1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第5回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第5回

<毎週金曜日連載>

漢字 についての考察

先日、話の流れで好きな漢字の話題になったんですが
僕は「優」と言う漢字が一番好きで
優しいとは人の横にズレてあげる事が出来て
真心を持って人を憂う事が出来る。
そしてそれは優れている。

これって素晴らしいよなぁって話をしてて
気づいたんですが
こういう漢字の部首を分けて意味が成り立つ
みたいなのってたまに聞きますよね?

例えば
「忙しい」
・心を亡くすと書いて忙しい
とか聞いた事ありますよね。

そう考えると
・人が動いて「働く」とか
・日のしたに雲があって「曇る」とか
・山の上と下で「峠」とか
直観的にわかるモノもありますし

・水に戻るで「涙」とか
・己の心で「忌まわしい」とか
・心に非で「悲しい」とか
少し考えさせられるようなのもあって

・人に言えば「信じられる」のに
・人に云えば「伝わる」とか
・正しいことを言うことが「証」だったり

・「聞く」のは耳だけなのに
・「聴く」には耳だけじゃなく心もあったりとか

すごく良い意味っぽいモノも多いんですが

・少し止まって「歩く」?とは??
いい事言ってそうなんですが
なんか変ですよね?

止まってんの?進んでんの?
ってなりますよね?

なので今回も調べてみようと思ったんですが
漢字全部を調べ出すとキリがないので
常用漢字だけに絞って調べてみた中で
ん?と思ったものを
もっと掘り下げればちゃんとした語源や意味が
有りそうだったんですが
あえて今回は僕の勝手な解釈で
書き出してみました。

・七つの刀で「切る」
刀多くないか??
逆に持ちにくいし切りにくくないか?

・手で支える「技」
そんなに支えるの難しいの?バランス?

・口のなかに木をいれたら「困る」
そらそうや!まず入れようとすなよ!

・口のなかに古いものをいれて「固まる」
あかんやつや!消費期限切れてるやつ!

・王さまが獣になって「狂う」
狂うどころじゃない!ミュータント!

・女が少ないなんて「妙」
男子校なら普通!

・女が石をなげるのは「妬み」
やり過ぎてる。。。話し合おう。。。

・女は台にのってなにかが「始まる」
高いとこの普段使ってない土鍋取るだけちゃう?

・田んぼの心を「思う」
難しい。。ナチュラルイマジネーション!

・車に非ずものは「輩」
そんなことない!みんなトランスフォーマーにみたいになる!

・石で皮を「破る」
シンプルになぜ???

・糸の内に「納める」
なかなか細いモノでないと。。。物理的に。。。

・糸のみで冬をこえようとすると「終わる」
そうでしょう!ダウンジャケット買おう!

・反って食うのが「飯」
食いにくい!気管に入ってむせる!あと行儀悪い!

・耳を食わせる「餌」
怖い!なにを飼っているの??

・包んで食うのに「飽きる」
ギョウザ?サンチュ?別のもの食べたら?
耳とか。。。

・自らの口から犬のにおいがしないか「嗅ぐ」
どんな心配をしての行為?何食べたん?耳??

・魚と羊で「鮮やか」
青とシロのコントラスト

・君と羊が「群れる」
どうした?羊好きなの?

・羊が言う「詳しく」
あっ!さっきの君は話を聞いてるの??
何の?あぁ~魚の!

・羊に羽がはえて「翔ぶ」
ファンタジー!
いや、喋れてる時点でファンタジー!

これだけ漢字を見ていると
逆で部首から今とは別の意味があっても
良いんじゃないかと思うものもありますね。

【球】イニシアチブ
【体】マン喫
【知】ミニモニリーダー
【鰯】グッピー
【宿】イナバ物置

。。。伝わらない覚悟はあります。

まぁ漢字から感じる事が肝心ってことですね!

ネコレクション/愁人

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事