1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第33回

【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第33回

<毎週金曜日連載>

RAYSA/今日の1曲

https://youtu.be/f8FXpQVXhK4




ないものねだってばっかり

おつかれいさ!

少し前の話ですがみなさんはGW、どのように過ごしましたか?私は地元に帰りました。今回のテーマは地元の話。

私は高校卒業まで愛知県豊田市にいました。豊田市って車の街で有名で、その他は…というとそこまでなイメージと勝手に思っている。都心部といえどもあまり派手に栄えているわけでもなく、暮らしていた頃は全然好きじゃなかったです。

好きじゃない理由というのは割と東京に出た理由にも通ずるものがある。なので、好きじゃなかった理由と東京に出たことについて書く。

まず1つめ。遊び場がなかったです。交通機関があまり充実していない(恐らくクルマ社会だから)うえに、豊田市から都会の名古屋へ行こうとすると往復で1500円くらいかかる。ので、豊田市内で遊ぶことが多かった。高校生の時はバイト禁止だったし。遊ぶことなんか友達とサイゼとかジョイフル(西日本に多いファミレス)とかマックでひたすら喋るか、カラオケか、ゲーセンでプリクラを撮るか。あとは公民館みたいな所があって、勉強したり(遊んでない)何故か無料で出来る卓球をしたり。本当にこれだけでした。事情で家に人は滅多に呼べなかったし。

場所的には物足りなさを感じながらも、地元の友達と上に書いた遊びをしている時は最高に楽しかったな。

高校生になってからは、1年に2、3回名古屋に出てライブを観に行っていました。当時は好きなバンドが沢山あったけれど、選ぶ必要があった。BUMP OF CHICKENと[Alexandros]は行きました。ライブを観に行くという感覚は今より気持ちの面でとてもとても贅沢で貴重でした。

今思い返すと割と楽しい感じではあったかもしれないけれど、当時の私は物足りなかった。もっと色々したい、見たい、という窮屈さは少なからず上京のきっかけになっている。

東京へ出てきて、23区外から新宿とかへ行くお金がとても安いと感じたし、自分で稼いだお金で好きなバンドのライブに行きまくれるし、美味しいお店も山ほどあるしでワクワクしたのは思い出です。

2つめ。結構田舎なので、狭いコミュニティならではの面倒くささがありました。私はそんなに友達は多くなかった。多分ちょっと変わった人だったんだと思います。見た目も中身も。どうしても人の数が少ないとか集まる場所が少ないとかだと多様性なんてものは分からないと思う。小さな噂話だったり、悪口だったり、そんな事を言う人達に休日は会いたくもなかったけれど、ばったり出くわすのが多くて結構嫌いだった。

その点東京は「冷たい」とか言われがちだが、「いちいち人に興味を持っていたら疲れる」とか「深堀りすらできないせわしなさ」みたいなものがあるんだと思う。それはとても心地よかった。好きに生きていいし、それに対してあーだこーだと変なことを言う人も比較的少ない。

ぱっと思いつくのはそんな感じ。このままこの狭いところで死んでいくのは何だかなと思っていた。音楽活動したかったし、有名になりたいと思っていたし。

東京で出会った人達や仲良くなった人達の方が圧倒的に多いし、面白い人達ばかりだ。地元にいたら出会えなかったかも。

あんまり好きじゃなかった地元だが、この前帰ったらとても楽しかった。たまに帰るからいいんだろうなって思うけどね。

父の縁で山間部に行った。沢山の緑やのどかな空間。普段、都会で高い建物ばかりに囲まれ働きそして歌い、緑豊かといえども人工物でしかないような所で生きていたから、あの山はとても新鮮だった。そしてそこにいる人々、山ならではの好きな事ややりたい事で自分の人生を切り開きまくっている。かっこよかった。

山だから、猪や鹿など野生動物が出る。野生動物たちは農作物を食べてしまったり、生態系を破壊したりすることもあるようだ。だから猟師がいる。狩った野生動物を破棄するのではなく、食料として消費し、人間の命にする。また鹿の角は加工してアクセサリーに。毛皮もそう。そのような事をプロとして生業にする方々と接する貴重な機会があった。

思想はそれぞれあるから、それを良しとしない人もいるけれど、私は良いなぁと思いました。
そんな大人になってから分かる良さがあの土地にはあった。移住する方もいるそうだ。

山間部にはそんな素敵な文化がある。もう少し早ければ大学で研究したかもしれない。私にとってあまり好きではない思い出が多い所だった地元は、そんな過去ではなくきちんと今、未来、時を刻んでいるのがわかった。とんでもない収穫である。

豊田市の山間部は癒されるし楽しいので、これからも魅力を探していきたいなとポジティブになった話でした。ありがとうございました。
ではでは、今週も皆様、おつかれいさ!

P.S.

新しい仕事になり、月曜〜金曜の勤務なので本当におつかれいさの金曜を感じている。

RAYSA




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事