違う形にもなるし、弾いている人のエッセンスが加わって、曲が日々成長している感じがあって楽しいですね。

スリーピースという最小限のメンバーでどこまで戦えるか

夕刊とキャラメル

――夕刊とキャラメルを結成したきっかけを教えてください。

わたぬき:私、もともと10代の頃はガールズバンドでギターを弾いてたんですけど、歌うのも好きだったんですよ。2年程でバンドが解散することになって、この後どうしようかなって考えたときに、いっそのこと自分で歌っちゃおう、メンバー集めようって動いたのがはじめですね。

――なるほど!メンバーはスムーズに集まりましたか?

わたぬき:最初は知り合いを辿って結成して正規メンバーでやってたんですけど、ライブを2,3回しても上手くいかなくて。そこからサポートを頼んで活動することにしました。

――今回正規メンバーとして優斗さんが加入するまでも、ずっとスリーピースにこだわっていた印象があります。これはなにか理由があるのでしょうか?

わたぬき:スリーピースっていう、最小限のメンバーでどこまで戦えるかっていうのがすごいやりたくて。

――ガールズバンドのときと比べて、スリーピースになってやっぱりしっくりきましたか?

わたぬき:ガールズバンドのときは自分で曲も作ってなかったし、音楽性も全然違ったんですけど、夕刊とキャラメルではスリーピースのかっこよさとか、自分の思いがガーっと詰まった曲作りができていますね。

――そんな中、ずっとサポートで活動してきて今回、優斗(Ba.)さんが正規メンバーになりましたが、そのきっかけを教えてください。

わたぬき:1年前に1回対バンしたことがあって、そのときに「あのベース(優斗)めっちゃいいな」って思ってたんです。その後、うちのサポートが抜けて、次にサポートを頼むならあの子しかおらんと思ってお願いしたのが最初ですね。サポートをお願いした後に、(優斗の)バンドが解散するって聞いて「どうしても逃がしたくない。正規メンバーで加入してほしい!」と思って。でも、解散直後に正規で加入してって、誘うのもアレじゃないですか(笑)。だから「自分から正規で加入したいって言ってくれへんかな~」って待ってたんですけど、全然言ってくれなかったので私から攻めました(笑)。

――優斗さんはサポート頼まれたとき、迷いとかあったんでしょうか?

優斗:サポートに誘ってくれたときは、「やる!」って即答しましたね。僕、“ 午前3時 ” って曲が一番好きなんですけど「すごい!めっちゃいい曲書くやん、この人!」と思ってて。こういうバンドで、ベース弾けたら楽しいだろうなって思ってました。

――でも正規メンバーになりたいって、自分からは言わなかったんですね(笑)

優斗:正規メンバーのことに関しては、僕もそのうち話が来るだろうな~って待ってました(笑)。でも自分が求められている自信もなかったし、求められてないのに自分から行くのもなんか違うかなぁと思ってて。だから「正規でお願い!」って言ってくれるなら「もう是非とも!」って感じでしたね。

共感してくれる、ひとりでも多くの人に夕刊とキャラメルを届けたい

夕刊とキャラメル

わたぬき:私自身、自分の作る曲が万人受けするとは全く思ってないんですよ。その中でも、好いてくれている人もいて。「夕刊の曲、楽しみです」って言ってくれる人もいて。万人受けしなくてもいいから、そういう人達に届いたらいいなって。もちろん、関西だけじゃなく全国的にも、そんなふうに思ってくれる人とたくさん出会えたらいいなと思ってますね。底抜けに明るい曲ではないんですけど、誰かが落ち込んだときに寄り添えるような、助けになるような曲が歌えたらいいなと思っています。

――ありがとうございました!では最後に、来年の予定や告知があればお願いします!

わたぬき:今年(2020年)8月にレコ発して、東京も行く予定だったんですけど、コロナのせいで思うように活動できなくて。なので、来年はアルバムをひっさげて、もう少しいろんなところを回れたらいいなと思っています。

優斗:東京行きたかったな~!!

わたぬき:そうやね!11月には何本かライブもあるので、みんな頑張って生きよう!!

アーティスト情報

(Photo by 夕刊とキャラメル / Interview by 倉田航仁郎 / Text by ソラ

関連記事