1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】新田概論(仮)/第8回

【連載】新田概論(仮)/第8回

<毎週木曜日連載>

運命の人、探しにいこう

新田概論第8回、はじめます。

この書き方をして思い出したんですが、BRAHMANが『BRAHMAN、はじめます』って言ってからライブ始めるのがめっちゃカッコよくて、真似したいなぁって思ってました。

シゲちゃんもエモくなった時に、『Dr.FOOL、はじめます』ってたまに言うんですけど、あれ聞くと僕もめっちゃ上がってます。

今回のお題は、運命の人が何人いるかについて考えてみたいと思います。

よく、運命の人は70億分の1人だから大切にねって話を聞きますが、それは違うんじゃないかと。

いや、好きになった人を大切にするのは当たり前なんで、それは合ってるんです。

自分にとっての運命の人は、もっといるんじゃないかって話。

この話をネコレクションの愁人くんと話してたんですけど、面白かったんで、僕も考えてみようと思います。

僕個人について考えてみたものになるんで、同じ計算式で、ご自分の確率考えてみたら、おもろいかもしれないです。

まず全世界の人口ですが、77億人。

そして僕は日本語しか話せないし、海外に行く予定もないので、日本在住の方以外を排除します。

日本の総人口は約1億2593万人。

さらにここから、僕の恋愛対象は異性のみですので、日本の女性にスポットをあてます。

日本の女性の人口は約6481万人。

そこからさらに僕の年齢的に、20〜35才くらいまでの方が恋愛対象ですので、その人口は約938万人。

77億人に比べると、かなり絞られてきましたが、まだかなり確率低いですね。

僕は全国各地をツアーで回っていたし、細かい計算をし始めるとややこしいので、日本在住の方全てに出会う可能性があると考えても良いのですが、関西から出る予定も現在なく、ツアーの数日で恋愛関係になる可能性は限りなく低いし、遠距離恋愛は無理だと思うので、関西以外の方が運命の人である確率を、便宜上0とします。

さらにどこからが遠距離かという話にはなるのですが、他府県だと会うのが大変ですので、大阪府だけにします。

関西で1番人口が多いこと、同じ府内でも出会う確率が少ない遠方も含むこと、他府県から大阪に働きにくる方も多いことから考えて、大阪府の人口だけで考えると、誤差の範囲ないだということにします。(適当だけど許してね)

ですので、約70万6000人。
府別になると、途端に詳しいデータが無かったので計算してみました。

ここにその女性の外見が、自分にとって好みであったり、付き合う事が可能かどうかという割合をかけてみます。

これは今まで出会った中での感性になるので大雑把ですが、10人いたら3人くらいでないでしょうか。

ということで、30%をかけます。
ですので、21万1800人。

さらに相手が僕のことを好きになってくれる確率と、僕が相手のことを好きになる確率を考えてみます。

僕が好きになる確率は高そうですが、向こうからのは低そうですね〜〜〜!!!!!

ですので、ここは5%くらいということにしておきましょう。

高いですか??うるせえ!!!!!!!!!!!!!

それを置いておくと、10590人まで絞ることができました。

さらに未婚なフリーである必要性があります。

このデータも詳しいものがなかったので、1/2で結婚してないと考えて、50%ととしましょう。

5295人です。かなり現実的な数字ですね。

まだ考えないといけないことがあります。

男性の結婚までの付き合う平均人数は4人とのことですが、これは裏返せば付き合っても4人に1人はなんらかの理由によって別れてるということです。

つまりこの人数に1/4である、25%をかけます。

よって1324人ということになります。

しかし!!!!!
まだ考えないといけないことが1つあります。
離婚率です。

離婚率とは、ざっくり言うと運命の人だと思ったら違うかった割合です。

日本の離婚率は平均35%。

さらに結婚後、離婚していない夫婦で不満がないと解答した割合は68.4%とのことですので、これらをそれぞれかけます。

結論でました。

317人。

ここに大卒が良いとか、ロングヘアーが良いとか細かいことまで考えたら、さらに少なくなりますが、僕にはおそらく317人の運命の人がいるということがわかりました。

なんとも、モテモテですね。

ははは。

いかがだったでしょうか?

以前話しましたが、女性からの恋愛相談をよく受けるタイプなので、

今後は『今の彼氏に不満があるなら、あと300人近くいる運命の人を探した方が良くない?』って話しようと思いました。

今の彼氏彼女や、配偶者が運命の人だと、心から思える人は、その人を大切にしてあげてください。

317人って聞くと多く感じますが、77億人の中の317人に出会う確率って、計算しなくても分かりますが、すんごい確率です。

それ以外でも、気の合う仲間や親友との出会いも同じことですからね。

この記事を読んでくれてるあなたと出会えたことも、本当にすごい確率ですから。

愛してるぜ。

下らん話しても、最後良い話風に締めようとするクセ、治そうと思います。

Dr.FOOL/新田

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事