1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】ivory iris結乃のコトバツムギ/第20回

【連載】ivory iris結乃のコトバツムギ/第20回

<毎週水曜日連載>

ivory iris/今日の1曲

https://youtu.be/U3rhiX2qg-k




BLAST!!!!!

こんばんは!
ivory iris Vo./Gt.結乃です。

前回の記事では⅖に行われた映像投影ライブ『BLAST!!!!!』に出演してくれた対バンの皆さんのことを書きましたね。

毎回毎回、対バンの皆さんのこと沢山書いちゃうので自分たちのことを書けないという。゚(゚^∀︎^゚)゚。
今回こそは私たちのステージについて書こうと思います。゚(゚^∀︎^゚)゚。

今回、企画に携わっていたという事でわたし達はトリをさせていただいたのですが、正直言うと錚々たるバンドを揃えてしまったので出番が近づいてくるにつれ、楽しみよりも緊張や不安の方が大きかったです。
(まぁ緊張の方が楽しみより大きいのは毎回なんですが…笑)
でもステージに立って歌っているとそんな不安は必要が無かったとすぐ分かりました。前回の記事でも書きましたが、この日のお客さんは本当に温かかったんですよね。
正直な話、客席の雰囲気って皆さんが思っているより凄くステージに伝わってきます。客席がバンドマンで溢れていると、大袈裟な話 目が鋭いんですよね…笑 上手くは言えませんが、音楽を楽しんでもらっているというより、評価されているという感じ。
この日はそういう雰囲気が全く伝わってこないくらい、客席の皆さんが私たちの音楽を思い思いに楽しんでくれているのが伝わってきました。だから私もいつもより楽しむことに極振り出来た気がします。

映像とマッチさせながら演奏する、という経験は初めてでしたが、映像を見ながらその向こうに見えるお客さんを見ながら演奏していると、いつもより感情が溢れ出てきました。特に「生きる」という曲はふくたくんが映像を担当してくれていたのですが、私たちの普段の思い出を動画に収めてくれていて、皆さんにはどう見えていたのかは分かりませんが、私にとっては全て大切な思い出なので、より一層大切な気持ちを込めてこの歌を歌えたなと思っています。

あと嬉しかったのは、まさかのアンコールが貰えたことです。本当にこの日はアンコールなんて用意してなくて、というかアンコールという概念をメンバー全員忘れていて(笑)この日に向けて練習していなかった「さよなら」を1曲やらせていただきました。゚(゚^∀︎^゚)゚。でも不安なんてなくて、楽しいという気持ちと感謝の気持ちだけで演奏して、いつもより粗があったかもしれませんが客席やメンバーを見ていると最高だ、と思えました。

最後に、こんな素敵な1日を作り上げてくださったミューラビの皆さん、寺田町Fireloop、OSCA、天上天下、RainDoll、Ruby Seaside、そして見てくれていた皆様、本当にありがとうございました。またこんな楽しいことが出来たらいいな。

それでは次回この場所で!

ivory iris/結乃(Vo./Gt.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事