1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】新田概論(仮)/第16回

【連載】新田概論(仮)/第16回

<毎週木曜日連載>

全員で褒め合えたら素敵

新田概論第16回目です。

この度、Mac Book Proを導入しました。

そう。

長年にわたるWindows生活に終止符を打ちました。

なので今回は僕の練習も兼ねて、Macでお送りいたします。

見てる人には、全く分かんないだろうけどね。笑

今回短かったら、打つの疲れたんやなって思って笑ってください。

今回のテーマはこちら!

もっと自分と他人を褒めろ。

こちらのテーマでお送りいたします。

いきなりですが

僕のレッスンで1番よく言われのが

『スラップやりたいけど、難しくて出来ない』

なんですね。

ハッキリ言うと

なぜこう言われるか分かんない!!!!!

って感じなんです。

上を見れば上手い人いっぱいおるので、

僕が上手いと言いたい訳ではありません。

では、何が言いたいか。

①弦を叩く
②弦を引っ張る

このふたつが出来たら

スラップできた!!!!!!

って思ったら良くね???????

ってことです。

いやいやいやいや!

それはスラップとは呼びませんぜ、旦那!

という声も聞こえてきそうな気もしますが。

ただ断言します。

それはスラップです。

スラップ未経験者から

スラップ経験者へランクアップしましたね!

ここで大切なのは、

『とりあえず一旦出来たこと、自分で褒める』

ってことにあると思います。

それが出来てから

2連、3連サムするには?

ゴーストノートするには?

音をきれいにするには?

と試行錯誤していった方が良いと思います。

初心者にありがちなのが

出来ない、、、やめよう、、、

的なつまずき方です。

そして、何故か現れる

『全然できてないよおじさん』です。

何者なんでしょうか!!!!

勿論、バンドメンバーや

仕事上での付き合いで

そういう訳にもいかない瞬間あります。

僕自身メンバーに辛くあたってた時期も

かなりありました。

ただ、挑戦することって凄くないですか?

自分が出来ないことに向き合うのって

楽しいですが、かなり疲れます。

ですから

新しいことしてる自分を褒めて

挑戦してる誰かを認める。

心の余裕があれば良いですよね。

もちろん挑戦し続けることに意味があるので

練習だったりし続けないと意味がないです。

そして、それをやり続けるのは本人次第。

勿論必要な議論だったり

時には間違えを誰かに正してもらったり

それを吟味する時間も必要でしょう。

ただ

批判してやめさせても、得ないので

全員が、全員を、応援しようぜって話でした。

ですからね。

僕がMacBookで記事書いてることも

文字数いつもより少ないながらも

頑張ってるんだなあと

暖かく見守りながら

あわよくば褒めてください。

そしてめっちゃ楽しいレッスンしてるので

スラップしてみたい方や

それ以外でもベースに関すること

気になる方はご連絡お待ちしてます。

https://twitter.com/nitta_FOOL/status/1305477035901378561

いや、最後宣伝するパターンのやつ!!!!

Dr.FOOL/新田

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事