1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第77回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第77回

<毎週金曜日連載>

ネコレクション/今日の一曲

https://youtu.be/kdmifvsWgXs




もちあい についての考察

先週末はハヤシライフで
ESP DIPLOMACIRCUIT 2022に
初めて参加させて頂きました。

ライブもすごく楽しんでもらえて僕たちも楽しかったです。
そして同日のshule And christmasにOKNがゲストプレイヤーとして
参加すると言うので
ハヤシライフメンバー全員で見に行きました。
シンプルにカッコいいなと思うのと
もちろんshule And christmas自体カッコいいんですが
そこにOKNが加わってこうゆう変化があるんだとか
こうゆうアプローチがあるんだとか
OKNの良さを再認識と新たな発見もあったりで
今度こうゆう提案してみようと言うアイディアが
たくさん浮かびました。

僕はメンバーを客席から見るライブが好きで
ハヤシライフメンバーもそれぞれ
OKNがサポートで色んな鍵盤の現場を見に行ったり
新田くんが密会と耳鳴りを弾いてるのを見に行ったり
ずんちゃんがヒミツノミヤコで弾いてるのを見に行ったり
ネコレクションでも
片田江さんがやってるキンダーガーデンや
(この前はスケジュール的に行けなかったので配信で見たんですが)
ヨシ兄が空中投歌で叩いてるのを見たり

それぞれに良いと思うところがあって、もちろん各グループをやってるんですが
その再認識と発見からアイディアや尊重したい部分が見えてくる気がします。

同じ各グループとして
一つの音楽、活動を作る為に
各メンバーの良い部分を集めて、共有して、協力しているんですが
その各メンバーの良い部分は各メンバーのものなんですよね。
「良い部分」と呼ばれるものは僕には出来ない事で
補い合う為であったり、よいアンサンブルを作る為に
持ち合っているんですよね。
当たり前っちゃ当たり前なんですが
各メンバーそれぞれが培い、磨いたものを
集めて、共有して、協力しているんですよね。

そう考えると
ペースやベクトルや人数は違えど
『愁人ワークス』も『ハヤシライフ』も『ネコレクション』も
一緒に活動出来る事が嬉しいし、ウキウキするし、ワクワクするし
尊重したい気持ちと有難みが沸くんです。

なので僕はメンバーを客席から見るライブが好きなんでしょうね。
それと同時に自分もそうゆう機会は積極的に参加しようと思います。
今月だと2/18に心斎橋ANIMAでセッションイベントに誘って頂いたので
行こうかなと思っているのと
2/26にはシンガロンシンガソン2022Winterに
SiMAくんにコラボステージにに誘って頂きました。

この連載も個人の活動ですし
自分の言葉・ライブ・活動を必要に感じてもらえる様に
それは読んでもらってるみんなにもですが
まだまだ頑張らないといけないですね

ネコレクション/ハヤシライフ/愁人




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事