1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】新田概論(仮)/第15回

【連載】新田概論(仮)/第15回

<毎週木曜日連載>

クリープハイプは傲慢で、捻くれていて、最高です

15回です!

前回投稿したひげだんの記事書くの、めっちゃ楽しかったので、今回もバンドを紹介していこうと思います!

以前、Twitterインスタで募集した話題のも、またやるので少々お待ちを!

今回は僕の作曲しようって気持ちを爆発させてくれたバンド、クリープハイプをご紹介していきます。

題して

『クリープハイプは傲慢で、捻くれていて、最高です』

やっていきましょう。

このタイトル、最後の”最高です”を見て

『社会の窓じゃん』ってなった方、正解です。

今度会ったら、セックスしよう。

訳が分からない人からすれば、

何故突然下ネタをぶっ込んできたの!?!?!?!?!?

ってなりますよね。

安心してください、歌詞です。

本当は今日のタイトルを『今度会ったらセックスしよう』にする予定だったんですが、怒られる映像が浮かんだので、やめました。

えらくない??

クリープハイプも、今や日本では知らない人がいないレベルのバンドですね。

おそらく “ ラブホテル ” とか

“ 憂、燦々 ”

FM802×TSUTAYA企画で、豪華アーティストとコラボしたことで話題になった “ 栞 ”

あたりが有名でしょうか!

僕が思う、クリープハイプの1番の魅力!

それは!!!

余白がほとんど無い限定的な歌詞!!!!

おいおい!

前回!!

ひげだんで!!

『余白のある歌詞最高』みたいな事を言ってたのに!!!!

情緒不安定か!!!

となりますよね。落ち着いてください。

前回紹介したOfficial髭男dismは、確かに余白のある歌詞が素晴らしいです。

そして、彼らの歌詞を例えるなら美しい絵画のようだと思うんです。

絵画って見る人によって、感想が大きく変わりますよね。

どこに目が行くかも人によって、変わると思います。

そして『好き嫌いは一旦置いといて、この絵凄くない?』って質問に対しては

おそらく皆一様に『凄い』って答えると思います。

対してクリープハイプは明治〜大正終わりくらいの文学だと思うんです。

文学も感想は人によって変わると思うんですが、それより評価が『好きor嫌い』に占めるパーセンテージが高いかと思います。

ひげだんが余白で多くの人を魅了するのに対して、

どんな人に向けた唄かというのが限定的で、聴く人を選ぶ音楽なんですよ。

というか、そもそも誰にも向けてなくて、勝手に受け取れ!的な印象です。

これが傲慢な部分ですね!
そのスタンスかっこよすぎます!
最高です!!

そして僕はクリープハイプに衝撃を受けて、

作詞作曲したい!!!!!

ってなりました。

クリープハイプいなかったらDr.FOOLの曲は誕生してなかったと思います。

全然音楽性違うやん!!!

って思われるのは分かってます。笑

インスピレーション受けたのと、アウトプットするのはまた別物ですからね!

ですが、良かったらDr.FOOLの歌詞見てみてください。

僕の書く歌詞は、かなり限定的です。

そして編集長の倉田さんに

『新田さんの曲ってかなり限定的ですよね。僕はそこが好きですが。』

と言われたことがあって

『コイツめっちゃ分かってるやん。』

って思ったことがあります。笑

なんで上から目線やねんオレ!!!!!

話を戻します!

バンドの紹介をする上で最初に歌詞を選んだのは、クリープハイプのキャッチーなメロディ・楽曲を支える上で、かなり比重が大きいと思ったからです。

自分の中の憂鬱な気持ちだったり、愛しい気持ちだったりを爆発させてて、パワーを生み出してる!すげえ!

曲自体も本当にキャッチーなんですが、これがまた捻くれてるんですね。

最近の日本の流行といえば、ピアノだったり何かしら鍵盤使う音楽とか流行ってるし、四つ打ちも段々少なくなってきてますね。

お洒落なビートとか多いし。

その中でクリープハイプは、ずっとギターロックをやり続けています。

もちろんシングルカットとかタイアップで、他の楽器沢山入ってるのもありますが。

そしてそのギターロックの中でも、少しパンクのニュアンスを感じます。

これは尾崎さんが好きな音楽が、GOING STEADYとかだということに起因してるのでしょう。多分。

ギターロックの中でも、やっぱりちょっと古いサウンドなんです。

そして、その辺りのニュアンスに四つ打ちが多めっていうね。

そしてその四つ打ちも、俗に言う2014年あたりにブレイクしたダンスロック勢のような速度じゃなくて、それらよりは少しテンポ遅めなんですよ。

なんじゃこりゃ!!!

どっちやねん!!!!

しかし!!!!

それが良い!!!!

捻くれてる!!!!

多分パンク的な音楽は好きだから、絶対に捨てないけど、四つ打ちみんな好きでしょ?

でもダンスロックしたくないんだよなぁ〜

じゃあパンクで四つ打ちするか〜

ってなったんじゃないかっていう、勝手な予想です。笑

とにかくどこか懐かしく、新しい、やっぱり懐かしい雰囲気があるのがとても良いです。

僕は高校生の頃、青春パンクにどっぷり傾倒していたので、おそらく好きになる理由のひとつにあるのだと思います。

この記事を読んで気になった方は、良かったらクリープハイプ聴いてみてください。

こっからはただのファンの話なんですけど

最初に紹介した『今度会ったら〜』の一節がある曲は “ HE IS MINE ” ってタイトルで、ラスサビ前のブレイクの歌詞なんですが

この曲を武道館のライブで演奏した際に

武道館で言っちゃいけない言葉ってのがあるらしくて、言わないけど分かるよな?(意訳)

って言ってブレイクでお客さんが大声で

『セックスしよう!!!!!』

って大合唱してるときに、かっこよすぎて震えました。(本当にただのファン)

あと一度、クリープハイプが京セラドームでのライブ前日に、たまたま奇跡的に同じスタジオで練習されていたんですが、

まさか自分が練習しているスタジオに、クリープハイプがいるなんて思わないもんだから

音漏れ聞こえたときに

『え?クリープハイプのコピバン?演奏ホンマに上手すぎじゃない?本物じゃない?』

って笑ってたら、まさかの本人やって

震えながらCD聴いてください!!!!

ってお渡ししたことがあります。笑

いえーい!!!!
ただの自慢ー!!!!

はい。
今回は最後まさかの自慢で終わりました。

来週は何書こうかしらね〜!

それではまた来週!

Dr.FOOL/新田

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事