1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第18回

【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第18回

<隔週金曜日連載>

The Rust/今日の1曲

https://youtu.be/HANxnmv0ibo




2頭のイルカ、新曲の完成を祝う

M女史:The RustのマネージャーMです。前回は一回連載を空けてしまい、申し訳ありませんでした。

Su:すみませんでした。

M女史:制作がかなり忙しかったわよね。

A+:はい、かなり時間をかけて作り込みましたしね。あとは、今回の曲をミックスするために音作りも勉強し直しました。

M女史:今までのロックっぽい曲とは音作りも違う?

Su:そうなんですよ。そういう曲だと、すぐにギターの音色なんかも決まってたんですけど、シティポップだと入れる楽器も華やかにしたいし、音作りもバランスの取り方も難しかったですね。

M女史:すごくポップな感じに仕上がったと思うわ。

A+:ありがとうございます。よかったです。

M女史:あとはタイトルやジャケットをどうするかね。

A+:ジャケットのイラストはお願いするイラストレーターが決まったのですが、タイトルがまだ決まってないんですよね。

M女史:指先って歌詞が印象的な曲よね。

Su:そうですね。『指先』にする?

A+:うーん。『夜に触れる』とか?もしくは『素肌に触れる』とか『指先で触れる』は?

Su:難しいね。『指先のアルペジオ』とかは?

A+:いいね!指先をひらがなにして、『ゆびさきのアルペジオ』にしよう!

Su:オッケー。今回はとにかくキラキラしたシティポップに仕上がりました。ぜひぜひご期待ください。

M女史:楽しみにしてるわね。ではまた来週!

The Rust




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事