1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第24回

【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第24回

<毎週金曜日連載>

RAYSA/今日の1曲

https://youtu.be/odPGdlTN3wM




苦手な事について

おつかれいさ!
RAYSAです。

最近仕事中にあたたかいアップルティーを飲むことにハマっています。タンブラーを持参して、職場の給湯器でただ淹れるだけの紅茶。でもあたたかさとか香りとか、癒されるしお気に入りです。マイタンブラーは自販機で飲み物を買うのも避けられるから節約にもなる。日常の小さな幸せです。

まずはじめに告知。

2月12日(土)にライブします。私の大好きな友達とその家族のイベントです。私生活と音楽活動色々混沌としてしまって長い間連絡取らなかったのですが、去年仲直りをして大切に変わりはないと思っているのです。前に一緒にバンドやってた方もね。
この1日はあたたかい気持ちでいたくて、楽しみです。是非見てください。無料配信もあるので。

このイベント含め、ライブ情報はホームページにまとめてあるので詳細はそちらでチェックしてみてください。

https://raysa.localinfo.jp/pages/4169860/static

さてさて、今回は私の苦手な事について書きます。25年間生きてきて、未だに苦手だなーって思う事は「自己肯定」です。私の音楽や表現をご存知の方々は、きっと分かっていることでしょう。「自分を愛す」「自分を肯定する」
人によっては無意識に出来ちゃう容易いこと。そう見えるだけかもしれないけどね。
私にとってはすごく頑張らなくちゃ出来ない。それも取ってつけたやつが生まれるだけみたいだ。だから色々を頑張って生まれた「自分への愛」や「自己肯定」って、中途半端な自尊心と仲が良くて、これじゃないななんて思うのです。すごく難しいなと思うのです。

私の憧れる自己肯定は、ただ生きているだけで堂々としていられること。そして、私がそれを長い事それがやれない理由は、私自身が変われないからだと思っている。過去、幼い頃から、ただ生きているだけで、なぜか人から嫌われた。ただ生きていると思いつつ、何か私は自分勝手な事をしていたり、人に迷惑をかけていたのかもしれないけどね。当時の私にはその理由が、人が私を避ける理由がわからなかった。だから、ただ生きているだけじゃ自信が持てなくなった。

優しかった高校時代の友人には「どうしてそんなに自己評価低いの!全然そんなことないのに」って言われて、それを言われて「え、私って自己評価が低いんか?」と思うようになったくらい。自己評価や自己肯定にまつわるものさしが少しおかしい。

昔の私、小さな頃はみんなと同じがよかったのだ。寂しいから。ひとりぼっちは。でもみんなと同じでいられなかった。私は気難しい性格だから、そして外見が醜いから、かしら。実際にこの気難しさと外見の醜さを言葉にして投げられまくっていた。思い出したくもない事が過去には山ほどある。

嫌になっちゃうよね、みんなと比べてあれがこれが劣っているからと、笑いものにする。「普通」を押し付けられる。大嫌いだった。そして完成したのは、結局人と比べてばっかのコンプレックスまみれの卑屈器用貧乏人間。

女って性別を持っているから、その他の女と容姿を比べられた。華奢でもない、髪もきれいじゃない、ひねくれているから笑顔も汚い。どうして女ってだけで「カワイイ」の土俵に勝手に入れられるんや。嫌気がさした11歳の私、スカートとか全然履かなくなった。オシャレとかするのやめた。男の子の格好をしていた。楽だから。比べられなくて。あとお笑い系になって、女を捨てていた。案外生きやすかったかもしれない。いや、逃げていただけでキラキラした人達になりたかったんだ。

そういうしがらみ関係無く生きていきたいという表面と、比べられたくないと怯える内面。そんな強烈な「カワイイ」コンプレックスとか諸々私生活のピンチが重なって摂食障害になったのが20歳くらい。

普通に生きていたら人並み以下だから、何もかも頑張らないと、痩せれば全てが変わるかもしれない、みたいな。うーん、病気については本当に長くなるし何から書けばいいのかまとまらない(と言って書けてない本当に申し訳ない)

病気は色んな人たちの力を借りた事と自分自身も発想転換を少しづつ積み重ねて治った。完治して2年ちょっとくらい。それでもまだまだ自己評価が上手く出来ないでいる。

しかし…私の今の目標は「自己肯定感を上げて楽しくいこう2022」なのです。生きるのもひと苦労だった時代からは徐々に良くはなっている。ただ、頑張る とか 完璧にやる とかで自己肯定感を上げようとすると、結局そのままの自分はだめって思考になるから本当に難しいと思う。良い感じの加減で、いいかげんで生きていきたい。

こういう精神世界の事は基本的に曲に昇華しているけれど、あえて連載で書いてみました。
最近はそんな色々なモヤモヤをポコっと曲にして、アレンジ、オケ制作もほぼ同時進行しました。オケガタリの新曲が出来ました。曲には必ず希望を入れたいのは、私が人生において希望は忘れないでいたいからです。

ではでは、今回は終わりです。

読んでくれてありがとう。
おつかれいさ!

RAYSA




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事