1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第32回

【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第32回

<毎週金曜日連載>

RAYSA/今日の1曲

https://youtu.be/Xp8uPyVvvRQ




五月病を予防したい

おつかれいさ!

GWが終わりました。五月病を予防したい。あんまり深刻な五月病にはなった事がないのは、恐らくたまたま五月病の時期にピンポイントで新しいことを始めがちだからだと思う今日この頃。今年は新しい仕事が始まる。去年は編曲を本格的に進めていたっけ。

さてさて、今回のテーマは新しいペットの話をします。SNSでも載せましたが、最近「ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)」通称「レオパ」を飼育し始めました。ヤモリの仲間ですね。割と飼いやすい部類らしく人気なので知っている方もいるかもしれません。ゆっくり動くし噛むことはとても珍しい。虫など生き餌を与える人もいますが、レオパ用のフードも売っていて虫苦手でも何とかなる。ただフード食べなくなっちゃった時とか、いざって時に生き餌あげなきゃの時があるから、心構えは必要。

サムネは私が飼い始めた子。かわいい。名前は「ぽこ太」。ペットショップに勤めている恋人の繋がりで飼うことになったぽこ太だが、実は色々「普通」じゃない子だ。

背骨としっぽが少し曲がっていて、指が多い。だから売ることができずにお店は困っていたとの事。外見は少しみんなと違うけれど、他は問題ないようです。みんなと少し違う外見だが、ぽこ太はとても上手くご飯を食べるし、体の構造を分かっているのか賢く動いている。愛らしいと思っている。

あとぽこ太は口角が上がっていて、笑っているように見える。これが動くとまばたきもするしとても生きている感があってかわいい。メロメロです。こんなにかわいいのに、売れない子なんだと思いました。率直に。ルール、大人の事情、あんまり気にしないスタンスで良かった。

自分自身が外見の事でコンプレックスやら悩みやらを昔はよく抱えていた分、ぽこ太の頭の良さや無邪気さを見て、そんなの関係無いと思う人もいるんだなと再認識させてもらっている。ぽこぽこした背骨なんかも結構かわいいのだ、問題なし。コンプレックスと思われる事をかわいいと思う人もいる。

結局は自分の問題なんだよね。生きていればいいし、他人の物差しなんてどうでもいいのにそうはいかない時もあるのが人間。ぽこ太はきっと他者と比較しない。自分の「普通」がぽこ太の「普通」。彼のように寝て水飲んでご飯食べてだけでは生きていけないけれど、生き物として結構リスペクトしている。自己肯定感高い子だ。実際頑張って生きてきた。来月1歳になるそうだ。大きくなってね。

いくらかわいい我がペットといえどもベタベタ触ることは良くないレオパ。基本的に放置プレイ。猫と接する感じ。気ままでのんびり、なんかマイペースに過ごしている猫っぽいなとレオパを飼ってみて思っている。

レオパの寿命は10〜15年らしい。しっかり生命をまっとうしてほしいと思う。守ってあげないとね。放置大切。

さてと。今回はペットの話でした。定期的にぽこ太はSNSに出現しますのでよろしくお願いします。

RAYSA




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事