1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第6回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第6回

<毎週水曜日連載>

落としてきたもの

どうも!今週もまたやってきました!


街鳴りというバンドをやっております、
ギターボーカルのSorakoです!
いつもはドラムのぞのさんとベースのごーちゃんと3人で大阪で活動しております!

これを言っておかないとこの女誰?となると思いますので、毎回言います(`・ω・´)キリッ 笑

今週は今書いております気分により、私の今までの色恋沙汰を皆様に共有したいと…………
思っておりましたが、急遽先送りにしたいと思います!!(どうした)

タイトルを見て「ん?」と思われた方何人かいらっしゃるのではないでしょうか!
なんかエモいの意識しやがったかこいつ!みたいな!!😅

この「落としてきたもの」とは私が2年前に書いてた携帯小説の題名なのです!
その他にも恋愛の携帯小説も書いたことはあるのですけども!
そう、私は無類の本好きで、お笑い芸人や女優の夢の他に小説家も目指してました!!

「落としてきたもの」はノンフィクションで私の実体験になります。仮名では書いてますが、母親が癌になったとき、亡くなったときのことを細かく書いた短編ですね!
家がなくなったときや、愛犬を手放したときのこと、祖母が交通事故にあったことなど、いろんなこともっと書いていこうとしてましたが、執筆中で止まってる作品ではあります。

少しずつ書き上げていきたいと思っております!

途中ではありますが、お母さん編は書けてますので、お暇な方はどんなもんじゃいって感じで読んでいただけると嬉しいです。
ただモバスペブックというアプリで書いているので、アプリとらないと見れないのでお手間かもしれませんが、無料ですので、もしよければ宜しくです!

落としてきたもの
http://mbbook.jp/b/1283111/

by モバスペブック http://book.xmbs.jp/

なぜ突然この話になったかと言うと、3日ほど前に亡くなった母と父と祖父が夢に出てきて、泣きついた夢を見たんですよ。

それだけの夢だったんですけど、とても温かくて、悲しくて。

そのとき、前にお母さんのこと書いた小説を思い出して読んでみたら、また泣いてめんどくさいやつなってました。笑

このメンタル周期がたまにくるのですが、1番酷いときにできた曲がありまして、それが弾き語りで毎回歌っている「なめらかプリン」という曲ですね!

両親のこと考えて書きました。

天国があるのかないのか、そんなファンタジーな話にはなりますが、もし死後の世界があったとして2人は私のことを覚えてくれているのかなという考え方に至り、歌詞にも書いています。

そんな考えになったのは私の好きなピクサーの映画で「リメンバー・ミー」という映画を見たからです。その話の中で死後の世界があり、ただ人に忘れられたらその世界からも消えてしまうというシーンがあり、それを見て忘れられたら死ぬというのは確かにそうだと感じました。

私も死んでも誰かが私のことを思い出して欲しい、覚えていて欲しいという思いが強くて、有名になれたら両親のことも伝えられて、みんな覚えてくれるのではって思いで、芸人や女優などそんな世界の夢ばかり追ってきてました!笑

でも今は音楽というのが私の人柄的に合ってるな、とつくづく思います。

人間のリアルな感情の部分が伝わる歌詞や入りやすいメロディ作っていきたいと思います。
辛い悲しい寂しい、自分は変わりたいって気持ちなど誰もが抱いてる感情を歌える歌を。

音楽やってる子やはり若い子が多いんですけど、今のこの年齢だから伝えられる、私しか伝えられない曲やれるバンドになりたいです。

まだまだ私の人生これからです!!!

お父さんの夢だったバイクで日本一周、バンドで日本一周してみせます!(≧∀≦)メンバー聞いたら怒るかもだけどw

私のコラム、いつもなんか暗いのか明るいか分からないですねww

最後に私が初めて作った弾き語りの歌、「なめらかプリン」の歌詞を載せて終わります!
これを初めてTwitterに投稿した時、プチバズりしたツイートのURLも貼らせて頂きます!

それでは、また来週もできれば読んでください!!

街鳴りのSorakoでした。

なめらかプリン/Sorako

また明日ねと君と交わした言葉はもう
あぁ、いつのまにか過去へと変わる
思い出せない

あの日のことはいつか
謝ればいいとそう思ってた

明日も僕は君のことを思い出す
僕のこと君は覚えてますか
君と笑いあったあの部屋
君の笑顔がまだそこにあるよ

なんとかなると笑って言ってた君はもう
どこにもいない もう声も聞けない
君に会えない

君が好きだったプリン
今でも僕は食べれないよ

明日も僕は君のことを思い出す
僕のこと君は覚えてますか
君と喧嘩してた日々が
懐かしくて愛しいよ

あの日も君は僕の事ばかりで
僕はまだあの日のままだ

君はもうここにはいないけど
君のこと僕は忘れないから
君に伝えたかった言葉
愛してくれてありがとう

Sorako

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

過去の連載記事

関連記事