1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ライブレポ】ソライロシアン/高らかに鳴り響く再始動の鐘

【ライブレポ】ソライロシアン/高らかに鳴り響く再始動の鐘

2022年2月6日(日)。
約半年ほど活動を休止していたソライロシアンの再始動を飾るライブが、下北沢DaisyBar(@daisybar_Tokyo)で開催された。
苦楽を共にしながら駆け抜けてきたメンバーの脱退やパートチェンジなど、バンドとしての試練を乗り越えた1発目のステージ。
新曲を含むセットリストで、ソライロシアンの新たな幕開けを感じさせてくれたライブの様子をレポートする。

と、レポートに入る前に、まずはダイジェスト動画を見ていただきたい。

彼らの熱量、再始動に向けた意気込み、勢いを感じていただけるのではないだろうか。

ではレポートを始めよう。




ソライロシアン第二章、開幕!

暗転の中、SEであるインスト曲、“ 黎明 ” と共に蒼く、妖しく照らし出されるメンバー。

その流れから新曲 “ 夕景 ” へと続く。
実質的な1曲目になるここで、サブスク配信されている楽曲ではなく、あえて新曲を持ってくるあたり、ソライロシアンの新章に対する強い意志を感じる。
アルペジオと歌だけで始まり、キメを多用した楽曲構成、哀愁をまといつつも「前へ前へ」と進むような疾走感を感じさせるメロディで観客を揺らす。
休止という闇を抜け、その先にある光を掴んだ瞬間を目の当たりにしたような気持ちにさせてくれた。

そして3曲目 “ Empty ” 。
心地よいギターフレーズが満載のロックチューンだ。
4ピースだった以前よりもギターのアレンジが前に出ているように感じるのは、3ピースならではのパフォーマンスのせいなのか、まとまりよりも攻撃的な側面を感じさせてくれる。

ここでMCパート。

「こんばんは、ソライロシアンです。いろいろあって半年くらい活動をお休みしてたんですけど、いろいろ整ったんで今日からまた歩き始めようと思います。いろいろ心配かけましたが、この場でお礼を言わせてください。ありがとう。」

彼らを待ち望んだファンから熱い拍手が贈られる。

「お休み前の最後のライブもこのライブハウスでやらせていただいて、今日またここから始めることができて嬉しく思います。ありがとうございます。いいニュースが最近ないけど、今日この場は楽しく過ごしましょう。」

しっとりしたMCの流れを引き継いで、ミディアムバラードの “ レイン ” へと続く。
イントロの妖しげなギターの雰囲気が印象的な、筆者個人的なフェイバリットソングである。

少しのトラブルもありつつ、5曲目 “ コトノハ ” がスタート。
緩急を効かせた展開と、サビのメロディが心に残る一曲だ。
少し苦しそうな表情で歌うシアン(Ba.Vo)と楽曲の雰囲気が見事にマッチしていて、その世界にグッと引き込まれる。

続く6曲目 “ カゲロウ ” は、ミディアムテンポで歌謡テイストをまとった導入部からサビで一気に捲し立てるロックナンバー。
絶妙な場所で差し込まれるドラムのフィルが心地よく、会場全体を牽引していく。

そして、

「最後の曲です。新曲。ワールドエンド」

という曲振りから始まったラストソング “ ワールドエンド ” 。
新曲から始まって新曲で終わるところも、未来に向けた布石を感じずにはいられない、実に憎い演出だ。
“ ワールドエンド ” はゆったりとした熱いバラードで、個人的にはソライロシアンで初めての雰囲気の曲だなと感じた。
ロングトーンを多用した伸びやかなメロディラインで全体を構成し、アルペジオで終わるという、ライブのラストソングにふさわしい感動的な締めくくりである。

こうしてソライロシアン第二章の幕開けを飾るステージは終了した。




ピンチをチャンスに変え、歩みを止めない強さを見た

ダイジェスト動画や写真を見てわかる通り、これまでギターボーカルだったシアンは、今回からベースボーカルへと転身している。
これまで彼らを見てきたファンからすると、その変化に戸惑ったかもしれないが、歌とベースを同時に担当するようになったことでシアン(Ba.Vo.)のリズム的な安定感が増し、カズ(Dr.)とのペアリングが強調されたように感じた。
それに呼応するように、土井(Gt.)のギターサウンドが、より奔放になって、これまでとはまた違った魅力を発揮している。

バンドとは、個性をぶつけ合って構築されるものである。
だからメンバーが変わることでバンドの雰囲気が変わるのは仕方のないことで、それをどう感じるかは聴き手に委ねられるところだろう。
しかし、いろいろなこと乗り越えながら、それでも好きな音楽を追求するべく前に進もうとする彼らからは、微塵もネガティブな要素を感じないのだ。

これからもいろいろなことが待ち受けているかもしれない。
しかし、その都度チャンスに変えながら、負けることなく、強い意志で歩み続ける彼らは、これからも自分たちの信じる音楽をステージで見せてくれることだろう。

新たに開幕したソライロシアン第二章。

今後の彼らの活動から目が離せない。




SET LIST

<2022年2月6日/下北沢DaisyBar>

  1. 黎明(SE)
  2. 夕景(新曲)
  3. Empty
  4. レイン
  5. コトノハ
  6. カゲロウ
  7. ワールドエンド(新曲)

(Photo by Cathy Wellincia / Text by 倉田航仁郎




関連記事