1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第10回

【連載】サイツアキノリの膝ゴスティーニ/第10回

<毎週火曜日連載>

第10巻:扉しめて!

こんにちは、夜のメガドンキ

サイツアキノリです。

先日自転車の前輪がパンクしまして

近くの自転車屋さんにむかったら

自転車屋さんが潰れてまして。

「僕の自転車より、この店の経営の方が先にパンクしたんだなぁ」

と思いました。

パンクで上手いこと言おうとするあたり

僕もやはり人の子

ひいては

タケノコですね。

「人の子」と「タケノコ」で韻を踏んでくるあたり

僕もやはりツチノコ

ひいては

数の子ですね。

数の子美味しいですよね。

食べ終わって、ゴロゴロしてるとき

唇の裏あたりからさっきの数の子が出てきて

2度美味しいですよね。

あれ?

まだいたん?  的なね

息子の友達が家に遊びに来てて

2人して公園行ったなーと

思ってトイレ入ったら

息子の友達入ってた的なね?

まだいたん?的な。

「まさおくん、まだいたのかい?」

「タケルくんのお父さん、こんにちは、お邪魔してます。」

「お!ちゃんと挨拶して偉いね、いつもタケルと仲良くしてくれてありがとう」

「うん、僕、タケルくんと仲良しなんだ!」

「そうかそうか、これからも仲良くしてやってくれ。」

「うん!それからおじさん!扉閉めて!」

「はっはっは!これはすまない、トイレ中だったね?」

「うん、この家のこの個室がトイレなことは、所有者であるあなたには明確でしょ?扉しめて!」

「全くその通りだ、これは1本取られたよ、トイレだけに水に流して貰えるかい?」

「上手いこと言ってないで扉しめて!」

「学校の成績はどうなんだい?」

「今、聞くこと!?扉しめて!」

「好きな子いるのかい?」

「馬鹿なの?扉しめて!」

「今1番して欲しいことは?」

「扉しめて!」

SF映画が好きでしてね

特に宇宙船の中でエイリアンが襲ってくる作品が大好きなんですよ。

逃げられない空間で

主人公がどのようにしてエイリアンに立ち向かうのか!?

ハラハラドキドキしますよねー!

「ハァハァ…ここまで逃げればすぐには追って来れないわ…」

「しまった!!メインハッチの扉があいている!」

「大丈夫よ、メインハッチからここには通路が繋がっていないわ」

「よかった…窓が空いてるだけか」

「窓しめて!宇宙空間だから!空気バンバンにげるから!」

「そうだな、水も出っぱなしだし」

「蛇口しめて!宇宙船って蛇口あるんだ!?」

「今以上に早いストレートパンチを出したい!」

「脇しめて!後いきなりボクサーになるのやめて!

そして、社会の窓が空いてるわよ」

「おっと、ここもしめときますか」

さて、いかがだったでしょう?

記念すべき10回目の膝ゴスティー二。

今回も意味不明でしたね。

皆さんも心の扉は閉めずに

これからも、やさしい気持ちで読んでくださいね。

そんなことを言いながら

この記事をしめますかな。

君がそうなら僕はこう/サイツアキノリ

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事