1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第8回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第8回

<毎週水曜日連載>

失恋の涙は味がしない

どうも!おはそら!
大阪で活動しております街鳴りというバンドをしているギターボーカルのSorakoと申します!

最近は連載を読んでくれた人たちから「連載楽しみにしてます」、「元気もらってます」など、お言葉をもらえるようになって本気で嬉しくて喜びに浸っております。

毎週水曜日連載で、記事の期日は金曜日なのですが
今日は火曜日です。
ありえないことなんですけど、
私はあえて書いてる曜日を伝えます。
タイトルにあるように私は本音やリアルなことを書きたいのです。

実は昨日の早朝に彼氏と別れました。

この1週間しんどかったのですが、
昨日遂に終止符をうつことができました。

前の連載でもあるように結構私いろんな人と付き合ってきたのですが、今回の人はなんというか今までと違いました。良い意味で。

相手のことを書くとプライバシーなので
どんな人や出会いなどは書かないことにします。

ただただ好きでした。

別れた理由は、相手にとって私の存在がしんどかったそうです。

と言うのも、
今まで私の経歴、両親が病気で亡くなってる、家がなくなったことや極貧生活送ってたことや鬱病を患っているなど彼には付き合う前に全て伝えていました。

それを聞いて、私が今まで男性に言われたことなかった、でも言われたかった言葉を彼がくれたのです。

「支えたい」

私はその言葉でこの人を好きになろうと決めました。

ただこの言葉によって彼が自分自身の首を絞めていたのです。
彼は付き合ってから分かりましたが、かなり考える人でさらにマイナス思考で、相手のことを考えすぎる優しい人でした。

それにより、私が不安を見せるとそれを気にしてしまう、そんな人でした。

最近ある話し合いをした後から、彼の様子がおかしいことに気がつき、一昨日の晩に話を聞くと、私と付き合うことがしんどくなってきたと言われました。

会社も今仕事が大変な時期で、友人関係のことでも悩んでいて、さらに彼女のことでも不安にさせたらいけないと考えたら、何もかもがしんどくなったと。
どっちかが無理をしないと付き合っていけない関係なら私達は合わないんじゃないかと。

私は付き合うってことは相手のことを考えることも大事と思ってます。
素でいられる関係の上にも、ある程度の気遣いや変化を自分たちで作ってると。
好きな相手のために変わろうとかこうしようって思うことも必要と。
でもそれができないなら、それは相手のことを本気で好きじゃないのかと思ってます。

彼は私の考えてることを聞きたいと思って伝えたと言いましたが、もう別れたいというメッセージがこめられてると分かりました。
ここで私が何を言おうが変わらないし、きっとこの先も一緒にいるべき相手ではお互いないと思って、私は別れる選択をしました。

早朝に始発で私は帰りました。
そのとき走る音がする度に彼が追いかけてきてくれたのではとか馬鹿な期待をして、泣けてきました。

今まで色々付き合ってきましたが、別れて泣いたのは久しぶりでした。笑

そっから涙腺やばくて、家帰ってずっとベッドで号泣してました。
携帯の中の彼が写ってる画像全部消して(笑)

昨日バンド練習もあったんで、その前に個人練で1人スタジオに入って、作り始めてる新曲づくりしてたんですけど、歌詞がいまの私にぴったりすぎてなんでこんな歌詞書いたの自分と思いながら、また号泣(笑)

バンド練習で泣かずにいけるかなと思いながら行って、最初は触れずに明るくいこうと思ったけども、笑い話にしてやれと、「朝彼氏と別れましたー!」って言って号泣(笑)
いや泣くんかいってね🤣🤣

10分遅刻したし、久しぶりのドラムぞのさん交えての練習だったのに2人とも私の話を聞いてくれて、意見言ってくれてめちゃめちゃ2人好き!!!!ってなりました。

私には仲間がいてる。

そして練習終わりは親友がかけつくてくれて、次の日仕事早いのにマクドで終電までいてくれて。

私には友達がいてる。

私は頑張ります。
短い時間でしたが、好きでいさせてくれた彼に感謝して。

いろんな思い、本音を音楽に全部ぶつけていきます!!

これからも私は音楽で表現していきます!
 
いつかお互い心から支えたいと思える人と出会えることも祈って。

以上!街鳴りSorakoでした!

来週こそ恩人のコアラさんの話を書きます!
大事だからとためすぎました。

それでは!また来週!!

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事